イオンデポジットが付着する原因|イオンデポジット除去剤

イオンデポジットとは

イオンデポジットは塗装面に付着して洗車では取れなくなってしまいます。イオンデポジットは酸性雨や水道水が原因で付着してしまいます。イオンデポジットが付着したボディは悪化するとウォータースポットになって塗装面を陥没させることにもつながります。イオンデポジットが付着した場合は早めの対処が必要不可欠です。

 

イオンデポジットが付着する原因

イオンデポジットは水道水に含まれるカルキや塩素、カルシウムが原因で塗装面にこびりつきます。水道水に含まれる残留物が原因なのです。イオンデポジットは一度付着してしまうと簡単には取り除くことが難しくなります。IICでおすすめするイオンデポジット除去剤はプロが使用するイオンデポジット除去剤となりますので、誰でも簡単に施工することが可能となります。
イオンデポジットでお困りならIICのイオンデポジット除去剤をお試し下さい。

イオンデポジット除去剤の使用方法

まずは洗車を行い塗装面に付着している汚れを取り除いていきます。塗装面に砂利や埃が残っていると施工時にスクラッチ傷「細かい微細な傷」が付着する可能性があるため、洗車で表面を綺麗にしていきます。

その後、シミが気になる箇所に本液「イオンデポジット除去剤」を塗布してマイクロファイバークロスで本液を塗り込んでいきます
それでも取り切れない場合は数分つけ置きをして濡れ拭きでふき取れば頑固なシミも除去することが可能となります。

それでも除去できないシミはウォータースポットと言って塗装面を陥没させているシミとなりますので研磨作業を行わないと取り除くことは難しくなります。

イオンデポジットを付着させないために

イオンデポジットを付着させないためには、適度な洗車を行い塗装面に残留物が残っていない状態を保つことと、洗車時は直射日光が当たらない「水分が乾かない」ように最善の注意を払うことが重要です。

イオンデポジット除去剤を通販で購入するなら

適度な洗車と正しいお手入れが車を綺麗な状態に保つポイントです。

 

フロントガラスコーティングの施工方法を確かめる

車のコーティングは新車と同じような輝きになるため、フロントガラスを見やすくするなどこだわると良いものです。自分でやるメリットは何と言ってもかかる費用を減らせるためで、DIYと同様に手順を確かめて空いた時間にすると勉強になります。フロントガラスコーティングは車の中でも重要な位置づけで、撥水して水滴が邪魔しないようにすると効果的です。

フロントガラスコーティングは養生をして周囲の汚れが付かないように考え、脱脂をして脂分がそのまま残らないようにすることが大事です。自分でやる時は何かと面倒になることもありますが、手抜きをすると効果が出ないことを認識する必要があります。

自分でやれるようフロントガラスコーティングの施工方法を確かめるポイントは汚れの落とし方やコーティング剤の選び方で、美しくして安心して運転しやすくすることです。車はビジネスやプライベートなど様々な目的で使え、少しでも愛着を持てるように維持すると満足できます。
フロントガラスコーティングや研磨剤

前を見やすくするためのフロントガラスコーティングの施工方法

フロントガラスは頻繁に車を運転すると曇りやすく、コーティングをして見やすくなるようにすることが求められます。施工方法は養生をして脱脂作業を行い、コーティング剤を付着しやすくすることが大事です。コーティングは化粧のような感じですが運転しやすくしないと意味がなく、下地処理をして効果を出せるようにする必要があります。

フロントガラスは長く運転すると排気ガスなどの汚れが付き、的確に落としてから撥水コートをすると効果的です。フロントガラスコーティングは自分自身ですると養生をして液体などがかからないように注意し、油膜の余剰成分が表面に残らないようにしてから塗らないとトラブルが置きます。

前を見やすくするためのフロントガラスコーティングの施工方法は養生と脱脂の下地処理が重要で、ただ単にコーティング剤を付けることだけでなく手間がかかります。フロントガラスは車を運転すると汚れが付きやすく、長く運転する際には定期的にきれいにすることが重要です。
フロントガラスコーティング剤はこちらからどうぞ

カーコーティングをDIYで行う注意点

大切なマイカーを長く乗り続けるためにカーコーティングは欠かせない施工となっています。中でも現在人気を集めているのがガラスコーティングです。名称の通りガラスで車のボディーを覆って汚れや傷、紫外線から守る事が出来ます。ボディーの劣化を防げるとともにいつまで綺麗に輝く車の状態を維持する事が出来ます。そんな、車のボディーを守る事が出来るのがガラスコーティングとなっています。ガラスコーティングは、主に車の専門ショップなど施工をしてもらう事が出来ますが費用がかかってしまいます。ガラスコーティング剤を自分で購入してDIYでボディーに施工する事も可能となっています。自分でガラスコーティングを施工する場合には、必ず下地処理をしておく必要があります。コーティングの仕上がりだけでなく密着力を確保するために洗車で綺麗にしておく事が必要です。また、細かい傷などを平らにするために磨いて更に脱脂をする必要があります。下地処理を省かずにしっかり行なっておく事がDIYでのコーティングの注意点です。

DIYガラスコーティングの施工方法

DIYガラスコーティングを施工する時は、まず洗浄から始めることになります。車のボディに鉄粉などが付いたままですと、見栄えも悪くなってしまうので、汚れを除去する訳です。付いたままの状態ですと、ガラスコーティング剤で鉄粉を閉じこめる事になってしまいます。もちろん鉄粉だけでなく、ピッチや脂分なども確実に除去しておく必要があります。
洗車が完了したら、マスキングを行います。ガラス面やゴム部分などは、ガラスコーティングされると困るので、マスキング用のテープで覆っておきます。
その後で、改めてコーティング剤を使用する訳ですが、塗りムラなどは要注意です。ムラがあると、仕上がりが悪くなってしまう傾向があります。そして乾燥すれば、施工は完了です。
なおガラスコーティングの施工方法は、製品によって異なります。その具体的な手順は、たいていコーティング剤のパッケージ部分に明記されています。ですから施工前に、注意書きなどを読んでおく必要があります。

手軽にDIYでも施工出来るガラスコーティングについて

大事に乗っている大切なマイカーは出来るだけ傷や汚れを付けたくないという方が殆どです。しかし、車は屋外に駐車したり走行する事が多いため外的な環境によって傷や汚れがボディーに付いてしまいます。そこで、車のボディー表面を保護出来るのがガラスコーティングです。ガラスコーティングは、車のメンテナンスショップやディーラー、ガソリンスタンドなどで施工してもらうケースが多いですが、DIYでも手軽に施工する事が可能です。しかし、正しい手順を守って施工しないとガラスコーティングが上手く車のボディーに密着しません。ガラスコーティングを施工する際の簡単な順序ですが、コーティングの前に下地の処理を行います。下地とはボディーの事で最初に洗車をして汚れを綺麗に洗い流します。次に市販で売っている鉄粉を取り除く粘土やカーシャンプーを使って鉄粉を除去します。仕上げに細かい傷によって出来た凹凸を平面にするためにコンパウンドで磨きます。最後に洗車して脱脂処理をした後にコーティングを施工します。順序さえ守ればDIYでも綺麗にコーティングが可能です。

手軽にスプレーコーティングなら撥水リキッドがおすすめ

車を傷めないように丁寧にコーティング剤を塗る施工方法

日常的な車のメンテにかかる手間を大幅に減らすためにもDIYガラスコーティング剤の質にはこだわるべきです。車に優しい施工方法を望むのならば車の樹脂が傷みにくいタイプのDIYガラスコーティング剤を積極的に選ぶことが重要です。例えば、刺激が弱い中性のDIYガラスコーティング剤を使って施工すれば車が傷ついてしまう心配はないです。車の保護を最優先した施工方法を選んだ方が安心です。もしDIYガラスコーティングに不安がある人は、コンパウンドが含まれていないか確認してDIYガラスコーティング剤を買うと無難です。愛車を美しく輝かせるために必要なのは人気のあるDIYガラスコーティング剤です。やはり人気の無いDIYガラスコーティング剤は効果がいまいちの場合が多いです。効果をよく調べてからDIYガラスコーティング剤を買わなかったせいで艶が出なくて後悔してしまわないように気をつけるといいす。また、DIYガラスコーティング剤をマイカーに塗る際には車を傷めないような施工方法で丁寧に作業することが大事です。

艶出し効果の高い施工方法をするために必要なDIYガラスコーティング剤

個人でも車をピカピカの状態にできる施工方法があります。それは艶出し効果が凄いDIYガラスコーティング剤を使ってする施工方法です。市販のDIYガラスコーティング剤はプロが使用する物とは若干違いますが十分な艶を出せるので大丈夫です。DIYガラスコーティング剤を完璧に車に塗ることは素人には難しいですが、なるべく繊細に塗るようにすると問題なく仕上がります。自分の車のタイプに合わないDIYガラスコーティング剤を選んでしまうと艶出し効果が低くなってしまいます。そのため、DIYガラスコーティング剤の選び方を間違わないように性能を確認してから買うことが必要です。手軽に通販で買えるDIYガラスコーティング剤ですが値段の安い物ばかり買わないことが賢明です。やはり性能が優れたDIYガラスコーティング剤は安くはないです。しかし、値段の高いDIYガラスコーティング剤で一度施工すれば、きれいな艶が何日も続くので何度も施工しなくても済みます。

正しい施工方法でDIYガラスコーティング剤を車に塗る

DIYガラスコーティング剤を使って自分で作業する時に失敗しにくい施工方法がいくつかあります。例えば、DIYガラスコーティング剤をいきなり車に塗るのではなくタイヤカスなどの付着物を取り除いておくとムラ無く塗ることが可能です。ゴミを取らないでDIYガラスコーティングをすると仕上がりが悪くなってしまうのでしっかり洗うことを心がけるといいです。正しい施工方法で行わないとどんなに高いDIYガラスコーティング剤を使っても輝きを引き出すことはできないです。せっかく自分でDIYガラスコーティングをするのだから成功しやすい施工方法で作業するべきです。車をきれいに洗浄するためには水洗いだけではなくシャンプーを使った方が無難です。どんなに急いでいても車を水洗いしてからDIYガラスコーティングをすることが肝心です。車に余計な汚れが残っていない状態でDIYガラスコーティング剤を塗れば短時間で施工できます。何度もやり直さないといけなくなるのが嫌な人は面倒だと感じても水洗いなどの事前の準備を欠かさずにすることが重要です。

ワックスの艶出し効果

ボディは目に見えない鉄粉が刺さっていたりして、これはこすっても取れなくて、そのままこすってしまえば傷となることもあり、ビニール越しにボディー軽くこすってざらっとすればそれが鉄粉であり、気になれば粘度クリーナーなど利用してシャンプー前に除去してください。そして、水垢も専用洗剤あって気になるところあれば試してください。そして、ワックスがボディ劣化させるの知ってるでしょうか?ワックスはボディにつや出したり雨はじくのに効果的であり、洗車ごピカピカでいいでしょうが、すぐに取れます。とれればワックス塗ればいいのかといえば実際ワックス塗るほど塗装劣化していって、これは油だからです。油空気触れたりして、酸化などが発生してワックスだけが劣化するならいいですが、ワックスと一緒にボディも一緒に参加したり影響を受けます。またワックス掛けるとき、落とすとき車こすったりします。それが細かい傷つける原因となります。

洗車セット用品の購入はこちらからどうぞ