手軽にDIYでも施工出来るガラスコーティングについて

Pocket

大事に乗っている大切なマイカーは出来るだけ傷や汚れを付けたくないという方が殆どです。しかし、車は屋外に駐車したり走行する事が多いため外的な環境によって傷や汚れがボディーに付いてしまいます。そこで、車のボディー表面を保護出来るのがガラスコーティングです。ガラスコーティングは、車のメンテナンスショップやディーラー、ガソリンスタンドなどで施工してもらうケースが多いですが、DIYでも手軽に施工する事が可能です。しかし、正しい手順を守って施工しないとガラスコーティングが上手く車のボディーに密着しません。ガラスコーティングを施工する際の簡単な順序ですが、コーティングの前に下地の処理を行います。下地とはボディーの事で最初に洗車をして汚れを綺麗に洗い流します。次に市販で売っている鉄粉を取り除く粘土やカーシャンプーを使って鉄粉を除去します。仕上げに細かい傷によって出来た凹凸を平面にするためにコンパウンドで磨きます。最後に洗車して脱脂処理をした後にコーティングを施工します。順序さえ守ればDIYでも綺麗にコーティングが可能です。

手軽にスプレーコーティングなら撥水リキッドがおすすめ