ガラスコーティングをDIYでやってみる

Pocket

ガラスコーティングをDIYでやってみる

ガラスコーティングを自分で行なう場合、コーティング剤をきれいに塗って終わりというわけではありません。高品質のコーティング剤を購入して丁寧に塗装しても、それだけでは不十分なのです。ではいったい何をすればよいのでしょうか?それは、事前の下地処理です。

車には細かな埃や砂、そしてワックスなどの油脂が付着しています。ガラスコーティングを自分で行なう場合は、こうしたものをまず、しっかりと落とさなければなりません。

ガラスコーティングは、コーティング剤を車の塗装面に密着させていきますが、この塗装面に付着物が残ったままになっていると密着度が弱くなってしまい、コーティング性能も効き目が弱くなってしまうのです。

次に下地処理の流れについてですが、まず、水洗い洗車で汚れを大まかに落とし、その後アスファルト、粉塵、砂などで生成された鉄粉を除去していきます。次にコンパウンド剤を使って磨き作業を行ない、再度水洗い洗車の後、ワックスなどの脱脂作業を行ないます。

多少手間もかかりますが、ガラスコーティングにはこの下地処理がとても重要なので、手を抜かずきちんと行なうようにしましょう。
ガラスコーティングを施工する前にイオンデポジット除去を下地処理として行うことでコーティングの定着率が良くなりコーティング性能を最大限に引き出すことが可能です。