DIYでガラスコーティングを施工

Pocket

DIYでガラスコーティングを施工

愛車を少しでもきれいに使いたい時はガラスコーティングをすると見栄えが良く、新車と同様な感じになります。DIYは最近では流行の手法で自分自身で道具を揃え、ガラスコーティング剤を使ってすると業者に依頼するよりもかかる費用を大幅に減らせて良いものです。業者に依頼する時は複数の内容を比較すると料金に変動があり、自分自身でしたほうが良いと考えることもあります。

DIYにチャレンジする時はコンパウンドやポリッシャー、ワックス落としカーシャンプーなどが必要で、ホームセンターや車用品店で販売されています。ガラスコーティングは車体の表面に被膜が付くようにしないと意味がなく、ワックス落としをする際にはおろそかにならないようにしたいものです。

ガラスコーティング剤は様々な種類があり、車体にきちんと付着して長持ちをするように決めると効果を出せます。DIYは工夫次第でかかる費用を減らせるため、体を動かしながら愛車がきれいになる姿を見守ると感慨深いものです。

ガラスコーティング施工のポイント

車ガラスコーティング専門店はボディを一回すべて磨いて施工しますからとても時間かかります。車ガラスコーティング専門店は施工品質工場で設備が充実してるのが多くて表立って見えないですが、そこにもコストかかります。洗車時いろいろケミカル、道具を利用してなるべく不純物残さないようにします。そして、拭き取り時エアコンプレサーを利用して水分できるだけボディに残らないようにして、温度、湿度極度な条件にならないようにエアコンも必要です。そして、車ガラスコーティング専門店施工費用が高い理由の1つの施工時間ですが、基本施工時間かかるのですが、施工期間施工にかかわる人数によって変わってきて、一概に時間かかるといえないです。しかし、一般にポリマーコーティング、ワックスより下地の仕上がりが最終的仕上がりに影響して、ほかのコーティング剤に比べて施工時間かかってきて、施工費が高くなる傾向に。そして車コーティング専門店は洗車しっかりやります。

ガラスコーティングの下地処理

車磨きの工程ですが、一番時間要します。磨かない場所保護するマスキングをして、ガラスコーティング剤がよく定着するよう車全体に磨きます。そして新車でも磨き必要で、これによって塗装表面の不純物徹底して除去するのです。そして磨いてさらにツヤアップさせます。仕様車両ですが、深い傷や浅い物もたくさんあって適宜磨きを入れて傷消しながらつや出していきます。車両状態によって難航定価繰り返してとても時間かかるのですが、これによって最終低仕上がりに大きく差が生じます。ガラスコーティングは油分など不純物の上に定着悪く、ポリマーコーティングみたいにポリッシャーによる施工難しくて磨き作業とコーティング作業完全な分業になったりするのが大半です。そしてスプレー式のものはコーティング用マスキングが手塗りのものは施工にたくさん時間かかるのです。最近ガラスコーティング剤はとても優秀ですが、ノーメンテではなく、実際ノーメンテのケースもわずかにありますが、限られた条件となります。

ガラスコーティングの下地処理剤はこちらからどうぞ