カーコーティングの特徴を詳しく知ろう!

Pocket

カーコーティング塗り込み画像

車を買うと必ず進められるカーコーティング
カーコーティングを洗車をすると汚れなくなるの?洗車する必要がなくなる!
そんな誤解をしている方が多くいます。
この記事では、カーコーティングの特徴について詳しく解説していきますので是非参考にして下さい。

カーコーティングとは


カーコーティングの水弾き画像

 

 

 

 

 

カーコーティングは車のお手入れの方法のひとつで、ワックスがけとは違って塗装面に定着する際に分子と分子が結合して強い被膜を作り出します。コーティング剤はポリマー系が有名で、シリコーンやフッ素などを含んだ高分子重合体で構成され汚染物質が入ることを防ぐ働きがあるためワックスより効果が高いです。

車を運転する際には排気ガスのススや大気中の汚れなどがボディーに付いてしまいますが、被膜は密度の高い網目状のため入れなくなります。また、ワックスと比較すると耐熱性や耐候性もあり、強い熱や雨水などにも耐えることが可能です。

効果が持続する期間は種類によって変わってきますが、約3ヶ月から1年、3年と長くなります。車体は傷がつくと湿気や汚れが入って劣化しやすくなりますが、コーティングをするとこのような心配をせずに済みワックスより効果的です。

コーティングにかかる費用は種類によって変わり、高くなればその分持続する期間が長くなります。愛車は少しでも長くきれいな状態で運転できるようにしたいもので、お手入れをする際にはカーコーティングのほうがワックスより多くのメリットがあり最適なタイミングを決めたいものです。

自分で簡単に出来るガラスコーティング剤の購入はこちら

カーコーティングの種類

カーコーティングの種類

 

 

 

 

 

 

 

カーコーティングは2種類あり、特長と欠点を事前に確かめてから決める必要があります。2種類のコーティングはガラス系とポリマー系があり、特長や欠点だけでなくかかる費用や持続する時間の目安を把握して決めることが大事です。

ガラス系コーティングの特長は耐候性、耐熱性、耐薬品性にすぐれ、酸化や劣化をしにくくなり寿命が長くなります。仕上がりはごく自然な発色とツヤ、光沢を出せ、撥水性が強く大雨が降っても安心して運転しやすいです。逆にデメリットは被膜が無機のものになり、ミネラルなどの汚れが固まり水シミになってしまいます。また、施工には時間と料金がかかり、鏡面の研磨を同時にするなら2日間以上預けないといけないため日常生活に支障をきたすため難しいものです。

ポリマー系コーティングの特長はかなり細かいキズでも簡単に埋め、ツヤと光沢を出せます。また、施工料金や時間が短く、一例としてピュアキーパーでは40分から1時間程度で可能です。逆にデメリットは有機物のためいずれは劣化しますが、ワックスよりも寿命は長くなります。また、被膜のメンテナンスが必要でスパンが短くこまめにしないといけないため、追加費用がかかり計算して決めないといけません。ほかにも、ボディーに太陽の紫外線があたって酸化してしまいますが、ポリエチレンは特に丈夫とはいえ長く運転する際には非効率的です。

カーコーティングの種類は以上のように2つの種類がありますが、ライフスタイルに合わせて決める必要があります。コーティングは車を美しくするために行いますが、双方ともそれなりに費用がかかり失敗したくないものです。

高額なコーティングは一見すると良いように感じますが、必ずしもメリットばかりとは限りません。はじめて施工するときは店に行ってプロと相談し、カーライフスタイルや車の状況を伝えると最適なアドバイスをしてくれるため参考にすると便利です。カーコーティングは違う方法を選ぶとしばらくしてトラブルが起き、中途半端な仕上がりになって後悔することになります。

また、施工済みの車両があればイメージして決めやすく、理想的な状態に仕上がるようにしてもらうと良いものです。カーライフスタイルは車の保管状況や月間走行距離、使用目的などを考え、性能が持続する期間や価格との兼ね合いなどを踏まえて決めることが重要です。施工後はメンテナンスフリーのカーコーティングはないため、安心してメンテナンスを依頼できる業者であるか確かめて決める必要があります。

カーコーティングのメリデメ

カーコーティングのメリット

カーコーティングはメリットだけでなくデメリットもあり、ワックスと比較して最適な方法を選ぶ必要があります。メリットは車体に汚れが付いても落としやすく耐久性があり、なおかつ美しい状態になり愛着を持って運転できることです。

施工後はツヤがでて美しくなるため新車と同様にピカピカの状態になり、周囲から汚れが目立たなくなります。コーティングにはガラス系とポリマー系、油脂系などがあり、中でもガラス系は細かいキズが付きにくく愛車を大切にしたいと考えている際に最適です。一方、デメリットは定期的に車を洗うことやメンテナンスが必要で、それをおろそかにすると何度やっても中途半端な状態になります。

業者を選ぶときは同じ要望でも施工内容や料金だけでなくサービス内容等も異なり、マニュアルが共通化されていないため当たり外れがあり注意が必要です。アフターケアは施工後には絶対に行わないと意味がなくなり、事前に業者の担当者と確認して依頼しないといけません。

コーティングは事前に下地処理をしないと十分な効果を得られなくなり、専門店を選ぶ際には確認してから決めることが大事です。以上のように、デメリットは表向きには少ないですが、信頼や実績がない業者を選んでしまうと中途半端な状態になってしまうことです。

車をきれいにするときは定期的に洗車をするだけではボディーについた汚れを十分に除去できず、蓄積されると傷んでしまうことや周囲から目立ちます。このため、従来ならワックスがけをしてツヤを出して新車と同様の輝きにしていましたが、不十分であるためコーティングが主流になっています。

基本的に、カーコーティングはコーティング剤によって仕上がり状態や持続期間、費用などが異なりますが、いくら良い内容でも業者を選び間違えれば失敗してしまうため事前に調査してから決めることが重要です。

ガラスコーティングを自分でやるポイントの紹介記事はこちらをクリック

カーコーティングのまとめ

カーコーティングのまとめ

カーコーティングは車をきれいにするために行いますが、実際にはそれなりに費用がかかり業者に預ければ1日で完了しないこともあります。このため、車がなくてもビジネスや日常生活に支障をきたすことがないか確かめ、業者と作業内容やアフターサービス等があるか相談して決めることが重要です。

施工後はメンテナンスをしないと中途半端な状態になり、せっかく車体がきれいになっても被膜が剥がれたり汚れが付きやすくなってしまいます。施工する前は下地処理が重要で、業者に一通り依頼するとそれなりに追加費用がかかり自分でする方法で安くなりますがどうしても限界があるものです。

自分で出来るコーティングメンテナンス方法の記事はこちら

カーコーティングはワックスと比べるとそれなりにメリットがありますが、どの種類を選んでも料金が高くなります。料金を安くする方法は業者に依頼する前にキャンペーンがあれば値引きされますが、安易に即決せずに最適な方法であるか確かめてから決めることが大事です。コーティングは手順を正しく決めないと施工後に何かしらトラブルが発生し、アフターサービスがなければわざわざ依頼する意味がなくなってしまいます。

車を運転する時は車体をきれいな状態に保てば自信を持てますが、中途半端になれば見かけ倒しになってしまうものです。

コーティング剤はガラス系とポリマー系がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。最適な方法を選ぶときはカーライフスタイルや予算などを確かめ、初心者であればプロに相談すると決めてもらえて便利です。業者は大手になれば必ずしも良いわけでなく、技術料などで高くなる場合もあります。このため、カーコーティングは何度もリピートできる業者を選ぶとスムーズに利用でき、担当者と相談しやすくすると要望を伝えやすく安心です。