ガラスコーティングは紫外線や酸性雨から塗装を守る

Pocket

ガラスコーティングは、名称の通り車の表層を極薄のガラス塗膜で覆うコーティング方法となっています。メリットとしては、汚れや傷が付きやすい車のボディーをコーティング膜で保護する事により長い期間、美しい状態に保つ事が出来る点です。また、ガラスコーティングを施工するとボディーの表面に光沢が出てとても美しい仕上がりとなります。昔は、カーワックスが主流となっていましたが耐久性が無い事やあくまで艶出しの意味合いしかありませんでした。ガラスコーティングは、艶出しだけでなくコーティング膜でボディーを保護出来るため劣化を抑える事が出来るのです。車の表面は、どうしても劣化しやすい環境となってしまいます。基本的に車で移動する場合には、屋外を走行しますが紫外線や雨風、土埃といった様々な外的な要因で傷や汚れが付いてしまいます。ガラスコーティングで表面を保護しておけば擦り傷などからもボディーを守る事が出来ます。また、ガラスコーティングは洗車がとても便利になるメリットもあります。車の表面にはいろんな汚れが付着して洗車を定期的に行う必要がありますが、汚れが簡単に落ちずに苦労する方も多いです。ガラスコーティングを施工してあるとコーティング膜に付いた汚れは水洗いで簡単に落とせるようになります。頑固な汚れも水洗いだけで済ませる事が出来るため非常にメリットが大きいです。以上、大切な車をいつまでも長く乗るにはガラスコーティングのメリットが大きいです。

シリコンレジンガラスコーティング剤とは?

撥水ガラスコーティング財の種類にはシリコンやフッ素などがありますが、最近ではシリコンにレジンの粉末を混ぜ合わせたシリコンレジンガラスコーティング剤というものがあります。これは従来のシリコン性のコーティング剤の中にフィギアの整形に使用されるレジン素材の粉末を混ぜ合わせたもので効果としてはレジン粉末を混ぜ合わせることにより弾力が生まれコーティング剤に防汚性、耐久性、柔軟性の3つの特性が生まれます。シリコンだけですと従来ですとシリコンは油脂で構成されているためアルカリ性の物質にとても弱くアルカリ液でボディを拭くと簡単にコーティングが取れてしまうことがありましたが、レジンの粉末を混ぜ合わせることでコーティングが取れにくくなります。それでもシリコン自体は幾らレジンの粉末と混ぜ合わさっているからといってもアルカリには弱い性質には変わりはありませんが、すこしアルカリに強くなります。ただ、このシリコンレジン問題がありまして、一つは効果であること、シリコン製のガラスコーティングと比べると料金が割高になりまして高いという点と、撥水効果についてはそんなに水を弾くことは無く汚れには強いが水はそんなに弾きません。他にもレジンとシリコンは混ぜ合わせていますがすぐに分離をしてしまい、レジンとシリコンの2層に分かれやすい上に安い製品ですと混ぜ合わさっていません。分離している状態ですと混ぜ合わさなければならず、混ぜ合わさっていないとただのシリコンのコーティング剤で汚れには弱く、レジンが混ざらないとうまく機能しないコーティング剤であるといえます。

ガラスコーティングのお勧め。

ガラスコーティングの副産物がこれからの季節に役にたってきます。
本来の目的からすれば雨のたくさん降る梅雨時期や大雨が降りやすい夏の時期にガラスコーティングの威力が発揮させるのでしょうが、これから寒くなっていく冬の時期にもガラスコーティングが役にたちます。
本格的な冬になり最低気温が0度近くになると霜がおりてきて、フロントガラスを凍らせてしまいます。朝の時間のない時にフロントガラスの霜取りに時間を費やしたくはないですよね、フロントガラスにガラスコーティングが施工してあればほとんど霜がつくとが無いのでこの霜取りの時間が大幅に短縮することができます。
専用の霜取り用のスプレー等は確かに便利ですが、ランニングコストは決してよいとは言えません、水をかけてもなかなか解けずマイナス温度ではその水が氷ることもあり時間がかかります。お湯をかければコストも安く感じますがフロントガラスが割れるリスクがあり、万が一割れた場合は大変大きな出費になります。
あとフロントガラスに凍結防止シートなるのも販売されていますが、毎回、毎回シートを取付出発前に取り外しという作業は面倒ではないでしょうか。
こういう理由からフロントガラスにガラスコーティングを1度施工しておけば楽に短時間で出発することができます。ひと冬に2度3、度月に一度くらいのコーティングするのお手軽さで雨の日視界も良好で朝の霜つきも少ないガラスコーティングが一番です。

ガラスコーティングランキングのブログ記事もご覧ください。