ガラスコーティングの施工手順

Pocket

ガラスコーティングの施工手順

ガラスコーティング剤の基本施工法ですが洗車をして次にガラスコーティング剤を塗布して吹き上げ、最後12時間乾燥させます。そして、12時間という長さがムラの原因生むこともあるのです。それは効果まで12時間の間雨、散水を浴びてしまったり、動物による糞尿、接触などの外的要因によります。そして、ガラスコーティングの効果時間中雨などの外的要因の影響があればたとえ新車でも表面ムラだらけとなり、車だいなしとなります。さらに耐久性の高いガラスコーティングはとても高い皮膜であり、研磨するのはとても難しいのです。そして、ガラスコーティングしたいと思ってれば12時間以上外的要因から守れる状況が必要なのです。そしてこれ以外にコ-ティング全般に言えますが、新車納車直後でない限りはメーカーサイトの写真みたいなきれいな仕上がりに施工しようとしてるとき下地処理必要となります。そしてこれはコンパウンドなどによる研磨のことであり、汚れのこったまま上から透明コーティングをすればどうなるのかわかるはず。

ガラスコーティングの耐久性

ガラス系コーティングの特徴ですがワックス・ポリマー系より保護力が高いのです。そして、シリコン、フッ素など高分子化合物を使って車体方面にコーティング施していき、割と安くて施工簡単で油脂系より長持ちして長らく人気ありました。油脂系コーティングと同じように傷保護力低くてまめなメンテナンス欠かせないといったことで最近ガラスコーティングに人気移りつつあります。そして、ガラス系コーティングですが、ガラス繊維主成分にしたポリマー系コーティング剤で、ガラス繊維による硬質皮膜形成して、油脂系、ポリマー系より傷に対して保護力強くて、耐久性高いです。そして、混ぜ物ない単一ガラスコーティング比較して見て、保護力は劣るのです。製品語と品質ばらつき大きくて、ガラス系コーティングとうたっていて、その実ポリマーが主成分でガラス繊維おまけ程度のコーティング剤があります。そしてこれはガラス質の硬い皮膜でボディ覆うコーティング法です。

ガラスコーティングで得られる光沢

光沢だけ重視ならワックスでもいいでしょう。そしてワックスにしか出せないつやもありますが、ほとんどのものは耐久性がなくなくて、洗車でちょっとずつ落ちてきて約1~2か月ごと塗り直し必要で、す。そして、ガラスコーティングは車自体形成されたガラス被膜がつや出します。ワックスと違って洗車で流れ落ちることがななくて、塗り直しの必要性がありません。そして耐久性は製品の性能によりますが、約3~5年のが多いのです。そして、硬化型ガラスコーティング剤は1回施工すれば何度もやり直さなくてすみます。中にはガラス系コーティングというのがありますが、そうしたものは皮膜100%ガラスでなく、耐久性も約1か月~半年ぐらいと硬化型より短いです。そして耐久性以外にガラスコーティングしてみて車本来の塗装保護していけます。また、塗装の上にもう1枚皮膜形成されて、ガラス被膜犠牲になってくれるのです。覚えておきましょう

撥水ガラスコーティングの購入はこちらからどうぞ