親水ガラスコーティングで雨粒の跡を未然に防ごう

Pocket

親水ガラスコーティングで雨粒の跡を未然に防ごう

親水ガラスコーティングはガラスを水から守るコーティングの一種で、主に車のフロントガラスに用いられています。
親水ガラスコーティングは文字通り水と親しみやすい、馴染みやすいという特徴があります。車のガラスに雨などの水が当たると水玉が沢山できますが、親水ガラスコーティングを使用すると水玉が残らずに水の膜が広がるようになります。親水ガラスコーティングが球体になろうとする水の表面張力を分散させ、水滴が水玉状になるのを防いでいるためです。
球状の水が残らないため、ガラス面が乾いた際にできる水滴の跡「ウォータースポット」ができにくくなります。ウォータースポットには雨に含まれた汚れなども含まれており、時にはウォータースポットが車の塗装などを壊してしまうこともあるとか。親水ガラスコーティングを使用することによって、このウォータースポットを未然に防ぐ効果が期待できます。屋外に駐車することの多い車には特におすすめのコーティングといえるでしょう。

シミが付着しづらいガラスコーティング剤