カーフィルムの剥がし方と専門店のメリット

Pocket

カーフィルムは単にドレスアップだけでなく、社内の温度上昇対策としても非常に有効なものです。
最近では多くの車種でプライバシーガラスと言われる色つきガラスが後席に採用され、あえてカーフィルムを貼らなくてもよい場合も増えていますが、自分で色具合を調整したい場合や、前席横を調節したい場合に使用する人は多いものです。
また、高級セダンや外国車などではプライバシーガラスの設定のない車種もあり、このような場合はカーフィルムを貼る場合が多いです。
但し、カーフィルムを剥がす場合には張る場合よりも大変な作業となることが多くなります。
自分で行う場合には特にガラスに傷を付けたりしないように慎重な作業が必要です。
最近は道具も様々なものが売られていますが、なかなか上手にはいかないという人も少なく有りません。

【カーフィルムを上手に剥がすには慎重さと根気が必要】

カーフィルムを上手に剥がすには、ガラス面にノリが残らない様に慎重に、かつ大胆に作業を行うことが肝心です。
剥がす際には長い間直射日光にさらされているためノリがガラス面に密着していることが多いため、普通に剥がそうとしてもなかなか簡単には剥がれてくれなくなってしまいます。
また、カーフィルム自体が劣化して破れやすくなってしまっていることも多いため、慎重に作業を行う必要があります。しかし、慎重すぎると時間ばかり経ってしまい、時間内に難しくなってしまいますので、慎重になりつつ、作業を一気に行うことが基本です。
最近では様々な道具が販売されていますが、これらを使用して作業を行って失敗してしまうとなかなかリカバーする方法が見つからず途中であきらめざるを得ない場合もあります。
その様な場合には専門店に任せることで、適切な処置を施してくれるというメリットが有ります。同じ工具であっても専門的な物も多いため、これらを駆使してカーフィルムを剥がすことができます。

 

【まとめ】

カーフィルムを剥がす作業は素人にはなかなか難しく、特に素人が失敗しやすいのは跡が残ってしまいやすいようです。専門店では強力な洗浄剤を使用、若しくは独自の方法を駆使して美しく処理をすることができます。

この仕事はなかなか一般の人ではできないものですし、専門店ならではの方法もあります。
長年乗った車のカーフィルムを剥がす際には自分で無理にしようとするとなかなかうまくいかないものです。専門店に依頼した方が、結果的に安く期間も短く収まることも少なく有りません。