水玉がコロコロ弾く撥水コーティング剤

Pocket

撥水性は水をはじく性質であり、撥水性のガラスコーティング施されたボディーに水が付けばコロコロ水玉ができてきます。この形状により撥水、親水という分類されて‬います。水玉形状を厳密に区別したい時に用いるのは接触角度という値で、これはボディー、水滴表面が作る角度を言います。一般にこの角度が約90度以上になるのがカーコーティング業界でいう撥水性の定義となります。そしてコーティング剤の中で接触角120度以上になるのがあって、これを強撥水、150度以上になるのは超撥水及んだりします。そしてカーコーティング業界で利用される疎水性は学術的に疎水性の意味と異なっていて、これが撥水や浸水など表現わかりにくくしえるわけです。そして、最近車を気軽にお手入れできるものとしてカーコーティングが人気ですが、新車購入時必ずと言っていいぐらい薦められてるディーラーオプションの一つであるぐらい。それほどのものですが、複数の種類あって、どれ選べばよいのか迷ってしまうはずです。