カーコーティングの種類は親水と撥水と疎水性の3種

Pocket

カーコーティングは車塗装の上に油脂など成分でコートをします。塗装されたそのままの状況だと傷など付着しやすくて、紫外線により塗装劣化したりします。カーコーティングでつくられる被膜が外部からのダメージを替わりに受けて、車塗装綺麗な状況に保てます。カーコーティングは水はじき方違いである撥水性、親水性の2種類あって、撥水性は水玉になり転がる特性があって、親水性は流れ落ちるのが特徴です。塗装面と水の接触角度によるものであり、親水性の角度は40度以下、撥水性は90度以上といった違いです。撥水性は水コロコロ転がってコーティング効果一目でわかり、人気があります。ですが、場所により水まったって水かわいて水垢になることがあります。一方で親水性は水流れるように落ちて水赤になりにくいです。雨シミ目立つ色が濃いボディーの車などに最適なのです。そして、カーコーティングは4種類に分類されて、油脂系は従来型ワックスで、かわきやすくて、初心者でも簡単にできるのが特徴です。ですがあくまで艶出し目的としていて、傷を防ぐ効果低いです。そして耐久性が低くて雨で流れてしまい約1か月ごと塗りなおす必要が出てきます。覚えておきましょう。

硬化型ガラスコーティング剤の購入はこちら