車のメンテナンスがカーライフを豊かにする

Pocket

カーライフを始めるに辺り、必要なこと

まず最初に、車を納める車庫やカーポートはあるかです。メンテナンス以前に、大切な車を雨、風にさらしてしまうようでは、カーライフを楽しめませんし、車を長持ちさせることもできません。
車を購入するときには、車庫証明が必要です。必ず駐車スペースが必要になりますので、最悪カバーだけでも掛けた方が良いでしょう。

さらに、カーライフを始めるとき、車に関する知識が必要です。車を購入した販売店や普段、利用するガソリンスタンドが一番の情報源になります。
車検や点検について、日々のガソリンについて、北国では、冬季のスタッドレスタイヤについて、などなどです。最近ではガソリンスタンドでも、カーライフアドバイザーなどとうたっているところもあります。販売店においても、車検や点検は大きな収益源ですので、積極的に勧誘があります。また、販売店やガソリンスタンドのほかに、タイヤ量販店やカー用品店も情報源として有用でしょう。これらの販売店、ガソリンスタンドのスタッフさんと仲良くすることも大切です。

最近では、各店でポイントカードなどを使用して、顧客の車の車検や点検の予定も把握しています。カーライフを楽しむには、これらの車販売店やガソリンスタンド、タイヤ量販店、カー用品店を上手に活用しましょう。
車はワイパー等でも分かるようにも劣化をしていく部品も有りますので、消耗品が思っているより多いです。オイルも定期的な交換が必要です。
タイヤも長持ちするものもありますが、やはり日々、消耗していきます。これら以外にも車には定期的なチェックが必要です。
車の持ち主が、すべて自分で管理するのは限界がありますので、販売店、ガソリンスタンド、タイヤ量販店、カー用品店に見てもらうのが効率的です。
しかし、こう言うと、人任せか、と思われるかもしれません。やはり、毎日、車に乗っている持ち主がどれだけ自分の車に関心を持つか、ということがカーライフを始めるに辺り、最も大切です。

【長持ちさせるために重要なメンテナンス】
車を長持ちさせるためのメンテナンスには、定期的なオイル交換、オイルエレメントの交換でしょう。燃費性能が向上している最近の車では、特に重要です。
オイルやオイルエレメント交換時に次回交換の目安の走行距離や時期が示されているシールを貼ってくれますので、その走行距離や時期になりましたら、すぐに交換しましょう。
タイヤの空気圧もそのとき一緒に確認してもらうと良いです。

タイヤの空気圧も定期的にチェックを行わないといつの間にか減っている時があります。タイヤの空気圧が減っていると、燃費も悪くなりますが、タイヤの摩耗にもつながります。
オイル交換やタイヤの空気圧も機械的に決められた日付で行うだけではなく、運転中に気になることがあるときは、販売店やガソリンスタンド、タイヤ量販店、カー用品店で確認してもらいましょう。
日頃から、自分の車に関心を持つことが大切です。

【まとめ】
充実したカーライフを楽しむには、どれだけ自分の車に関心を持つかが大切です。少しの変化、異常に気がつくかで、車の故障や事故を防ぐことができるかもしれません。
充実した定期的なメンテナンスは、車を長持ちさせます。気に入って購入した車ですので、長い間、その車に乗れるようにしましょう。
また、最近の車は、電子制御が進んでおります。ハイブリッドカーや電気自動車もあります、なかなか自分では分からないようなことが多くなっておりますので、確実な定期点検と愛情を持って車に接することが、充実したカーライフに必要なことです。