洗車キズやスクラッチ傷の原因と対策

Pocket

洗車キズとは

普段塗装面を見ると細かいスクラッチ傷が付着している車を見かけます。日常的な洗車や拭き上げ時に付着してしまうスクラッチ傷「洗車キズ」は付着してしまうと研磨作業を行わない限り消えることはありません。出来るだけ普段のお手入れに気を付けて洗車キズを付着させないようにすることが重要となります。
洗車キズの確認は直射日光の下で塗装を見た時に細かい線キズが付着している場合は洗車キズと言えます。スクラッチ傷や洗車キズが多くなると塗装面がくすんでしまい光沢が低下してしまうのです。特に濃色車などの濃い色の車は洗車キズが目立ちやすくなります。

洗車キズがつく原因

洗車キズは普段のお手入れで付着します。ですので、出来るだけ普段の洗車に気を付けることが重要となります。車体に砂利や埃などの異物が付着している状態でタオルで擦ってしまうと当然キズが入ります。埃を取るために毛ばたけを使用する方も少なくありませんが、そんなことをしては砂利で擦っているようなものです。また、フェイスタオルのような綿が荒いタオルで車体を拭いてしまうと洗車キズが入ってしまいます。一番悪い影響を及ぼすのはボディカバーです。ボディカバーは塗装面を紫外線から守ってくれる効果がありますが、風が強い日にボディカバーを使用していると塗装面とカバーの摩擦で無数の洗車キズ「スクラッチ傷」が付着します。

洗車キズの対策

洗車キズをつけないために心掛けることは洗車以外は出来るだけ塗装面を触らないことです。洗車以外に塗装面を触ってしまうと必ず洗車キズが付着してしまいます。普段のお手入れはたっぷりと水で塗装面を洗い流して、出来るだけ砂利などの汚れを落とすように心掛けましょう。可能であれば高圧ガンなどを使用して水流で表面の汚れをしっかりと流していきます。そして、洗車時は極力、力を入れずに(洗う)(拭く)をここ度がけることで塗装面に洗車キズを付着させづらくなります。最後に、洗車時は塗装面が冷えている時に洗うのがポイントです。塗装面が熱くなっている時は塗装面が柔らかくなっており、キズが入りやすくなります。その点を注意した上で洗車をするようにしましょう!

洗車のポイント

出来るだけ柔らかいウレタンスポンジ
ウレタンスポンジで塗装面を洗うことによって摩擦を軽減することが可能となります。出来れば、凹凸のあるスポンジを使用することで更に摩擦を減らすことが出来ます。また、くぼみ部分に砂利が入りこんでくれるため、砂利などの異物で塗装面を傷つけるリスクを軽減します。

泡立ちの良いカーシャンプー
泡立ちの良いカーシャンプーを使用することで、塗装面とスポンジの滑りが良くなるため、摩擦を減らすことが可能となります。また、水洗いで取れないような汚れも科学的に除去してくれる為シャンプー洗車でのお手入れがおすすめです。

マイクロファイバークロス
マイクロファイバークロスも綿が荒いものから細かいものまで様々です。柔らかいマイクロファイバークロスを使用することで極端に塗装面にキズをつけるリスクを軽減します。また、水分の拭き上げ時には塗装面にマイクロファイバークロスを広げて、マイクロファイバークロスの両端を持ち、引っ張るようなイメージで拭き上げることで塗装面に手の力が加わらないためキズが付着にしくくなります。

プロが伝授する正しい洗車方法は動画をご覧ください。

上記の事に注意して普段のお手入れを行うことで、常に綺麗な状態をキープすることが可能となります。
プロショップが開発した洗車おすすめ3点セットは洗車キズが付着しにくくなりますので是非ご利用下さい。

洗車アイテム3点セットの購入はこちら