市販のガラスコーティング剤を自分で施工する場合

Pocket

愛車をお手入れする上で、最近ではワックスよりもガラスコーティングをする人が増えています。
ガラスコーティングをすることで、ボディの光沢が出て水弾きが良くなり、しかも傷が付きにくくなります。
市販のガラスコーティング剤を使用して、自分で施工するには以下の手順で行います。

1.洗車
まずはボディを洗浄して汚れを落とします。
洗車後はキレイに洗えていれば、塗れたままでもOKです。

2.汚れを除去する

水をかけながらネンドを使用して、鉄分やその他の汚れを取り除きます。
もし普段からお手入れをしていてツヤがある場合には省略できます。
次にボディカラーに合った専用のコンパウンドで、塗装面の汚れや傷を除去します。
新車或いはキレイな状態の場合には省略できます。
脱脂剤を使用してコンパウンドの油脂分を取り除きます。
白い跡が残らない様に注意して、ボディに付いた水分をしっかりと拭き取ります。

3.ガラスコーティングをする

ガラスコーティング剤を3~4滴クロスやスポンジにつけて、縦横方向に1回ずつ塗ります。
非常に伸びが良いので付け過ぎや塗りムラに注意しましょう。
1時間位乾燥させてから、マイクロファイバークロスを使用して拭き上げます。

ガラスコーティングは普段からメンテナンスをしっかりとしている場合、比較的簡単に施工ができます。
施工方法を覚えて置き、愛車をキレイに保ちましょう。
自分でガラスコーティングを施工するならDIYガラスコーティング3点セットがおすすめです。ガラスコーティング3点セット