親水ガラスコーティングの効果|親水コーティングのまとめ

Pocket

親水ガラスコーティングで車を綺麗に保つ

車というのは、自分の分身みたいに捉えていることも多く車が趣味という人も案外と多いですね。その人たちは、車についてとても大切にしています。特に重要視しているのは、車の外観を良く見せたいということです。その時の方法の一つとしてコーティングがあります。そのコーティングの中でも人気のある方法として親水ガラスコーティングがあります。親水ガラスコーティングの効果としては、まず汚れが落ちやすいということがあります。コーティングをしていること自体、とても車を保護していることになるのですが雨が降った時などに汚れをそのまま洗い流すことができるのです。

よく雨が降ると、その雨に含まれている汚れが車に付着してしまうことがあります。その後に、とても汚れていると感じることがありますね。親水ガラスコーティングを行うことにより、そんな汚れをはじく効果を期待することができます。そのため、自分で車を洗う回数が少ないという人に、おすすめのコーティング方法です。

親水性の魅力について

ガラスコーティングで親水性というのを知ってるでしょうか?親水型コーティングに有機系溶剤フッ素など含めわざと撥水させていて、親水でも撥水させる意味はと思ってる方がいます。私もその中の一人であり、あえて撥水させる理由はパフォーマンス性能であり、ひと昔はテフロン加工などが主流で、撥水させるのが多くて、年配者から言わせれば、コーティングはじいてなんぼといってます。撥水性コーティングはコーティング聞いてる実感がわき、親水性コーティングは水はじき鈍くて、コーティング効いてるといった時間わきにくいです。そして、塗装保護する観点でかんがえればどちらのほうが効果あるのかですが、どちらとも言えなくて、ガレージ駐車、洗車を細目にする方は撥水性がいいかもしれないです。野外駐車などあまりしない方は親水性コーティングがいいでしょう。親水性の利点ですが、レンズ効果による水垢が付きづらいということ。撥水性コーティングは水分が塗装面に残り、太陽光によってレンズ効果で塗装面にシミができるのです。

親水性のメリットを知る

親水性ガラスコーティングは本物のガラス被膜形成して、耐紫外線性、汚性効果優れたボディコーティングとなります。プロショップでも愛用されてるコーティング剤であり、市販品に比べて耐久性がとても高いものとなります。また、車ボディ―は小さいでこぼこがたくさんありますが、それは常にドライブなどから発生して光沢の軽減などの原因となるのです。また撥水コーティングは雨などが水玉となりころがり落ちます。ころっとした水玉となり、撥水はこのレンズ効果が原因でウォータースポットなりやすいです。接触角が80度以上のものが撥水と呼ばれて150度以上で超撥水と呼ばれます。そして親水コーティングは水玉ならなくて広がった状態で落ちるので、レンズ効果が出にくくてウォータースポットになりにくくなります。そして水接触角30度以下で親水、10度以下で超親水とされています。また、こうした特徴で濃色車は親水コーティングでウォータースポットを防いで、淡色車は撥水コーティングで撥水させるといわれてます。

硬化型親水コーティングの購入はこちら

親水ガラスコーティング剤