コーティング可能な範囲を基準に製品を選ぶ

Pocket

DIYでカーコーティング剤を使用するなら、もちろん作業は行う必要があります。基本的には丁寧な洗車を行った後で、カーコーティング剤を使う事になるのです。
ただ、いざ作業を実行しますと、少々手間が大きいと感じられる事もあります。DIYで作業を行いますと、やはり時間はかかります。人によっては半日ほどかけて、コーティングの作業を行っている事もあるのです。その労力は、できるだけ小さくしたい事もあるでしょう。
労力が抑えられるか否かは、コーティング剤次第です。どれぐらいの範囲に施工できるかは、製品選びの基準の1つになるでしょう。
というのもカーコーティング剤は、それぞれ一度に施工できる面積の違いがあるのです。一気に広い範囲に対して施工できる製品もあれば、やや限られた面積の製品もあります。
やはり前者の製品の方が、作業時間も短くなる傾向があります。もちろん時間が短くなれば、作業の労力も抑えられるでしょう。一気にどれぐらいの範囲をコーティングできるかは、製品選びの基準の1つになる事は、間違いありません。