最適な洗車方法とコーティング施工車のメンテナンス

Pocket

コーティング施工後のお手入れの仕方、最適な洗車方法についてご紹介をさせていただきます。コーティング施工後の最適なお手入れやメンテナンスがコーティングを綺麗に持続させることが出来るのです。

まず、洗車して拭き取る時、綿のタオルではなかなか拭き取れなかったり、拭いても拭いても水が垂れてきて困り途中でもういいやという経験をお持ちの方もいるかもしれません。そんな時便利なのが、吸水タオルです。
自分で洗車をされる際に重要なことはキズが入りづらく、吸水力のあるタオルがおすすめです。

当然ですが、タオル前面で水を吸収してくれるので、きちんと拭かなくても、タオルで拭きたい場所の上にタオルを滑らせるだけで水分がとれてしまいます。
力を使う必要がなく撫でるだけなので簡単というのがとても魅力的です。
拭き忘れや拭き落としは、水あかやシミの原因になりますので、きちんと拭き取っておくことがとても重要になります。
通販でガラスコーティングや洗車用品をお探しなら通販ショップのIIC

車を維持していれば車を洗車することは必ずありますよね。
ですが、間違った洗車方法をしてしまうとかえって車にダメージを与えてしまい、塗装のツヤや光沢を失ってしまいます。そこで、上手に洗車する方法を紹介するので参考にしてくださいね。

・コーティング施工車両のメンテナンス

カークリーナーはメンテナンスクリーナーを使用することで、コーティング表面の汚れを取り除き。コーティング被膜が常に綺麗な状態で保つことが可能です。コーティングのメンテナンスならメンテナンスクリーナーがおすすめ
メンテナンスクリーナーの購入はこちらからどうぞ!

洗車のタイミング

皆さんは洗車をする際、どいういったタイミング(環境)で行いますか?水を使うので、できるだけ暖かくて、なおかつ天気の日がいい、なんて考えている人が多いのではないでしょうか。私もそういった考えを持っていたのでその気持ちはすごくわかります。だけども、上手に洗車をするにあたっては、できるだけ太陽が当たらないタイミング(環境)がお勧めです。といいますのも、日光の下では、水分が蒸発するのが早く、これによりウォータースポットという、水滴による水シミが発生してしまうからです。こうなると非常に厄介で、なかなか落とすことができなくなってしまいます。場合によってはコンパウンドを使うなど、手間のかかる対策が必要になってきます。ですので、洗車をする際には、早朝や夕方など、日が陰っている時間帯がお勧めです。どうしても日光の下で洗車をするのであれば、逐一水分をふき取る心掛けが重要になってくるでしょう。そうすれば、ウォータースポットができることはありません。いずれにしましても、日光、あとは乾燥にも注意を払い、車にダメージが残らないよう万全の対策をもって取り組みたいものです。

万が一付着した場合はイオンデポジット除去剤で簡単に取り除くことが可能です。
イオンデジットでお困りなら通販ショップのIICへご相談下さい。

洗車時の注意点

基本は晴れ日の早朝か夕方の雨の降らない曇りの日が最適です。洗車は晴れた日が良いと思うかもしれないのですが、実は悪影響を与えてしまう可能性があります。何故なら晴れて暑い日は車体に熱を持ってしまうからです。あまりに暑い日に行うとカーシャンプーをしている間に水分が蒸発してしまい、ボディにシミとして残ってしまうので、特に夏場は注意が必要ですね。そして、風の強い日も砂埃がボディについてしまい、そのままふきあげてしまうと車体に傷がついてしまいます。ですので、まずは洗車に相応しい日を選んで行う事が大切です。

そして洗車ですが、まずはタイヤから行うようにしましょう。タイヤがきれいになったら次はボディの洗車です。洗車の基本は車の上部をホースなどを使い、全体に水を掛け砂やほこりを流す方法を取りましょう。そして、マイクロファイバーなどを使いメンテナンスシャンプーを利用してキレイにします。そして、素早くシャンプーで洗車した後は乾く前に水で流すのが大切です。そして、最後はワックスがけです。愛車のカラーに合わせたものを使い仕上げます。
弱アルカリシャンプーは汚れ落ちも抜群です。

以上が上手な洗車の方法なので知らない人はしっかりと覚えてくださいね。