ガラスコーティングの被膜は酸化や傷から守る

Pocket

ガラスコーティングは、車などの表面を、ガラス質の被膜を作って酸化やキズから守る技術。また、塗装面をガラス質で覆うため、艶を強く出すこともできます。最近では、車だけではなく、スマートホンの画面やボディーの保護にも利用されています。

しかし、身近でガラスコーティングといえば車を連想する事が多いでしょう。カー用品店やホームセンターへ行けば、DIYで施工するガラスコーティング剤が、安価なものから一万円を超えるようなものまで、沢山の種類が並んでいます。施工も簡単なものから、大変手間のかかるものまで、さまざまなものがあります。DIYで施工する場合のおおくは、新車の時に具タスコーティングを施さなかった場合が多いでしょう。これらの製品も、きれいに仕上がりますが、持続時間は短く、早いものだと1月以下のものもあります。

車にガラスコーティングを施す場合の多くは、新車を購入した時ではないでしょうか。ディーラーに勧めれる場合も多いかもしれません。DIYで施工するよりも、きれいに仕上がるほか、持続時間も長くなります。費用的には、グラスコーティングの種類や車の大きさにより変わってきます。軽自動車だと約5万円程度、コンパクトカーで5万~7万、中型車で6万~8万、ミニバンや小型SUVで7万~9万、大型ワゴンやSUV、大型セダンなどでは8万~12万くらいと大きく幅があります。

グラスコーティングの魅力は、洗車が楽でキズから車を守れるということ。洗車は多くのコーティングで水z来だけ落ちますので、洗車時間の短縮に効果があるほか、ワックスやコーティング剤の塗布も基本的には不要になるので、洗車の手間は極めて軽減されます。
また、車の表面をガラス質の被膜で覆うため、日常の使用でつく小さなキズから守られます。反射的効果として、車を買取に出した時には、車の塗装の状態が良いので査定が高くなるということもあります。
最後に、ガラスコーティングは車を光沢が映えるという効果もあります。被膜は長持ちするので、いつまでも光沢のある艶やかなボディーが持続します。

新車を購入した時には、ガラスコーティングを検討してください。洗車の手間の軽減、ボディーの保護を考えると、価格分の価値は間違いなくあります。

硬化型のガラスコーティングの購入はこちら