ポリマーとガラスコーティングの違い|ガラスコーティング剤の効果とは

皆さんはポリマーコーティングとガラスコーティングの違い、理解していますか?知っているのと知らないのでは今後コーティングを行う場合に明らかな違いが出てきます。しっかり理解しましょう。

コーティングは大事な車を保護してくれますが、コーティング施工したから大丈夫というのは間違いです。コーティングは様々な効果が期待できますが、半永久的なコーティングは存在しないのです。

コーティングの主な効果は塗装の保護と光沢出すのをために開発された液剤であり、これしてない塗装は紫外線や雨汚れなど直接ダメージを受けてしまうため、塗装が剥離したり、光沢が半減してしまうことにも繋がります。

ポリマーコーティングとガラスコーティングの違い

①ガラスコーティング

ガラスコーティングは無機質でいる作られている液体です。その無機質のガラス被膜を塗装面に塗ることで塗装表面面に一膜作るようなイメージになります。車やガラスなどのにつく汚れは全て有機質の物質が主になります。無機質のガラスコーティング被膜を塗布することで、無機質と有機質が反発し、汚れが付きにくくなるのです。

そもそもガラスコーティング性能は「塗装を守るが」売り文句であり、汚れついても雨降るだけで車がきれいになってお手入れが楽になるということです。ガラスコーティングは紫外線や熱による劣化を防いでくれるため、塗装面の劣化を軽減することが出来ます。。そして、売れ始めてちょっとの時間であっという間に広がったのですが、日本人は親水より撥水が好きな方が多くて、効果が効いているかわかりにくいのが親水コーティングになります。しかし、親水コーティングはイオンデポジットのシミ汚れも付着しづらいという性質を持っています。ガラスコーティングの特徴は3年という長期間持続するのでポリマーコーティングに比べ効果が高くなります。
ガラスコーティングの詳しい効果はこちらをご覧ください

ガラスコーティングの光沢

②ポリマーコーティング

ポリマーコーティングは油で作られている有機物の液体です。ポリマーコーティングを行うと油で膜を1枚作るイメージです。油は水と分離し合うので、撥水効果がでてきます。ですが、空気中の汚れ「排気ガスなど」は有機物でできているので互いに重なり合い、汚れが付きやすくなるのです。

ポリマーコーティングの成分ですが、ポリマーとは有機コーティングの総称的呼び方で、ある1つの基質の集合体をポリマーと呼びます。いろいろな成分混じった有機物で一定期間経つと酸化するのですが、ガラスコーティングと違って長持ちしません。最近主流のハードコーティング「ディーラーコーティングや量販店のコーティング」はポリマーで作られています。最近のポリマーコーティングはガラス成分を含めている製品も開発されているため、ガラスコーティングに限りなく近いため、一昔前の酸化しやすいポリマーより長持ちするのです。

ポリマーは単命な印象がありますが。現代で特定のポリマーはガラスコーティングと同様長持ちする認識です。ですが、ポリマーコーティングの基質が長持ちするかといえば、劣化して過度な期待はもてません。また、ポリマーはガラスコーティングと違って複数の成分を混ぜて開発されているので、熱や紫外線による劣化が激しいのです。有機系溶剤のデメリットは熱と紫外線によってすぐに劣化してしまう点です。
ガラスコーティングはポリマーみたいに有機系溶剤を混ぜていないため、耐久性が相当高くなっています。ポリマーコーティングは有機系溶剤で創られているということを理解しておいてください。

 ③比較

ガラスコーティングとポリマーコーティングを比較すると、金額面ではガラスコーティングの方が高いです。しかし、コーティング被膜の持続性はポリマーコーティングよりガラス被膜の方が効果が高くなります。
ポリマーコーティングは熱に弱いため、2~3カ月で剥がれてしまうのに対して、ガラス被膜は熱で劣化することがないため、コーティング被膜が長持ちするのです。
定期的にポリマーコーティングを施工する方もいれば、できるだけ、メンテナンスフリーがお求めの方はガラスコーティングの方が向いていると言えます。
ポリマーコーティング剤は塗装表面にフッ素やシリコンなど有機質の成分で被膜作ります。有機質ですから酸性雨や紫外線、熱による被膜の劣化避けられない製品です。コーティング効果の持続期間はガラスコーティングに劣ります。
ガラスコーティングメンテナンスを定期的に行うことにより効果が長期間持続します。
ガラスコーティングのメンテナンスについての記事はこちらをご覧ください

 

 

ガラスコーティングの寿命

コーティング専門店で施工をすると5年間の持続効果のものでも、1年に1回は施工店でメンテナンスしなくてはならないものもあります。メンテナンスの度に、施工費用かかるこるので自分でガラスコーティングを施工するのは、相当なコスト削減につながります。
また、専門店で施工するとき高額費用が掛かるデメリットがあります。自分でガラスコーティングを施工するなら材料代のみとなるので相当なコスト削減が期待できます。また、ポリマー加工は専門店で施工しても、あまり費用かからずに施工できるため、ポリマーコーティングも検討する価値はあります。しかし、ガラスコーティングよりも耐久性は低下するため注意する必要があるのです。コーティング剤を選ぶときは、ポリマー加工、ガラスコーティングでどちらがよいかを理解する必要があります。

ガラスコーティングの効果とメリット

表面に水滴ができるのを防ぐコーティング

駐車環境には、屋外と屋内があります。前者の屋外駐車場を利用しているなら、親水のガラスコーティングはおすすめです。屋外駐車の車両はイオンデポジットやウォータースポットが付着しやすいからです。まめに洗車される方は撥水でも問題ありませんが、あまり洗車をされないなら親水コーティングがおススメです。
親水のガラスコーティングなら、イオンデポジットやウォータースポットを防いでくれる効果が期待できます。親水のタイプは、車の表面に水滴ができづらくなるからです。コーティングされた車の表面に水が当たっても、いわゆる水玉のような状態にはならず、むしろ膜状になります。しかも水はサラサラと流れてくれるので、見た目が悪くなってしまうのを防ぐ事ができます。車に雨が当たる機会が多いなら、ウォータースポットを防ぐ効果がある親水のコーティングは、おすすめです。

取りにくいシミができてしまうのを防ぐ効果

親水のガラスコーティングには、取れづらいシミができるのを防いでくれる効果があります。
車の表面部分には、何らかの水滴の跡のようなものが付いてしまう事があります。車の表面に当たった水滴の中には、様々な物が含まれているのです。花粉や黄砂、排気ガスなどの物質が含まれているおり、それが車の表面に付いてしまう訳です。

厄介な事に、一旦それらの物質が車の表面に付いてしまいますと、簡単には取る事ができません。頑張って洗車すれば取り除く事はできますが、かなり大変です。それで苦労している方も少なくありません。

ところが車の表面に親水のガラスコーティング剤を使用しますと、水滴がつきづらくなります。たとえ車の表面に雨水が当たっても、水が膜の状態になります。しかも車の表面から水が流れ落ちてくれますから、頑固な汚れが付いてしまうのを防げる訳です。それで洗車が随分と楽になる事も、珍しくありません。表面にシミが付いてしまうのを防ぎたいなら、親水のガラスコーティングを使ってみると良いでしょう。
親水ガラスコーティングの購入はこちら

親水ガラスコーティング剤

・まとめ

どちらもメリット・デメリットがありますが、コーティングを行うことはとても効果があります。この記事をよく読み、どちらか選択しましょう。ポリマーコーティングは専門店で施行するとき価格やすかったりして、とてもつやが出て傷消えたように見せてきます。ほんの些細な傷なら上からコーティングを施工するとキズが消えます。また、デメリットですが、コーティングが柔らかいので傷つきやすくなります。

被膜の持続期間短くて、現実に1~3か月程度です。油脂分おおくふくまれてメンテナンスしなくては劣化してしつこい油膜になることもあります。また自分で施工なら市販コーティング剤は低品質なものがあって、コーティング選びは慎重に行う必要があります。そして、1~3か月おき施工されれば問題ないです。ガソリンスタンドなどがよくされるコーティングになってます。
そして、ガラスコーティングはカーワックスかけなくても濡れたようなつやが続き見た目もとてもきれいです。ガラス被膜酸化しなくてコーティング効果長持ちします。メンテナンスかける時間それほどない方や手間暇かけたくない人も一回コーティングして見れば安心できますう。そしてガラスコーティングは固い皮膜形成して、汚れ種類により軽い水洗いだけで簡単に落ちてくれます。そして、普段の手入れはとても楽になるのがメリットです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円