2018年現在で主流となっているカーコーティングの施工方法

Pocket

ガラスコーティングは、2018年現在で主流となっているカーコーティングの施工方法です。古くは車の艶出しでワックスが施工されていましたが、艶を出す事を目的としている施工でした。ガラスコーティングは、艶や光沢が出るのはもちろんの事、特殊なガラス皮膜で車のボディーを覆い保護する事が出来ます。ガラスコーティングの皮膜は、特殊な処理で薄く非常に強固という特徴があります。極薄の皮膜を作り出すため様々な要因による擦り傷から守る事が可能です。飛び石や砂埃、雨風、洗車傷などあらゆる要因によって車の塗装面には傷が付いてしまいます。車は、ほぼ屋外を走行するため傷だけでなく紫外線の照射による色の変化や色褪せも発生します。そのため過酷な環境下に晒される事が多くボディーは劣化しやすいです。ガラスコーティングでボディーの表面をしっかりと覆いガードする事で色褪せや色の変化も抑える事が出来ます。新車で購入してから年数が経過するにつれて劣化は進行していってしまうため新車の綺麗な状態でガラスコーティングを施工しておくとより効果があります。硬くて密着力も高く簡単には剥がれないため耐久性でもメリットが大きいです。施工してから数年間は、ガラスコーティングの機能が持続するためメンテナンスも非常に楽になります。以上、車をいつまでも新車のような状態に維持するにはガラスコーティングがとても効果的です。初期費用は必要ですが、効果やメリットが大きいです。