ガラスコーティングの施工方法

Pocket

ガラスコーティングの施工方法には、幾つか種類がありますが塗り込みによる完全硬化型の施工方法について説明します。

1.~ボディーの洗車~

ガラスコーティングは、現在のボディーの状態をそのままガラスの被膜によって覆ってしまう為、施工前には入念にシャンプーなどで洗車する事が大切です。必要に応じて水垢やウォータースポットなどの除去を行って下さい。洗い終えたら、水で入念に洗い流して下さい。
流し終えたら、ボディーに残った水分を拭き上げます。こちらも水滴が残っていると、コーティングをした際に輪ジミやムラになってしまう為、細かい隙間やドアノブの辺りも入念に拭き上げて下さい。

2.~脱脂をする~

洗い終えたら次は、ボディーの脱脂を行います。カー用品店などで販売されているシリコンオフや板金コーナーなどにあるシリコンリムーバーなどを使って脱脂を行います。どちらも手に入らない場合は、薬局で売っている消毒用エタノールでも代用が可能です。
この脱脂作業を行う事で、ボディーとコーティング剤の密着力が上がる為に、コーティング効果の耐久性が上がります。この作業は、非常に大事な工程の一つですので必ず行って下さい。

弱アルカリ性シャンプーは脱脂効果にも優れているのでお勧めです。

3.~コーティング剤の塗布~

脱脂を終えたらガラス面を新聞紙などで養生し、コーティング剤を塗布していきます。塗布する順番は施工しづらいルーフ・天井から始めると良いと思います。これは、塗布する容量が分からずムラになる事を避ける為でもあります。また目立たない所から塗布を始め、要領を得ると言う意味もあります。
施工方法に付いてはコーティング剤のメーカーにもよりますが、この様な完全硬化型の製品の場合には塗布後直ぐに拭き取る事が多い為、概ね30~50センチ四方を目安に塗布と拭き取りを繰り返し行って下さい。
また、厚めに溶剤を塗布してもウエスで拭き取ってしまう為、あまり効果はありません。極力薄く塗り、拭き上げていく方が効率的です。
拭き上げの際には、小型のウエスを多く使うと拭き上げが楽になります。
濃紺車などの場合には、この拭き上げ作業でコーティング剤の余剰分を取り除く事がムラ無く綺麗に仕上げる為に大切な作業ですので、入念に拭き取りを行って下さい。
この際、拭き上げ時に使ったウエスを素手で触ってしまうと、手にも溶剤が付着してしまいますので、心配な方は台所などで使用する中性洗剤で手を洗っておくと良いです。
IICショップでは撥水タイプと親水タイプのガラスコーティングをご用意しております。

ガラスコーティング撥水タイプの詳しい内容はこちらからどうぞ!
ガラスコーティング親水タイプの詳しい内容はこちらからどうぞ!

コーティングの塗り込み方法は下記の動画を参考にして下さい。

4.~二度塗りと定着~

コーティング剤の種類にもよりますが、このタイプの溶剤は塗布から2時間程度で表面上は乾く事が多いです。二度塗りする場合は、説明書き通りに行って下さい。表面は乾いた感じになっていますが、溶剤は、まだボディーに定着していませんので洗車などは行わないで下さい。また、定着・硬化前に水分に触れてしまうとムラになってしまう事がある為、特に濃紺車の場合に注意が必要です。
塗布後、改めて洗車を行う場合には説明書きに記載してある硬化日数を確認してから洗車する事をオススメいたします。
ガラスコーティング3点セットは通販にて好評販売