DIYガラスコーティングの施工手順

Pocket

DIYガラスコーティングの施工手順は?

車を美しく綺麗にしてくれるガラスコーティング。しかし業者に作業を依頼した場合高額な費用が必要になるため、気軽にお願いできるものではありません。ワックスを塗布することでも車のボディを綺麗に保つことは出来ますが、その場合数週間に1回程度の作業が必ず必要になるため、ガラスコーティングと比べるとコスパも悪く作業時間を取られるというデメリットもあります。せっかくの休みが車のワックス掛けだけで終了してしまうということも少なくないので、いかにガラスコーティングが優れているのかが分かるでしょう。
自分でガラスコーティングをする際には正しい施工手順を理解した上でご使用いただくことが重要となります。
当店おすすめ親水性DIYガラスコーティングの購入は下記をクリックしてください。

実はこのガラスコーティング作業は自分で行うことが可能であり、その場合業者に依頼するよりも遥かに安価な費用でコーティングを行うことが出来ます。自分でコーティングをする場合の施工手順や注意点を理解しておくことで、失敗することなく車を綺麗にすることが出来るでしょう。

DIYガラスコーティングの正しい施工手順

DIYガラスコーティングをするためには、正しい施工手順を踏んで作業をしなくてはいけません。何故なら作業工程を間違えるとガラスコーティングが綺麗に出来ないということもあるので、見た目だけでなくガラスコーティングの寿命にも影響してしまいます。
基本的な施工手順は洗車→下地処理→乾燥→脱脂→ガラスコーティング塗布という施工手順を踏む必要があり、どの作業も手を抜くことなく行う必要があります。特に洗車は念入りに行う必要があるため、適当に汚れを流れ落とすだけではダメだと考えましょう。何故洗車が重要なのかといえば、ガラスコーティングをする際に砂や鉄粉、汚れが残っていると、その部分だけガラスコーティングが不完全な状態になるためです。
これは筆者が実際にガラスコーティングを行って感じたことですので、自分で作業をする場合はいかに丁寧に気を配り行うかが重要なポイントとなるでしょう。洗車は市販のカーシャンプーで十分汚れを落とすことが出来ますので、車のボディがつるつるになるように汚れをしっかりと洗い流すことでその後のガラスコーティングの施工をスムーズに進める事が出来ます。
ガラスコーティング施工前の下地処理セットはこちらからどうぞ

DIYガラスコーティング施工時の洗車手順

洗車後には水気を無くする為にしっかりと乾燥させることも重要です。乾燥が不十分だとそれが水垢の原因になる場合もあるので、水気をしっかりと拭き取りボディを乾燥させるようにするのもポイントといえます。
次に下地処理の作業ですが、洗車をしただけではまだ不十分で、ボディには雨等による水垢などが頑固に付着していますので、それを落とす作業が必要になります。水垢だけでなく、車のボディには油膜やイオンデポジットなどの汚れも付着しておりますので、下地処理の作業でそれらを除去しボディにガラスコーティングが付着しやすい状態にするわけです。
この下地処理作業無しでコーティングをすると、ムラになってしまうなどのトラブルが起こるので洗車後にはしっかりと下地処理の作業を行いましょう。下地処理の如何でガラスコーティングの出来栄えにも大きな差が生じることになるため、車のことを考えて念入りに磨きを行うことが重要です。
塗装面に付着しているイオンデポジットを除去するならイオンデポジット除去剤

 

ガラスコーティング施工前の脱脂手順

下地処理の作業が終了したら次は脱脂を行います。この脱脂は車に残っている油分を完全に落とすための作業ですので、これも手抜きをしてはいけません。下地処理後には必ず脱脂作業を行う必要があります。もしワックスなどをかけている場合も、脱脂を行わないとガラスコーティングが上手く出来なくなるので注意が必要です。油分をしっかりと取り除いたら、できれば再度洗車を行うほうがよいでしょう。洗車をすることで余剰成分も完全に除去することが出来ます。下地処理後の脱脂はボディシャンプーを使用すると効果的です。
ここまでがガラスコーティングを施工する前の下ごしらえとなります。この作業をしっかりと行うことが、自分でガラスコーティングを施工する際に失敗しないポイントとなります。

DIYガラスコーティングの施工手順は?

自分でDIYガラスコーティングを行う場合、市販されているガラスコーティング剤を購入する必要があります。市販のものは1万円程度から購入することが出来ますので、業者に依頼するよりもかなり安く入手出来ます。基本的にはガラスコーティング剤をボディに塗布し薄く延ばしていき、それを拭き取るという作業手順を繰り返します。一度に広範囲に塗るのではなく、部分的に少しずつ塗りすすめていくのが、正しい施工手順のポイントです。広範囲に塗ってしまうとどうしてもムラになりやすく、ガラスコーティングにムラが出る場合があるので注意しましょう。それとガラスコーティング剤はボディのみに塗るのが基本ですので、塗りたくない部分(ゴムやプラスチック部分)には施工前にマスキングを施しておくと良いでしょう。そうすることでもしはみ出た場合でもガラスコーティング剤がゴム部分などに付着するのを防げます。
ボディ全体に塗りおえたら、その後12時間程度は雨などの水分が付着しないようにする必要があります。これはガラスコーティング剤がその効果を発揮するまでにそれだけの時間がかかるためで、その間に雨などで濡れるとコーティング被膜が剥がれてしまう恐れがあるためです。完全にガラスコーティング剤が硬化するまでには数週間かかりますが、12時間を越えれば通常の利用は可能になるのでその点は問題ないでしょう。
このように自分でガラスコーティングを行う場合は正しい施工手順と注意点を理解し、出来るだけ丁寧に行うことがポイントとなるので、車のことを考えて作業を行いましょう。

IICでは窓ガラスコーティング剤もおすすめしております。