コーティング前の汚れ除去

Pocket

DIYでカーコーティング剤を使用する時は、やはり洗車する必要があります。仕上がりにも大きく関わってきますから、できるだけ丁寧に洗車するのが望ましいです。
車の表面部分に対しては、もちろん汚れが残っている事はあります。時には、目立つ汚れが残っている事もあるのです。
その汚れは、確実に落としておく必要があります。少なくとも汚れが残っている状態で、コーティングするべきではありません。
汚れが残っている箇所に対してコーティングしてしまいますと、見た目が悪くなってしまうからです。汚れを、コーティング剤でカバーした状態になってしまいます。コーティングを行うことで、かえって汚れが目立ってしまうのです。
それを防ぐ為には、やはり丁寧に汚れを除去するのが望ましいでしょう。入念に汚れを除去しておけば、コーティング剤本来の力も発揮されやすくなります。
できればコンパウンドなども使用して、車体の傷なども丁寧に除去しておく方が望ましいでしょう。傷が残った状態でコーティングすると、見た目が悪くなってしまうからです。