S660・新車 【第一弾】茶色ボディに疎水性ガラスコーティング!

Pocket

新車のホンダ・S660がガラスコーティング施工で千葉県よりご来店でした。

この度は幌や樹脂パーツなども含めて、様々ご依頼をいただきました。
本当にありがとうございます!!

なので☆

本日のブログではまず、ボディ本体部に施工させていただいたコーティングについてごしょうかいさせていただきます♪
皆様、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします!

さて、最初はオプション作業での人気ナンバーワン☆
窓ガラス撥水コート
です。

窓ガラスの汚れは、静電気がガラス面に発生することで堆積してしまいます。
この汚れが固着してしまうとガラスの透過率が減少し、視界不良につながっていきます。

窓ガラス撥水コートは、均一にガラス面に結合した撥水成分が、高い撥水性と耐久性を生み出します。
従来のフッ素コートではワイパーのビビりが発生することもありましたが、当店の窓ガラス撥水コートは、ワイパーのビビり軽減にも成功しております。

お次は、やはりオプション作業での人気の高い商品の一つ
アルミホイールコーティング
です。

外した状態でお持ちいただければ、裏側のコーティングも承っております。

アルミホイールのコーティングは、選べる二つのプランを用意しております。
その中でも人気の高い商品が
バリアタフコート
ですね。
鉄粉が刺さりづらくなり、付着してしまった汚れも指でなぞっただけで落ちやすくなる効果が高く期待されます。
耐久性も3年間という長期にわたり、アルミホイールの保護性能を発揮します。

オプション作業ご紹介の最後は
ヘッドライトコーティング
です。

紫外線などから劣化しやすいヘッドライトを、しっかりと保護します。
黄ばみや白く白濁してしまっても、クリアな新車時のようなヘッドライトへ戻すことが可能です。

数段階のペーパーを使い分けて研磨をかけ、最後は特殊なヘッドライトコート剤を吹き付けて施工をしていきます。
※一部車種では対応できかねる素材のヘッドライトがございます。

そして、ボディ本体部には疎水性ガラスコーティング
セラミックプロ9H・2層重ね
でのコーティングです。

施工技術の高さを要され、メーカー認定施工店のみでしか施工が許されていません。

耐擦り性能・耐紫外線性能・耐雨染み性能が高く期待されます。
ボディの色味を問わず相性の良さを見せるのも、特徴の一つです。

ガラスコーティングは新車時がベストタイミングです。
当店では新車登録から2週間のお車を対象に、新車プランをご提案させていただいております。
この機会にガラスコーティングはいかがですか♪

◎次回もS660へのコーティングをご紹介いたします!