洗車とガラスコーティングのコツ

Pocket

洗車とガラスコーティングを検討されている方

洗車とガラスコーティングを行う際にまずは十分にポイントや注意点を理解しておきましょう!洗車はただ洗えばよいものではなく様々な注意が必要です。ガラスコーティングを施工する際にも塗り込み方や使用する溶剤によっても効果効能は異なります。今回はガラスコーティングと洗車についてお話をさせていただきます。

洗車の注意点

自分で洗車をする際に注意してほしいことは洗車をする時間です。
日中の晴れている時に洗車をしてしまうと水道水が乾いてしまいカルキや塩素の影響で塗装面にイオンデポジットやウォータースポットが付着してしまいます。出来るだけ朝の時間か夜に行うことが良いでしょう。また、曇りの日に洗車をするのも良いです。そして、走行した後に洗車をする際には塗装面がエンジンの熱で温まっているので大量の水をかけて塗装面を冷やすのも有効的です。

洗車は素早く

そして、洗車を行う際には素早く行うことが重要です。念入りの洗うのも良いですが、時間をかければかけるほど、水分が乾いてしまいます。その点も注意した上で洗車を行うようにしましょう!

洗車道具

洗車を行う際にはコーティングを施工してある車両にはコーティングと相性が良いボディシャンプー「洗剤」を使用することがおすすめです。又、これからコーティングをする方には弱アルカリ性のカーシャンプーがおすすめです。アルカリ洗剤は脱脂効果が高く、油分や泥汚れなどを分解してくれる効果があります。
IICでおすすめする弱アルカリカーシャンプーの購入はこちらからどうぞ!

洗車後の拭き上げクロス

洗車後に水を拭き上げる際にはマイクロファイバークロスが最も適しております。フェイスタオルは絶対に使用しないで下さい。綿が荒いため塗装面に細かい微細な小傷を付着させる原因となります。IICではコーティングプロショップが使用する高級マイクロファイバークロスをご用意しております。マイクロファイバークロスの購入はこちらからどうぞ!

ガラスコーティングについて

ガラスコーティング剤も種類は豊富で様々なメーカーから商品が普及しております。しかし、ガラスコーティングの溶剤一つで性能や効果が大きく異なります。その点も十分に理解をしてからガラスコーティングを施工するようにしましょう!
本格ガラスコーティングの購入はこちらからどうぞ!

ガラスコーティングの施工前の下地処理

ガラスコーティングを行う前には下地処理を十分に行うことが重要です。
自動車の塗装面には沢山の汚れが付着しております。新車でも油膜などの油やディーラー納車前の保護シールが塗装面に張られており、糊が塗装面に残っている可能性があります。先ずは弱アルカリ性のシャンプーで塗装面をしっかりと洗い、脱脂を行っていきます。その後、塗装面に付着しているスケール等をイオンデポジット除去剤を使用して表面のクレンジング作業を行います。この工程が完了したらガラスコーティングを塗布してOKです!
コーティング前におすすめの下地処理セットの購入はこちらからどうぞ!

ガラスコーティングの塗り込み

ガラスコーティングを塗り込む際には出来るだけ日中に行う方が良いです。ガラスコーティングの塗り込みにおける適した温度は15℃~25℃となります。
真冬でも晴れている日中であれば塗装面の温度は15℃以上になるため、ガラスコーティングが硬化しやすくなります。夏場では日中太陽光が当たるような場所で施工すると塗装面の温度は40℃以上になるのでガラスコーティング剤が硬化しふき取ってもふき取り切れなくなる可能性がありますのでその点も注意が必要です。

ガラスコーティングとガラス系コーティングの違い

先ほどお伝えしたガラスコーティングの塗り込みにおける適した温度ですが、ガラス系コーティングであれば関係ありません!ガラス系コーティングとガラスコーティングはどのように見分けるのかというと、ガラス系コーティングはプラスティックの容器に入っています。ガラスコーティングは瓶の容器に入っているのです。ガラスコーティングをプラスティックの容器に入れてしまうとガラスコーティングが硬化してしまい不良を起こすためガラスコーティングと言われる用品は全てガラス瓶に入っております。そこを見分けるポイントにしましょう!
ガラス系コーティングの購入はこちらからどうぞ!