新車スペーシアギアにフルデッドニング施工しました♪

Pocket

最近はフルデッドニングのご依頼がとても多くいただいています。

以前まではオーディオの音質を良くするためのメニューでしたが
今は車内を快適にするためのデッドニング施工に変わってきました。
メーカー様も様々な素材リリースしていますので目的に合った材料を施工させていただいています。
ドアの内張を外すとこんな感じです。
鉄板も薄く穴がたくさん空いているため外部からのノイズを防げるような環境ではありません。
共振してしまいそうな弱い部分をしっかり補強します。
制振材で補強し、その上から吸音、遮音シートを重ね張りします
ドア1枚を密閉状態にすることで引き締まったレスポンスの良い再生になります。
環境を整えることでノイズにかき消されることなくスピーカーの音質を最大限発揮できるようになります。
ルーフ部分は一番大きな面積の鉄板なのでデッドニングによる効果は絶大です。
ベースは制振材を貼り、共振を抑えたのち、吸音、「断熱」シートを隙間なく張ります。
ルーフ部分から侵入する熱をカット出来ますので車内の気温上昇をかなり抑えることが出来ます。
フロアは座席、生地もすべて取り除きます。
ロードノイズの軽減にとても効果的です。高速道路を多く利用される方など劇的に変わります。
新幹線に良くのる方居ますか?
今度乗った時にでも体感してみてください。
グリーン車と普通車では静かさが違うんです。
グリーン車の方がより快適にするためデッドニングがワンランク上なんです。
高速で走行しているときにすぐにわかりますよ!
300㌔近くでの高速走行なので空気抵抗も半端ないと思います。さすが対策していますね!