デッドニングを自分でして安全運転をするコツ

Pocket

車は限られたスペースの中にオーディオやエアコンなど多くの機器が設置され、スピーカーから流れる音に雑音があれば気が散ってしまうものです。デッドニングはこのような状態を防ぐために役に立ち、DIYですると制振シートや防音シートをうまくするコツをつかめます。業者に依頼する方法は楽ですがやり方が分からないまま提示された金額を請求されると不安で、自分自身でしてかかる費用を減らす方法が望ましいです。

 

車内の音響機器は限られたスペースの中にコードが設置され、長く運転するとサービスホールやドア間の隙間などが発生して絡むこともあります。スピーカーのコードは絡むと切れて音自体が聞こえなくなり、使えなくなるため定期的にチェックして直すことが重要です。

 

デッドニングはやり方のコツをつかむと自分自身ででき、気が散る心配がなくて安全運転につながります。車は価格が高いためできるだけ長く運転できるようにしたいものですが、ドア周りの隙間などができるとすぐに埋めるようにしないと劣化しやすくなるため注意が必要です。