ガラスコーティングのメンテナンス方法とは

Pocket

ガラスコーティングを行った後にはメンテナンスが非常に重要となります。

何故ならばガラスコーティングを施工してもコーティング表面に汚れが付着するからです。この汚れを放置しているとコーティング被膜に汚れが固着してしまい洗車では取れないようなシミになってしまうのです。

今回はコーティング施工後のメンテナンス方法についてご紹介させていただきます。

 

ガラスコーティング後の最も重要なメンテナンス

それは、マメに洗車をすることです。コーティング被膜の上に汚れが蓄積した状態で雨が降ることで酸性の物質が塗装面に残留してしまい花粉や黄砂などの汚れが塗装面に侵食してしまうのです。

この侵食を防ぐために、定期的に洗車を行うことでコーティング被膜の上に汚れが固着せず、洗車で容易に落とせるようになるのです。

最適な洗車の頻度

屋外駐車の場合
月2回~4回が理想です。
屋外駐車で車を保管していると直射日光に当たることで塗装面の温度が高温になります。この状態で生卵を落とせば目玉焼きが出来る程の温度です。
汚れがこびりついてしまい洗車では取れなくなってしまうので定期的に洗うようにしましょう。

屋内駐車の場合

ガレージ駐車などで雨が当たらない。日が当たらないという場合には洗車は雨に降られない限り洗わなくても大丈夫です。
コーティングがしてあれば汚れ(花粉や黄砂、埃)が乗っていてもコーティング被膜に侵食することはありません。

雨に降れることで花粉や黄砂が反応して塗装面に侵食してしますのです。

メンテナンスクリーナーを使用する

定期的(月1回)でメンテナンスクリーナーを塗布してあげることで、コーティング被膜に固着した汚れを除去することが可能となります。シャンプーで取れないような汚れも除去できるため、コーティング被膜が常に綺麗な状態をキープすることが可能となります。

メンテナンスクリーナーの購入はこちらから