自分でガラスコーティングを施工するおすすめコーティング剤

Pocket

おすすめガラスコーティング剤

ワコーズVACバリアスコート
Amazonベストセラー1位になった事もある実力派!手間なく作業で専門家級の輝きを手に入れられる、ガラス系ポリマーコーティング剤です。使い方は洗車後にコチラをスプレーして拭き取るだけ!水気が残っていても工事できるのです。コーティングの持続力は最大6ヶ月で、コーティング後のメンテナンスは水洗いだけで愛車の輝きを維持できます。高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンのまとめ合わせが、ガラスのようなクリスタルな輝きを実現。愛車に深みのある艶を与えてくれます。ポリマーが汚れを浮き上がらせ、材質に優しい特殊ハイドロカーボン系洗浄剤と界面活性剤が油汚れを強力に洗浄してくれるため、グリースやタイヤカス、虫なども造作なくに洗浄できる。中性でコンパウンドを使用していないため、樹脂にも心配無用して使用可能なグッズです。

CCT-00
11000円でツヤツヤなボディが手に入る!濡れたままのクルマに工事するから、造作なく・すばやく重宝するガラス系コーティング剤です。洗車後デフォルトコチラの商品をスプレーして塗布。その後、クロスで磨いて水滴を拭くだけでお手入れが完了できちゃいます!繰り返し使用する事でコーティングの皮膜が厚くなっていくため、深みのあるツヤも手に入れられますよ。日差しの強い真夏、お肌が受ける紫外線ダメージを気にする方も多々あるのではないでしょうか?けれども、気をつけるべきは人間の肌だけではないのです!クルマのペインティングの経年劣化を防ぐためにも、コーティング剤は有効です!コチラの商品は紫外線からも守ってくれる優れもの。

ナノ成分nano+を配合した、新製作のガラス系ナノコーティング剤です。彩色面の微細なデコボコを埋め、更にきめ細かく平滑な被膜を形成して光沢光沢に完成てくれます。撥水成果が高く、洗車後の水滴拭き取りもラクラク!スプレータイプで取り掛かりも造作なくな商品です。ガラス系コーティングでツヤツヤなボディーにしてくれます。手っ取り早くに作業可能なのに、撥水性が高く、コロコロ水滴が転がっていきます。雨の日には汚れと共に流れてくれるので、愛車のメンテナンスが造作なくに!。

ガラスコーティングの施工方法

コーティング工事の時に最も必須な事は下地処理です!この下地処理次第でコーティングの性能が左右してしまいます。コーティング取り掛かりで間違いした人の9割は間違った取り掛かり手段やメンテナンスをしているのです。このテキストでは、コーティングプロショップが最適な下地処理とコーティング時の極意を突き詰めてご解説していきます。何とぞ、日曜大工コーティング取り掛かりで愛車をいつまでも綺麗に保って下さい。ボディのステータスが極端に艶やかな時は下地処理をしなくてもコーティング普通の性能を実現する事が可能なので、ボディの様子に当てはめてお選択し下さい。

初めに洗車する前に、泥汚れや酸性雨による汚れがパネル間やエンブレム周囲の溝に溜まりっているため、細部洗浄の作業で素敵にしていきます。この頑固な汚れはイオンデポジット除去剤で造作なくに取り除く事ができるとなります。ヘラや筆にイオンデポジット除去剤を付着させて擦るだけで、頑固な黒ずみを落とす事が可能なのです。美しいに仕上がるだけで、取り掛かり後の美観も綺麗に仕上げる事が可能なのです。
洗車まで終わったら、鉄粉除去を行います。鉄粉とは色づけ面を触ったときにざらざらしたり、黒いブツブツが付着しているのは鉄粉の異物です。鉄粉が残ったままコーティングを塗布してしまうと密着性が低減する事に繋がりますのできめ細やかに取り除きます。ペインティング表面には油汚れ(ワックス、排気ガス、花粉、黄砂)が付着して、汚れの膜になっています。この汚れを除去していく事で、コーティング被膜と彩色面の密着性を向上させる事ができるとなり、コーティングの性能を向上させる事が可能なのです。

彩色面にペインティング込んでいきます。イオンデポジット除去剤を塗布すると溶剤がシミに反応していきます。何度か繰り替える事で手軽にに取り除く事ができるです。イオンデポジット除去剤で取れないシミはウォータースポットといいペインティング面を陥没されている状況となりますので、専門店で研磨作業をしないと取れません。研磨作業に移ります。コーティングを塗布するときには20?四方に縦横均等にカラーリングこんでいきます。真夏の気温が高い日はコーティングの乾かすが早まりムラになる見込みがあるため、小面積で塗布していきます。

ガラスコーティング取り掛かり後に洗車をしないとコーティング被膜の上に汚れが付着します。その汚れを長期間付着させたまま放置していると洗車では取れない汚れになってしまいます。コーティングをより長持ちさせるためにも洗車の頻度が肝心になるのですが、最適な洗車頻度は駐車環境によって異なります。

ガラスコーティング剤施工後の手入れ

車に極上の輝きを施してくれるガラスコーティングを取り掛かりしたまでは良かったものの、その後のメンテナンスメソッドや、そのメンテナンスをそもそもいつやるべきなのか如何にか?というところがイマイチ分からないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実のところにガラスコーティングをするまでは良いものの、それ以降の事については特に知らないままガラスコーティングを注文してしまったという事例もあるのではないでしょうか?そんな訳で採り上げるのは、ガラスコーティングをした後のメンテナンスのメソッドやその頻度についてご解説していきます。ガラスコーティングのメンテナンス剤は使っても問題ないか如何にか?というところですが、どんなメンテナンス剤を活用するかにも従ってこの解答は変わってきます。

営業車のように定期的定期的、出退勤時や営業回りで車を使っていて舗装されていない道もガンガン走るという事であれば、だいたい2週間から3週間程度で車は汚れる事になるかと考えますので、びしっと短いスパンで洗車をするというのが肝心になります。反対に全く観賞用のような感じで一ヶ月に何回かも乗らないという事であれば、最大で1ヶ月から1ヶ月半程度は洗車の間隔を空けても差し支えない事例が多く見られます。ガラスコーティングを施している車については1ヶ月以上経ってガラスコーティングが硬化したとしてもブラシのある機械での洗車はお勧めできません。なぜかと言うと、帰するところガラスコーティングの被膜は固く出来てはいるもののブラシでガシガシと擦ってしまったり小石や砂を巻き込んでいるブラシが車に接触する事で傷がついてしまう確率が高いからです。メンテナンス剤として、例を挙げるとイオンデポジットの除去剤などを使用するという事であれば、特に問題はないのです。しかしガラスの被膜まで溶かしてしまうようなイオンデポジット除去剤というものもありますので、この点については結局専門家の考えを採りいれつつ、問題のない範囲で使用するようにやりたいところです。

DIYガラスコーティングのまとめ

ガラスコーティングを取り掛かり後の車について、メンテナンスのテクニックやその頻度について知っておこう、というテーマのもと、どんな技術がベストかについてご解説しました。イオンデポジットを除去するために除去剤ではなく、いわゆるコンパウンドなどを使われる方がごくまれにいらっしゃいますが、これは必ずにNGと言ってよいでしょう。というのも、コンパウンドで磨いてしまうと車体を削っているのと同じ事になりますので、そのケースは、ガラスコーティングも一緒に剥がしてしまう事になるわけです。原則的にはガラスコーティングをした後は全く洗車をしなくてもよいという事ではなく、ガラスコーティングが充分にと硬化した後に、普通の車と同じく洗車をしたほうが、輝きは保たれるという事がわかりました。