ボディコーティングで塗装面に皮膜作る

Pocket

車ボディきれいにするといえばワックスをイメージしたりします。そして塗装面の上に皮膜を作り保護して行く意味でワックスと一緒の機能を有してるのがボディコーティングですが、大きく違うのは皮膜強度と保護期間です。ワックスは蝋、油脂を主成分としていて塗布されたロウなどが皮膜となり塗装面保護していきます。そしてカーコーティングは塗布や吹き付けたコーティング剤が化学反応し皮膜形成してくのが普通です。形成される被膜がワックスより硬くて密着性優れてるケース腮尾久手、防傷効果はワックスるよりも高いとされています。コーティング剤にも複数種類ありますが、短くて数か月長くて5年以上の効果持続してくれるのもメリットとなります。また、水のはじき方により撥水性、親水性という形で分類されたりしますが、前者は水玉上に水をはじいたりして、見た目気持ちよさがあります。そして、複数のタイプあって、それぞれ特徴異なりますが。自分に合ったサービスを発見してみましょう。
ガラスコーティング剤販売専門店