【初めてでも大丈夫】新車並みにキレイになる、カーコーティング

Pocket

お気に入りのマイカーに乗って休日は海や山までドライブ。誰かと一緒の運転も、1人きりのシングルドライブもオツなものです。「もっともっと車の生活を楽しみたい」と思ったとき、とっておきの方法があります。

それはカーコーティングという方法です。カーコーティングを知っていると、お手持ちのクルマが見違えるようにピカピカに生まれ変わります。「コレって本当に俺の車だっけ?」とビックリしてしまうくらい、見栄えするフォーメーションになります。

今回はカーコーティングが初めての方に向けて、車をキレイにするためのマル秘テクニックを満載で紹介していきたいと思います。「プロに任せなくても、こんなにカッコ良くなるんだ」「買い替えなくても、ずっとキレイをキープできるんだ」と喜んでもらえたら嬉しいです。

◇カーコーティングって、そもそも何なの?

車をあまりいじった事のない人にとって、カーコーティングとはあまり聞きなれない言葉です。カーコーティングとは、いわゆる車をキレイに保つための秘策のひとつ。車体の表面に透明な膜をはることによって、車がキレイな瞬間をいつまでも維持できるようになります。

私たちの元に車が納品されるとき、例えていうなら「クルマはまっさらな、何も身に着けていない状態」でやって来ます。そのままでも十分楽しめるのですが、やはり年月が経ってくるとボディの表面に砂ぼこりやホコリが付き、色あせて見えたりくすんで疲れた印象に見えることもあります。

太陽のギラギラとした紫外線や外のホコリから車をタフに守ってくれるのが、カーコーティングです。せっかくボーナスや毎月の給料から大金をはたいて買ったクルマ、苦労して購入したマイカーなのですから、汚い車よりもキレイで気持ちの良いクルマの方が良いに決まっています。

カーコーティングをしなくても車生活を楽しむことはできますが、それでもやっぱり手入れしている車と比較してしまうと、見劣りしてしまいます。もしあなたが「少しでもカッコつけたい」「清潔な人だなって思われたい」と少なからず感じているのであれば、迷わずカーコーティングしておくことがオススメです。少しの出費を払うだけで、ワンランク上のカーライフを手に入れることができますよ。

◇将来の資産になる?車のメンテナンス

「見栄えがよくなる」「車体がキレイになる」「紫外線やホコリ汚れから、ボディを守ってくれる」良いこと沢山のカーコーティングですが、メリットはそれだけにとどまりません。

一番のおすすめポイントは、将来の資産価値が上がる…ということです。どんなに大好きな車であっても、やはり5年・7年・10年と長い間乗っていると、次第に他の車が欲しくなります。クルマが大好きな人ならよく分かるかと思うのですが、車業界の間では毎年あらたな技術が開発されて新車に新しい性能がプラスされています。こうしたカッコいいクルマを見かけると誰しもが「今のクルマ、売っちゃおうかな」と思ってしまうもの。今ある愛車を業者に売って、その資金を元に新車を買おうと算段するのです。

こんなときに力を発揮してくれるのが「過去のカーメンテナンスの有無」です。中古車買い取り業者のスタッフは、愛車の査定をおこなうときに色々なポイントをチェックします。車体に事故でできた傷跡はないか・エンジンオイルの状態はどうか・車内はタバコ臭くないか・備品などは壊れていないか…。細かい査定項目にもとづいて、あなたの愛車がどのくらいの価値のある商材なのかジャッジしていくのです。

こんな時にバカにできないのが、車体のピカピカ度です。「そんなモノ、関係ないでしょ」と多くの方が誤解されるのですが、やはり買取業者のスタッフも人間。水垢や土汚れの付いた汚い印象のクルマよりも、隅から隅まで磨き上げられた新車のようにキレイなクルマの方が、心証が良くなります。

クルマをピカピカに磨きあげるためには、市販のDIYガラスコーティング剤を使用する必要があるのですが、その一時的なコストを考えたとしても、お釣りがくるくらいイメージアップにつながるのが売却時のガラスコーティングの有無。カーコーティングを頻繁におこなっている車と、そうではない車とでは実に10万円以上も査定額に開きが出ることもあります。モノによっては、それ以上の額が付くこともあるため、あながちバカにはできないのがカーコーティングの世界なのです。

将来の資産価値を今から高めておける秘策が、ガラスコーティングです。知っている人だけ、数年後にトクすることができます。

◇カーコーティングのオススメの方法は?

嬉しいメリットがいっぱいのカーコーティング。カーコーティングといっても、その種類は色々なタイプがあります。

・ネバネバ系のコーティング剤

10年以上前から採用されているのが、ワックスタイプのコーティング剤です。この手のコーティング剤の良いところは、とにかく安くて量がたっぷり買えるということです。大量生産しやすいため、色々なメーカーから色々な商品が発売されています。

古びた革靴にワックス剤を塗る感覚で、いつでも思い立ったときに気軽にチャレンジすることができます。色を塗り重ねたようなシックなツヤがあり、さっと塗っただけでキレイを実感できるた未だにファンの多い商品です。

ただこのようなワックス系のコーティング剤は、ピカピカの期間がすこぶる短いというデメリットがあります。簡単に塗れるものの雨や水に弱く、少しの外的刺激で塗料が落ちてしまう難点があります。

・フッ素系のコーティング剤

フッ素などの樹脂を固めて作ったものが、ワックスより進化したタイプのコーティング剤です。軽い力でさっと広範囲に塗れるメリットがあり、女性や高齢の方でも使いやすい仕様になっています。

少しくらいの雨なら耐えられる耐久性も備えているため、そこそこキレイを実感したいユーザーにもおすすめです。ただハードな汚れや衝撃には弱いデメリットがあるため、注意しておかないと車体に細かな傷や汚れが付きやすくなる難点もあります。

・ガラス系のコーティング剤

最近のクルマ業界の主流になっているのが、ガラス系のコーティング剤です。「えっ?車にガラス繊維を吹きかけて大丈夫なの?」と知らない方は驚かれるかもしれませんが、ガラスは超細かい粒子になって車体に刷り込まれるため心配無用。多くのガラス系コーティング剤は2層になっていて、1層目にガラス・2層にそれを守るためのレジン被膜が付いています。

ダブルの構造でクルマ本体を力強く守ってくれるので、多少の嵐の日に出かけたとしても、帰ってきてクルマの汚さにガッカリ…なんて事はありません。細かい粒子が車体の塗装を守ってくれるため傷が付きにくく、いつまでも新車の状態を味わうことができます。

そのほかのコーティング剤に比べて一度付くとちょっとやそっとの事では剥がれ落ちない特性があるため、1度丁寧にDIYをしておけば半年から1年くらいは、磨き立ての美しさを維持することができます。モノによっては「3年はキレイで過ごせる」と謳っている商品もあるため、洗車や面倒なテクニックが苦手なズボラさんにもオススメの方法です。

◇自分でやる?プロに任せる?カーコーティング

カーコーティングには実に色々な種類があります。「初心者だから、よく分からないな…」と後ずさりされる方もいるのではないでしょうか。カーコーティングについて詳しくチェックしていくと自分でDIYした方が良いのか、プロにお任せした方がラクなのか戸惑ってしまうこともあります。自分でおこなったときと、他人にお任せしたときの長所・短所について見ていきましょう。

・プロに任せたときのメリット、デメリットは?

カーコーティングは良く分からないから、専門の業者に任せたい…そうサジを投げる方もいるかもしれません。プロに依頼したときのメリットは、とにかくラクなことです。クルマの鍵ごと預けてしまえば、あとは数時間ブラブラしているうちに、適当に終わらせてくれます。その間自分のショッピングを楽しんだり、ネットサーフィンであちこちのブログを覗いたり自分の時間を気ままに使うことができます。クルマいじりが正直あまり好きではない人にとっては、割り切って一定の金額を払いプロに任せてしまった方がラクかもしれません。他者に任せる最大のウリは、自分であれこれやらなくて良いことだからです。

逆にプロに依頼したときのデメリットは、どのような点があるのでしょうか。ひとつは「繁忙期だと、めちゃくちゃ待たされる」ということです。あなたがクルマを綺麗にしたいと思ったとき、同じように考えている人が20人いたと仮定します。これだけの人数が一気にお店に訪れたら…スタッフはてんてこ舞いになってしまいます。

空いているときならまだしも混雑しているときのカーコーティングは、地獄にさま変わりすることもあります。カーコーティングは丁寧におこなおうと思えば、洗車・乾燥いろいろな工程が必要になるため、数時間預けたくらいでは終わらないこともあります。預けている間はもちろんクルマに乗ることはできないので、自由が奪われるデメリットもあるでしょう。他人に任せるのには、それなりの短所もあります。

・自分でDIY、メリットとデメリットは?

カーコーティングを自分でおこなうとき、最大のメリットは「思い立ったときに、いつでもマイペースに出来る」ということです。仕事や家族の用事をみて好きなときに、車を磨くことができます。最近のガラスコーティング剤はニオイがそれほどきつくは無いタイプが多いため、家のガレージや庭先でも十分施工をおこなうことができます。自分でやりたいと思った時に、やれるという自由があるのは気持ちが良いものです。

反対にデメリットは、ラクすぎて怖い…ということです。最近のガラスコーティング剤はとても性能が良いため初心者の方でもスムーズに塗れるよう、メーカー側も工夫して販売しています。「こんな簡単に塗れてイイの?」と不安に陥ってしまうことが、最大の弱点。少ないコストでラクすぎるほど楽できる…というのが最新のガラスコーティング剤の良さです。

☆キレイな車にしておくと、色々な嬉しいポイントがあります。最近のガラスコーティング剤はハイクオリティなタイプが多いため、当たりはずれの心配をせずキレイな車に仕立て上げることができます。どうぞ自分にあった商品を選んで、レジェンドな車生活を歩んでみてくださいね。応援しています。