撥水性のガラスコーティングについて

Pocket

ガラスコーティングは水と結合しやすい性能がありますから、親水性といえます。ワックスやポリマーなど水と混ざらないはじく性能があって、疎水性です。そして、親水性は水が汚れとコーティング被膜の間はいりやすくて、汚れを水の力だけで落としやすい効果があります。そして疎水ですが、これは背水力と表現し、排水半水が落ちていく状態で、背水力が高いほど素早く重量によって水が落ちていきます。また、ガラスコーティングみたいに化学的結合した加工膜に対して疎水性能持ってるコーティング層を犠牲膜、メンテナンス材と呼んだりします。疎水性能にも複数の呼称があって、撥水など呼ばれるのは水がたま状となり転がって落ちてく状況をいいます。撥水性能は水、ボディの接触角によって定義っされて120度以上が撥水、150度以上が超撥水といわれています。そして本来親水性のえられず力弱く防汚効果期待できないのが、親水性のガラスコーティングのみ施工です。