ポリマーコーティングとガラスコーティングの違い

Pocket

ポリマー系コーティングは樹脂を車表面に着けて膜みたいな形で保護してwくコーティングですが、どちらかといえば柔らかいという感じで磨くことでつやが出やすくなります。よくピカピカになるといわれるコーティングがこれです。ですが、ワックスよりましですが、耐久性して長くなくて、1年に1回程度再度コーティングすべきといえます。そしてガラス系コーティングは文字通り車表面にさらにガラス面を作い感じで、うっすらとガラス塗りつけていくような感じです。そして硬いというイメージで耐久性は抜群であり、結果5~10年の耐久性あります。ですが、ポリマー系のコーティングと比較し谷間塗料面そのままの色が持続すると思っていてください。そして最近スマホへもガラスコーティングを施工する業者はいますが、これは車へのガラスコーティングと一緒で、特別ツヤ感が出ません。そして、自分では絶対にならないほうがよくて、塗装面にむらができて結果的に表面の光方ゆがむということがあります。表面の光方変われば車自体歪んでしまってきれいな車も何か不格好になります。そしてうまくほこりなど取り除けなければコーティング剤がこれから閉じ込めることになって、結果汚れついたままとなります。

ガラス系コーティング剤の購入はこちら