自分でガラスコーティングをする場合はワックスを洗車でしっかり落とす

Pocket

ガラスコーティングは業者にやってもらうという人もいますが、それなりの値段がするので自分で行うという人も多いですね。では、自分で行う場合はどのようにするのか説明したいと思います。

自分で行う場合はまずは車の汚れやワックスをカーシャンプーでしっかりと落としましょう。汚れが落ちた後に車のボディに水垢やウロコ状の汚れがないことをしっかりと確認します。そして、それだけではなくボディがキレイになったら鉄粉除去も行います。鉄粉を取り除くとキレイなツヤをつくることが出来るので必ず丁寧に行う事が大切です。そして、ここまで終わったらようやくコーティングの作業に入ります。まずは市販のコーティング剤を購入します。そして、コーティングをキレイに塗るにはコーティング剤がムラにならないようにすることがポイントです。コツとしては、コーティング剤をボディ全体になじませるように塗るとキレイにムラなく仕上げる事が出来ます。そして、一度に全ての面を仕上げてしまうと乾燥してしまうので、必ずボンネット、運転席、ドアなど1面ごとに作業をすすめていくとキレイに塗ることが出来ます。また、せっかくキレイにコーティングをしたのだから出来るだけ長持ちをさせたいですよね。そのためには洗車はマメに行うことです。そして、鳥のフンや虫の死骸がもし、ボディについたらすぐに取る事が大切です。自分でガラスーコーティングを行うなら以上の点に気をつけながら行いましょう。
ガラスコーティングを行う前の洗車3点セットの購入はこちらからどうぞ!

お得な洗車用品3点セット