コーティングでマフラーの錆びを軽減

Pocket

マフラーは単車なら外に置かれて風雨さらされればエキパイがさびてきます。そしてさび放置すれば腐食してきて最後穴が開くことなります。そして新たに変えるか小さい穴は溶接で閉じることになるはず。車はマフラーのメンテナンスは自分d根するのは簡単ではないです。また、さびは首のさびから、鉄堀のさびなど身近なところにたくさんあります。また、マフラーにさび発生するのを防止する棒法がありますが、さび発生すると取ることも大事ですが、それよりも錆防止する手入れしておくほうが結果一番手間かからなくて愛車のコンディション保てます。大事なことは洗車であり、泥、水など残っていれば塗装に傷ついて、腐食始まる原因となります。また洗車したら防さび材、ワックス塗布してマフラー酸化防止します。ワックス、シリコンスプレーなどいろいろありますが、大体1か月ぐらい持つものと思ってください。さびは金属空気が水に触れて起きてくる酸化現象であり、金属表面が直接空気触れなければさび発生したりしません。

本格ガラスコーティング剤の購入はこちらからどうぞ!