DIYガラスコーティングの施工方法

Pocket

DIYガラスコーティングを施工する時は、まず洗浄から始めることになります。車のボディに鉄粉などが付いたままですと、見栄えも悪くなってしまうので、汚れを除去する訳です。付いたままの状態ですと、ガラスコーティング剤で鉄粉を閉じこめる事になってしまいます。もちろん鉄粉だけでなく、ピッチや脂分なども確実に除去しておく必要があります。
洗車が完了したら、マスキングを行います。ガラス面やゴム部分などは、ガラスコーティングされると困るので、マスキング用のテープで覆っておきます。
その後で、改めてコーティング剤を使用する訳ですが、塗りムラなどは要注意です。ムラがあると、仕上がりが悪くなってしまう傾向があります。そして乾燥すれば、施工は完了です。
なおガラスコーティングの施工方法は、製品によって異なります。その具体的な手順は、たいていコーティング剤のパッケージ部分に明記されています。ですから施工前に、注意書きなどを読んでおく必要があります。