カーコーティングの役割と効果

Pocket

人により車買うときの決め手になるボディカラーとなる塗料はボディと密着して塗装時発色なるべく長く維持するよう作られています。ですが、性質上各種有機材配合によって成り立ってることがあり、純粋な汚れ以外に紫外線、雨水にふくまれてるミネラル成分と塗料中含まれてる有機成分との化学反応の変色は避けられないです。そして塗装は効果時の過程で目に見えないピンホールを形成して、それに汚れが堆積してそれが劣化原因となります。そして塗料本来の発色、風合いを保って塗料の劣化防ぐ、塗料をカバーするのが本来のコーティングの役目です。ですから車ピカピカになるだけだといいコーティングとハイエナです。輝き長持ち、色劣化しないなど条件がそろいいいコーティングなのです。そして、親水コーティングはコーティング作用で水の表面張力を分散させて大きい水玉作らないようにして、その名通り水と親しいコーティングであり三潴泊まって流れます。ガラスコーティングは第5相的役目で施工され、さらなる保護面で上からガラス面を作り上げてくといったイメージなので鵜s。ワックスは磨けばつやが出ますが、汚れなど付着して、手入れする周期短くて最近マイナーです。