自分でカーコーティングをする方法

Pocket

自分でカーコーティングをする方法

カーコーティングを安く自分で施工するには、ある程度の知識や技術が必要となります。まず、コーティングをいきなり施工するのではなく下地処理が必要です。コーティングがボディーにしっかりと密着するよう下地であるボディーを洗って余分なゴミや汚れを落とす事が大切です。次に細かい傷などで凹凸が出来ているとコーティングがしっかりと密着せずに剥がれやすくなってしまいます。そのため洗車の後は、ポリッシャーとコンパウンドを使って綺麗に磨き作業を実施する必要があります。コンパウンドは、研磨剤の役割となるため細かい傷による凹凸を無くして平面に仕上げる事が出来ます。磨き作業が終わったら再び水洗いをして鉄粉などを除去した後に最後に油分の取り除くために脱脂を行います。以上の下地処理を全て行ってからコーティングを施工すると綺麗に仕上がるとともに密着力もアップします。DIYガラスコーティング剤には、様々なタイプがあります。耐久性を求めるならガラスコーティング、安価なコストで済ませたい場合にはポリマー系を選ぶと良いです。