プロのコーティングとDIYコーティング

Pocket

ポリマーワックスなどケミカル系、油脂系のコーティング剤は厚塗りでボディの細かい傷をうめつくしてきれいな仕上げになります。そして、コーティングは調書や短所があり、おおくのコーティング施行業者はデメリット全く説明しないでメリットを誇張してお客に伝えてコーティング自体過度に期待与えてるのが現状なのです。そしてコーティング施行技術大事なjことはいうまでもなくて一般人のほとんどがガラスコーティングかければきれいになると思われていますが。それなら市販で売ってるガラスコーティング剤など塗ればよいといったことになり、プロのコーティング施行業者は必要ないということになるのですどうしてプロに依頼するのかですが、コーティング度台の下地作りが大事です。その工程はプロの技術でしかできない磨き前の下処理、ボディ磨きなのです。と周防のツヤ、光沢引き出していくプロならではの磨き技術はコーティング施行店によりさまざまでその仕上がりに差が生まれてきます。