DIYガラスコーティング時の下地処理

Pocket

ガラスコーティングの下地処理

愛車をDIYガラスコーティングする時に一番重要なのは下地作りです。下地をしっかりしないと汚れやごみなど不純物がボディについたままDIYガラスコーティングを施工するとボディーとガラスの皮膜の間にはさまれて洗車してもなかなか取れずせっかく施工したDIYガラスコーティングがだいなしになってしまいます。

愛車の洗車とイオンデジットの除去

それでは、愛車の洗車を丁寧におこないます。まず洗車場などへ行き高圧洗浄機で車のボディについた小石や汚れ、不純物を取り除きます。まだこの段階では、頑固な汚れは落とせていません。ここからスポンジと洗車用のカーシャンプーでボディーに付いた頑固な汚れをこすり洗いをして落としていきます。この際、天井から洗っていきます。こすり洗いによる汚れた水などは上から下へ流れていくので、車の一番高い部分からじょじょに下部へと洗っていきます。こすり荒いが終わったら一度きれいな水またはお湯で汚れを流れ落とします。もし余裕があれば、もう一度高圧洗車機で洗っても良いです。そして、ボディーに残った水滴をきれいにふき取ります。水滴が残っていると水垢の原因になります。
洗車をしても取れない水シミはイオンデポジット除去剤で簡単に取り除くことが可能です。イオンデジット除去剤の購入はこちらからどうぞ!!

洗車とピッチタール除去

この段階で、ある程度きれいになったとおもいますが、下地作りはまだ続きます。今度は車の下部やバンパーについたピッチと言われる小さな鉄粉を取り除きます。このピッチは、遠くから見ると分かりませんが、車に近づきよく見るとボディーの塗装部に沢山突き刺さっています。特に白色系のボディーの車であれば錆びたピッチがよく見えるとおもいます。このピッチを取るのは大変骨が折れる作業です。出来れば専用のピッチ取り用の粘土などで取り除くのがボディーを痛めずまた簡単に取る方法です。このピッチ取り用の粘土などはカー用品店に売られています。値段も安いので購入をお勧めします。ピッチはトランク部分にもついていることがあるので、丹念に作業を進めていきます。ピッチが取り終われば下地作りは完了です。これで愛車はきれいになったとおもいます。
コーティング前の下地処理や洗車はお得な洗車3点セットをご使用下さい。

お得な洗車用品3点セット

ですが、この状態では雨が降ればすぐに車は汚れてしまいます。洗車の後にかぎってよっく雨が振ります・・・。ですので、よりボディーを輝かせそしてその状態を維持させるためにDIYガラスコーティングが最適です。ガソリンスタンドなどの業者でも施工してくれますが、大変高額で施工に時間がかかります、数日かかることもよくあります。これが自分で行えば、一日がかりになりますが、数千円または数万円程度で施工できます。値段の幅はDIYガラスコーティング剤の値段の幅になります。安いものは千円かからないものもあり高いものは数万円のものもあります。効果や特性が異なるので購入するときは説明をきちと読み理解したうえで購入をすると良いと思いです。おすすめは、8,000円から15,000くらいのものです。安すぎるものは、施工が難しかったりききめが長持ちしなかったりします。

DIYガラスコーティングについて

それでは、DIYガラスコーティングの作業です。(DIYガラスコーティング剤によりいろいろな施工方法があるのでここでは、代表的な例を記載します。実際施工するときは、説明をよく読みそれに従ってください。)すでにこれまでの作業で下地作りは終わっているので、いよいよDIYガラスコーティングです。まず始めにもう一度車の天井部分からきれいな水またはお湯を大量に掛けてください。そして、まだ水滴が残っている状態でDIYガラスコーティング剤を吹きかけます。そしてそのコーティング剤を水滴と一緒に車のボディーに伸ばしながら塗りこみます。この作業をボディー全体に行います。ここで注意しなければならない点が2つあります。1つめは、ボディー部(塗装部)だけにDIYガラスコーティング剤を塗ると言うことです。ガラスやミラーに塗ると曇ったりすることがあります。そして2つ目は、炎天下を避けると言うことです。炎天下の中施工すると、ボディーにかけた水がすぐに乾いてしまいDIYガラスコーティング剤を伸ばしながら塗れず、むらができてしまうためです。

一度DIYガラスコーティング剤を塗り終えると、定着するまで少しの間まちます。待った後また水またはお湯を掛け、最後に水垢ができないようにその水滴をきれいふき取ればDIYガラスコーティング完了です。最後のDIYガラスコーティング剤を塗り水を掛ける作業を数回繰り返すとより強い濃いDIYガラスコーティングが完了します。このDIYガラスコーティングの施工が終われば、車がいつもよりも艶がありピカピカになっているとおもいます。ボディー色が濃い色だとはっきりと分かるとおもいます。

また、DIYガラスコーティングにより撥水性も向上し雨などの水をはじいてくれます(DIYガラスコーティング剤にもよります。)DIYガラスコーティングのメリットは、光沢、艶のアップ、硬質化によりピッチなどもつきにくくなり、汚れもつきにくくなり、耐熱性もあがるなどと言われています。

これでまた愛車生活が楽しくなるとおもいます。それほど施工はむずかしくありませんので、みなさんにもお勧めです。
DIYコーティング剤でおすすめ商品はこちら

1位 親水ガラスコーティング剤
DIY親水ガラスコーティング剤

2位 撥水ガラスコーティング剤撥水ガラスコーティング

ガラスコーティングを自分でやる場合と業者に出す場合

車を美しく綺麗にしてくれるガラスコーティング。しかし業者に作業を依頼した場合高額な費用が必要になるため、気軽にお願いできるものではありません。ワックスを塗布することでも車のボディを綺麗に保つことは出来ますが、その場合数週間に1回程度の作業が必ず必要になるため、ガラスコーティングと比べるとコスパも悪く作業時間を取られるというデメリットもあります。せっかくの休みが車のワックス掛けだけで終了してしまうということも少なくないので、いかにガラスコーティングが優れているのかが分かるでしょう。
実はこのガラスコーティング作業は自分で行うことが可能であり、その場合業者に依頼するよりも遥かに安価な費用でコーティングを行うことが出来ます。自分でコーティングをする場合のポイントと注意点を理解しておくことで、失敗することなく車を綺麗にすることが出来るでしょう。
ガラスコーティングを自分でやるポイントについてはこちらをご覧ください。

ガラスコーティングをする手順は?

ガラスコーティングをするためには、正しい手順を踏んで作業をしなくてはいけません。何故なら作業工程を間違えるとコーティングが綺麗に出来ないということもあるので、見た目だけでなくコーティングの寿命にも影響してしまいます。
基本的には洗車・乾燥・磨き・脱脂・コーティングという手順を踏む必要があり、どの作業も手を抜くことなく行う必要があります。特に洗車は念入りに行う必要があるため、適当に汚れを流れ落とすだけではダメだと考えましょう。何故洗車が重要なのかといえば、コーティングをする際に砂や鉄粉、汚れが残っていると、その部分だけコーティングが不完全な状態になるためです。
これは筆者が実際にガラスコーティングを行って感じたことですので、自分で作業をする場合はいかに丁寧に気を配り行うかが重要なポイントとなるでしょう。洗車は市販のカーシャンプーで十分汚れを落とすことが出来ますので、車のボディがつるつるになるように汚れをしっかりと洗い流すことでその後のコーティング作業をスムーズに進める事が出来ます。
洗車後には水気を無くする為にしっかりと乾燥させることも重要です。乾燥が不十分だとそれが水垢の原因になる場合もあるので、水気をしっかりと拭き取りボディを乾燥させるようにするのもポイントといえます。
次に磨き作業ですが、洗車をしただけではまだ不十分で、ボディには雨等による水垢などが頑固に付着していますので、それを落とす作業が必要になります。水垢だけでなく、車のボディには油膜や細かい傷などもありますので、この磨き作業でそれを除去しボディにガラスコーティングが付着しやすい状態にするわけです。
この磨き作業無しでコーティングをすると、ムラになってしまうなどのトラブルが起こるので洗車後にはしっかりと磨き作業を行いましょう。磨き作業如何でガラスコーティングの出来栄えにも大きな差が生じることになるため、車のことを考えて念入りに磨きを行うことが重要です。
磨きの作業が終了したら次は脱脂を行います。この脱脂は車に残っている油分を完全に落とすための作業ですので、これも手抜きをしてはいけません。磨きの際にコンパウンドなどを使用した場合、そのカスが残っていることもあるので、磨き後には必ず脱脂作業を行う必要があります。もしワックスなどをかけている場合も、脱脂を行わないとガラスコーティングが上手く出来なくなるので注意が必要です。油分をしっかりと取り除いたら、できれば再度洗車を行うほうがよいでしょう。洗車をすることで残りカスなども完全に除去することが出来ます。
ここまでがガラスコーティングを施工する前の下ごしらえとなります。この作業をしっかりと行うことが、自分でガラスコーティングを施工する際に失敗しないポイントとなります。

ガラスコーティングの施工法は?

自分でガラスコーティングを行う場合、市販されているコーティング剤を購入する必要があります。市販のものは1万円程度から購入することが出来ますので、業者に依頼するよりもかなり安く入手出来ます。基本的にはコーティング剤をボディに塗布し薄く延ばしていき、それを拭き取るという作業を繰り返します。一度に広範囲に塗るのではなく、部分的に少しずつ塗りすすめていくのがポイントです。広範囲に塗ってしまうとどうしてもムラになりやすく、コーティングに差が出る場合があるので注意しましょう。それとコーティング剤はボディのみに塗るのが基本ですので、塗りたくない部分(ゴムやプラスチック部分)には施工前にマスキングを施しておくと良いでしょう。そうすることでもしはみ出た場合でもコーティング剤がゴム部分などに付着するのを防げます。
ボディ全体に塗りおえたら、その後12時間程度は雨などの水分が付着しないようにする必要があります。これはコーティング剤がその効果を発揮するまでにそれだけの時間がかかるためで、その間に雨などで濡れるとコーティングが剥がれてしまう恐れがあるためです。完全にコーティングが硬化するまでには数週間かかりますが、12時間を越えれば通常の利用は可能になるのでその点は問題ないでしょう。
このように自分でガラスコーティングを行う場合は細心の注意を払うことと、出来るだけ丁寧に行うことがポイントとなるので、車のことを考えて作業を行いましょう。

ガラスコーティングは、車に施しておくと様々なメリットがあります。傷をつけにくくなるとか、汚れから守ることができるなど、車を保護する役割を果たしてくれます。実施していない車と、実施している車とではかなりの違いがあり、傷を残しづらくなるでしょう。
ただ、ガラスコーティングは個人で施すことが非常に難しいとされています。手順を間違えると、全くガラスコーティングが施されていないような状況になります。しっかりと順番を確かめて、正しい手順でコーティングを施してください。

ガラスコーティングを正しく行う方法

1.汚れをしっかりと取り除く
一番大事なことは、汚れをしっかりと取り除くことです。汚れを取り除かないままガラスコーティングを行ってしまうと、汚れがコーティングの下に残ってしまい、汚れている状態が続いてしまいます。先に汚れをしっかりと取り除くことが大事で、洗車作業を行ってください。
洗車しておくことによって、ガラスコーティングの下に汚れが入ることはありません。コーティング後に汚れを落とすのは相当難しい傾向にありますので、コーティングでしっかりとガードを作っておきたいなら、しっかりと洗車を行うようにしてください。

2.マスキング作業を行う
ガラスコーティングは、すべての部分に行ってはいけません。ガラス面やプラスチック、更にはゴムについてはコーティングを行わないのです。コーティング剤が入らないようにするため、マスキング作業を行います。マスキングを行わないままガラスコーティングを行うと、余計なところにまでコーティングが入ってしまい、運転に支障をきたすことがあります。
マスキング作業は、ゴムやプラスチックを中心に守って、後はガラス面もしっかりと行っておきます。窓とタイヤを中心に行っておけば、ガラスコーティングで余計な部分にまでコーティング剤が入らなくなります。

3.実際にガラスコーティングを施す
2つの手順を終えてから、ようやくガラスコーティングを実施します。ガラスコーティングには、色々な商品が販売されていますので、コーティング剤の指示通りに塗ってください。機械を必要としているものも多数ありますが、最近では手塗りでも可能にしているガラスコーティングもあります。手間を掛けたくないと思っているなら、手塗りで行えるガラスコーティングがおすすめです。
ガラスコーティングは、必要とされている部分全てに塗ってください。そして、塗り残しがないように気をつけることと、同じような厚さで塗るようにしてください。ムラが多くなってしまうと、一部分だけガラスコーティングが厚くなってしまい、見た目に影響が出ることもあります。
コーティングが完了した後は、マスキング作業を行っている部分はそのままにして、乾燥させる作業に入ります。

4.自然乾燥で乾かす
乾燥させる作業と言っても、車のように大きなものを乾かすなら、自然乾燥以外に使える方法はありません。つまり、自然乾燥を行うために、そのまま放置しておくことになります。なお、ガラスコーティングが垂れてくる可能性もありますので、マスキングを取らないまま実施してください。
注意してほしいのは、自然乾燥は時間がかかります。夏のように暑い日ならすぐに完了しますが、冬場のように寒い時期だと感想までに時間がかかります。また、夜露のように乾燥を妨げるものも多数ありますので、乾燥を妨げるものが落ちないように、ガラスコーティングを行う磁気などをしっかり考えて行いましょう。

ガラスコーティングを施す時期はいつが良いのか

ガラスコーティングは、冬場のように寒い季節には全くおすすめできません。自然乾燥までに時間がかかるだけでなく、夜露の影響が非常に強くなります。特にかなり夜中に寒くなることが予想されている場合は、ガラスコーティングを行わないほうが良いでしょう。
寒い時期にガラスコーティングを行ってしまうと、夜露によって乾燥が妨げられてしまい、乾燥しないままコーティングされてしまいます。乾燥していない状態は、ガラスコーティングが正常に終わってしないので、水が多く入ってしまうと取れてしまいます。
春から秋にかけて、ある程度乾燥させやすい時期を狙ってガラスコーティングを行うことが一番理想的な方法となります。

ガラスコーティングは手順を間違えなければ大丈夫

ガラスコーティングをこれから実施したいと思っている人は、手順を間違えないようにして行ってください。手順さえ間違えなければ、どの車でも効果がありますし、どのガラスコーティングを使ってもそれなりに高い性能を発揮してくれるでしょう。
雨などに気をつけて乾燥させることも忘れないでください。乾燥していることが確認された時点でマスキングを取り外して、普通に運転してみるといいでしょう。本当にガラスコーティングがされているか気になっている方は、1度水を垂らしてみると簡単に判断することが可能です。
通販ショップでDIYガラスコーティング剤や洗車用品なら専門ショップのIIC