樹脂系コーティングなどの効果と特徴を徹底解説

Pocket

樹脂系コーティングはシリコン、テフロンなどポリマ―が原料であり、これは定着するとき分子結合する化学反応で車体の塗装の上に強い皮膜作られて、その被膜がすすなどよごれ、傷から塗装守る効果を期待できます。細かな傷うめて光沢だせて、ピカピカの車体になるのが魅力です。また、油脂計コーティングより耐久性高いですが、洗車、紫外線などの要因により効果持続するのは約3か月と短いです。そして、ガラス系はガラス成分一部ふくまれてるタイプであり、ガラス成分は対キュ性に優れており、皮膜劣化など防ぐ効果期待可能です。油脂系よりもつや、光沢自然で、効果約6か月持続するのは大きい特徴です。ガラス系は市販コーティング剤をつかえば自分でも施工ができますが、ガラス成分が一部というだけあり、思うような効果得られないこともあります。樹脂系コーティング剤にふくまれてるガラス成分が微量でもガラス系と称されたりしてコーティング剤を選ぶとき含有量をしっかりチェックして下さい。ガラスコーティングはポリシラザンなどガラス成分主体のコーティングで、ガラス表面からはがれづらい高密度ガラス皮膜作れるのが特徴です。カーコーティング中最高の強度を持っています。

樹脂系コーティング剤よりも硬化型のガラスコーティングのほうが効果が高い商品です。

撥水効果型ガラスコーティング剤の購入はこちらからどうぞ