市販のコーティング剤

Pocket

市販のコーティング剤を使用するときは、直射日光が当たらない場所や時間帯に作業する事をおススメします。直射日光が当たっている時間帯に作業すると、コーティング剤やワックスが固まってしまい、簡単には取り除くことができなくなります。日蔭や夕方などの時間を選びましょう。

市販のコーティング剤の選び方
市販コーティング剤はプラスティック容器に入っているものと、ガラス容器に入っているものがあります。
ガラスコーティングの容器は基本的にはガラス容器です。プラスティックなどの有機容器に入れるとコーティング剤がダメになってしまうため、ガラス容器での保管しかできません。
プラスティック容器に入っているのもは、液体ワックスと解釈して頂ければよいかと思います。

液体ワックスとガラス系コーティングの違い
液体ワックスのメリットは作業がしやすく、ムラなどが比較的でないということです。安易に作業ができるため、好まれる方も多いです。デメリットはすぐに取れてしまうということです。雨が降ったり洗車をすると液体ワックスが取れてしまうため、1月に1度は液体ワックスを使用しないと、効果が持続しません。

ガラス系コーティングのメリットは1度施工すると半年~1年程効果が持続するということです。
デメリットは施工が難しく、ムラなどの原因にもなります。それと作業時間が多くかかるということです。作業場所や時間があるのであれば、ガラス系コーティング「ガラス容器」のコーティングがおススメですね。
目立たない場所で仮作業をして、ムラなどがでないか確認をしてから作業すると良いでしょう。

DIYガラスコーティング剤を使って自分で作業する時に失敗しにくい施工方法がいくつかあります。例えば、DIYガラスコーティング剤をいきなり車に塗るのではなくタイヤカスなどの付着物を取り除いておくとムラ無く塗ることが可能です。ゴミを取らないでDIYガラスコーティングをすると仕上がりが悪くなってしまうのでしっかり洗うことを心がけるといいです。正しい施工方法で行わないとどんなに高いDIYガラスコーティング剤を使っても輝きを引き出すことはできないです。せっかく自分でDIYガラスコーティングをするのだから成功しやすい施工方法で作業するべきです。車をきれいに洗浄するためには水洗いだけではなくシャンプーを使った方が無難です。どんなに急いでいても車を水洗いしてからDIYガラスコーティングをすることが肝心です。車に余計な汚れが残っていない状態でDIYガラスコーティング剤を塗れば短時間で施工できます。何度もやり直さないといけなくなるのが嫌な人は面倒だと感じても水洗いなどの事前の準備を欠かさずにすることが重要です。