洗車時のポイント

Pocket

ドアのトッテまわりで見かける傷ですが、この傷は家庭のもので簡単に消せるのです。そして、夏場に多いのはガラス、ボディについた虫の死骸ですが、ボディの色により目立たないためそのままにしてしまいますが、実際これがとても厄介で放置すれば取りづらくなったり、ボディを侵食したりします。そして、よく見て気が付くのは窓枠、ヘッドライトの隙間汚れですが、そうしたとき役立ってくれるのは歯ブラシです。洗車は水ば致しになりますから、真夏の昼下がりにやってみればすぐしくなっていいです。ですが、真夏の太陽のもとやるのはダメなのです。それは水がどんどん蒸発して跡がつくからです。水垢、ウォータースポットはなかなか取れにくくたった1つの過ちで気に入った車が汚れて後悔したりします。そして風邪強い日もダメです。そして、はじめ洗うべきなのはタイヤであり、ホースを片手にボディに水ぶっかけたくなるのですが、まずしゃがみ足元きれいにしてください。なぜならタイヤ、ホイールはとても汚れやすくて、ブレーキから鉄粉がかなり付着して、タイヤをあとから洗えばせっかくきれいにしたボディにタイヤ汚れ付着したりします。
洗車セットの購入はこちらからどうぞ