イオンデポジットやウォータースポットが付着した|イオンデポジット除去についてブログ記事

Pocket

イオンデポジットやウォータースポットが付着する原因

車にウォータースポットやイオンデポジットができてしまう原因は、主に水道水です。その水で車を洗うにしても、乾燥するのは避ける必要があります。
水道水には、色々な物が入っています。ケイ素や塩素などが含まれていますが、水道水が乾燥した後には、その成分が車体に残ってしまう訳です。それが上述のような水ジミを作り出してしまう訳です。
ちなみに「乾燥」という点がポイントです。水道水で洗っても乾燥しないよう心がけておけば、水ジミができてしまう確率を減らす事はできます。しかし水道水が乾燥すれば、中にある成分がシミを作り出してしまうので、注意が必要です。
なお水道水以外にも、様々な水があります。純水や雨水もありますが、過去にはウォータースポットとイオンデポジットに関する実験が行われた事もあります。「純粋と雨水と水道水で車を洗ってみて、どれが一番水ジミができやすいか」という実験でしたが、水道水だったのです。ですから車に対する水道水は、少々注意を要するでしょう。

付着したイオンデポジットを簡単に取る溶剤

直射日光が天敵

ウォータースポットができてしまう原因は複数ありますが、その1つは直射日光です。
よく言われる事ですが、直射日光は人間の肌にダメージを与えてしまいます。実は車の表面部分も同様なのです。
特に車体表面に水滴が残っている状態ですと、ウォータースポットができやすくなります。水滴が車の表面でレンズを作っているような状態になり、直射日光を集めやすくしてしまうのです。それが塗装を痛めて、ウォータースポットができる事が多いです。
それとイオンデポジットにも色々な原因がありますが、その1つはコーティング剤なのです。車の表面を保護したい時などは、良くコーティング剤は使われています。
ただ残念ながら、コーティング剤によっては車との相性があまり良くありません。コーティング剤にも色々あるのですが、中にはあまり塗装に良くない物もあるのです。
ただしコーティング剤を適切に塗れば、イオンデポジットはできづらくなります。イオンデポジットが付着しにくいガラスコーティングもあります。
親水タイプのガラスコーティングはシミが付着しづらい

イオンデポジットが簡単に取れる溶剤についてのブログ記事はこちら

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円