雨や埃を嫌うガラスコーティング施工は密閉可能な環境を活用して

Pocket

これからカーコーティングを自力で行おうと考えている人にとって、密閉可能な屋内ガレージあるいは屋根付き駐車場を所持しているというのは大きなアドバンテージとなるでしょう。
特に雨水や細かな埃・ゴミを極度に嫌う繊細なガラスコーティングには最適な条件。出来れば施工前にガレージや駐車場の床面や壁面を綺麗に掃除し、ちょっとした風で埃が立たない様にすると共に、コーティング剤塗布後の密閉に関する工夫や対策を早目に考えておけば、施工当日の段取りも極めてスムーズにいく筈です。
もちろん一旦コーティング剤を塗布したら、それが完全に乾き切るまで愛車は一切動かせませんから、注意が必要。乾きの襲いガラスコーティング剤の場合、その期間が数日にまで及ぶケースもありますから、ある程度の忍耐強さも求められます。しばらく愛車は使えなくなりますから、施工前に愛車が必要な用件は一通り済ませておくのがベストでしょう。
せっかく覚悟を決め、高価なDIYガラスコーティングに挑戦するのですから、事前に出来る事は全て済ませ、スッキリ雑念を払ってから作業に入りたいものです。