窓ガラスコーティングの施工方法

Pocket

窓ガラスコーティングの施工方法

撥水性ガラスコーティングなら用意するのはキイロビンなどガラス油脂除去剤ときれいなタオル数枚、油脂除去の時のパッドです。そして、ゴム、黒い樹脂などガラス研磨剤、研磨パッド当たってはいけない所をマスキングテープできれいおおうのです。また霧吹きで研磨するところを軽く濡らし、研磨剤適量つけ約20センチ四方を均一に磨いていきます。そしてポイントはゴム部分はマスキングテープでしかKるふさぎましょう。油膜除去作業をし滑り悪くなれば硬く絞ったマイクロファイバータオルでさっと吹きましょう。そして住宅の窓の清掃する住宅窓用水切りワイパーで吹き上げると完璧に油膜取れたかがわかるのです。重要なことですが2回、3回繰り返してみても水膜一定で親水状況になってれば大丈夫です。じわじわ水膜が中央によってきたり脂分など撥水性分の凝っていたりすれば徐々にはじき、その時再度油膜取りをする必要が出てきます。覚えておきましょう。
窓ガラスコーティングの購入はIIC

ガラスコーティング剤を定着させる

車ガラスコーティング専門店にお願いしてみればメンテナンス必要はないのかですが、ガラスコーティング専門店でも必要となります。そして専門店でコーティングして洗車しなくてもよいとはならないです。また、車ガラスコーティング専門店でするメリットですが、あえてメリットというようなことはありません。自分でよく考えましたが、かんがえられるのはお客の皆さん想像されるのと一緒で、新車みたいな輝き、新車以上の輝き、安心できる作業です。そして確実な磨きをして、その車持てる輝き最大に引き出して、ガラスコーティング剤しっかり定着させてくれるのが専門店で、そのあるべき姿ではないかと思います。そして車のガラスコーティング専門店でする意味ですが、愛車のポテンシャルを最大に引き出そうと思う変えどうか。またコスト的にDIYでガラスコーティング剤の塗りこみ何度かすればいいのでは?塗りこみだけなら確実に塗り込みやすくガラスコーティング施行は、可能です。

フロントガラスコーティングを自分で行う方法

フロントガラスコーティングを自分で行う方法をご紹介します。まずは、ガラス面に油膜が付着していないのが理想です。新車や綺麗なガラス面であれば、IICで販売しているウィンドウコート剤をフロントガラスに塗布して頂ければ超撥水性被膜を形成します。誰でも簡単に施工できるウィンドウコート剤は施工楽々!
1本でフロントガラス10台分ほどの使用も可能となります

フロントガラスが汚れている場合

フロントガラスに油膜や雨シミが付着している場合はガラス研磨剤を使用してガラス面に付着しているスケールや油膜を除去することが重要です。強力な溶剤となりますので簡単に油膜を除去することが可能となります。油膜除去はスポンジやウエスにガラス用研磨剤を塗布し、ガラス面を擦るだけで簡単に油膜やスケールを除去することが可能となります。(^^♪

ガラス面の油膜取り「磨き作業」が完了したら、洗車を行いガラス研磨剤の余剰成分を取り除いていきます。その後、しばらく乾燥させて,ウィンドウコート剤をガラス面に縦、横で塗り込んで施工完成です。

施工後に水をかけると超撥水性の被膜を形成します。

フロントガラスコーティングとワイパーブレード

水はじきやすくなったコーティング後のフロントガラスにワイパーをかければビビリ音がしてしまうことがあり、理由として水滴ついてないフロントガラスにワイパーかけてるからです。これはコーティング取れやすい原因ともなります。また改善策はグラファイトタイプのワイパーゴムを利用して見てください。そしてコーティングすればずっときれいなフロントガラス維持できるといったことではなくて、効果持続させるには日々の手入れが大事です。この手入れ怠ってしまえば効果の持続期間短くて、コーティング長持ちさせるのに注意すべきことがあります。汚れついたままならそこからコーティングはげやすくて1か月ぐらい掃除しなくてもきれいなまま維持できると思ってる人いますが、汚れなどはじきやすくするためで日々の掃除が必要です。そしてコーティング剤と同じ銘柄のウオッシャー液利用してみることも大事です。フロントガラスを洗車時の粗い方にも注意してください。研磨剤は言った洗剤利用したり、強くこすらないよう洗車してください。