ガラスコーティング剤の良い施工方法

Pocket

硬化型のガラスコーティング

ガラスコーティングといってもいろいろな種類がありますが、硬化型ガラスコーティング剤を使って塗り込んだ時を前提に言います。余談ですが、硬化型ガラスコーティング剤の説明ですが、これは基本ビンで販売されていて空気にコーティング剤触れればがちがちのガラスになってしまって密閉する必要があってピンに保管されます。

そして、もしピンの容器をあけて放置すればビンの中で完全硬化してしまってどうにもなりません。そしてプラスチック容器にスプレータイプで販売されてるものですが、基本的にガラス成分含有量が少なくて、放置しても硬化しないです。

もし硬貨型ガラスコーティング剤スプレーになってたら、一度使ったら出口で硬化してしまってその後スプレーできません。ガラスコーティング剤をdiyするとき注意すべきことがあります。

施工前下地作りしっかりすること、塗りこみ方、拭き取り方事前にチェック、拭き取り後チェック忘れないこと。ときどき耳にするのですが、ガラスコーティングはコーティング剤塗り込むとツヤで適齢になるのでしょという勘違いしてる方がいます。

コーティング施工しても下地の塗装面が汚れてたり、洗車傷などあれば、そのままになってしまいます。ガラスコーティング剤は硬化して、もしもボディに水垢のこってたら、水垢の上でコーティング被膜形成して、水垢落とすのが難しくなります。そうならないように、しっかりした下地作りましょう。

そして、ガラスコーティング剤はメーカーがしてる施工法があります。塗り込み法で一般的なことですがコーティング剤をぬり込みスポンジにとって、塗り込むものです。中には水を霧吹きで少量吹きかけ塗り込むといったものもあります。2液性になっててブレンドして塗り込むものなど。塗り込み方1つとってもさまざまであり、拭き取り方は乾拭きクロスでふくといった方法が一般的ですが、中には水拭き、乾拭き両方するケースもあります。

ほとんど説明書が付属されていて、施工法をチェックしてはじめるのが大事です。施工法誤ってしまえばムラになり硬化してしまって取り除くの難しくなります。

そして、ふきとり後のチェックはほかのコーティング剤でも重要ですが、ガラスコーティングはとくに重要で、もしムラになってるのに気づかずに硬化してしまったらコーティング被膜けずって、再度施工することになります。

ほとんどのガラスコ―ティング剤で使えるチェック法がありますが、プラダンというホームセンターで買うことがでいるプラスチック製の段ボールで、これでも黄色のプラダンがチェックに一番です。
塗装面にプラダンを映して移動すればムラあればムラが見えてきます。ドアミラー内側、ドアノブカップ部分などチェックしてくださいガラスコーティングをdiyするため最低限必要な環境ですが、一戸建てで自分お洗車スペース確保できること、水道水確保できるなどがあります。

そして、ポリッシャーの傷以外すべてガラスコーティング被膜取り除け得ればすべて解決できます。アルコール含まれてるものは窓ガラスのクリーナーは一般的にアルコール分が含まれており、こうしたもあの用意しておくのが手軽です。

ガラスコーティング剤は完全硬化するのに数日かかったりするのがほとんどで、それまでの間アルコールで除去できて、万が一ムラあっても安心です。ポリッシャーでついた傷ですがこれは程度によって、もしもポリッシャーと同じ円かくような傷は砂利など異物が絡んだ状況で研磨してるケースがあります。

コンパウンドつけるバフの面綺麗になってるのかチェックしてください。そして、がりっと削ったとき残念ながらがら板金修理依頼して下さい。どうして車のコーティングは高いのでしょうか?車の大きさにより値段違いますが、5~10万円ぐらいします。

これはほとんど人件費です。ピカピカレインの値段は1万円切りますが、ガラスコーティング剤の材料費はかなり安いです。そしてピカピカレイン利用して自分でコーティング施工すればハイエースクラウスで約9万円の節約となり、さらにガラスコーティングのぴかぴかレイン施工は1日あればできてその節約効果半端ありません。

コーティングを自分でやるのは不安ある人もいるでしょうが、自分で洗車したりワックスがけできる方は間違いなくコーティングも自分でできますから、安心してください。クロスでふきのばしわすれた箇所がありムラになったり、ガラスコーティング剤吹きのこしてしまい硬化始まればボディの拭きのこしが部分白くなりムラになるのです。

白くなったらガラスコティングが硬化して、コンパウンドで磨き削り取って再施工が必要となり、拭きのこしないように慎重に作業し防いでください。施工のコツはメーカーページでもいってるのですが、ボンネットを施工、フロント右ドア施工という感じでパーツごと分けて施工すればふきのこしなどミスなくなります。またピカピカレイン2度塗りやってもいいのかですが、okです。ですが、複数の注意点があります。

2度塗は1度イメの施工完全硬化してからで開封ずみの液剤の再使用はメーカー推奨ではありませんから、自己責任でやりましょう。液剤を再使用なら、冷暗所に蓋をしっかり締め保存してください。基本的に水洗いだけでいいですが、専用メンテナンス剤もありますから、これを使いましょう。

ナノピカピカレインというものを使用しますが、これをつかうメリットはコーティングのガラス皮膜の上に保護後膜を作り傷軽減などができます。そして、ピカピカレインはガラスコ―ティングであり、ガラスコーティングはしっかり固まり、ガラス系コーティングは固まりません。

車のコーティングでも種類、質が違いますから、ややこしいですが、ガラスコーティングをつかってれば間違いありません。せっかく自分でコーティングするので本物のコーティング剤つかいたいものです。誰でも買うことが可能な市販のものは安く出回ってます。

そのほとんどはガラス系コーティングです。ピカピカレインの効果ですが3年であり、ガラスの皮膜は10年持つみたいですが、3年過ぎて汚れつき再施工してねということ。ですが再施工といってもそもそもコーティングきいてるうちは汚れつきにくい状況で、再施工も楽にできると想像できます。

また実際ピカピカレインは新車にお勧めで、新車は余計な水垢ついてなくてボディの状況がよいです。コンパウンドで磨く作業いらないことがほとんどであり、全体の作業時間も短時間で終わります。

そして、城系の車で水垢たくさんついてる車は、その水垢落とす作業から始まってハイエースクラスでポリッシャーなど磨き専用う道具ないと1日たっても終わらないこともかんがえられます。

そして、ピカピカレインプレミアムの値段は9850円であり、コーティング業者へ依頼すれば5万円~10万円とかなり高額ですが自分でsこうするとお得です。ピカピカレインはプロ仕様のコーティング剤とそん色ないコーティング剤がこの値段とは驚きです。

私はピカピカレインを自分の自家用車含め3台施工してとても満足しました。自分がこのコーティング選んだのは1万絵にかとお手頃価格で本悪的ガラスコーティングできるということ。

いろいろ検索してあらゆるところのランクで上位にあって、そこで信頼したというのが本音です。自分でコーティングをするとき大事なことは施工環境ですが、コーティング皮膜の乾燥が施工後おおきい影響が出ます。コーティング適した温度は15度~25度が適切とされています。

ガラスコーティングを施工前に天気予報で、こうした温度になるかチェックして施工してみて検討するとよいです。直射日光当たらない場所で施工するのも友好的です。