創業20年のコーティング剤プロショップ
ガラスコーティング剤専門店のカーケア商品
ガラスコーティング剤ご使用のお客様の声
創業20年のコーティング剤プロショップ
SCHILD®シリーズ

SCHILD®(シルト)シリーズのガラスコーティング剤&洗車用品はコーティングプロショップのカービューティーアイアイシーが開発した高性能商品です。コーティング専門店で実際に使用する業務用溶剤をDIY向けに開発したので他の製品に比べ効果効能に優れ愛車の輝きをトータルでサポートします。
この機会にシルトシリーズを是非お試し下さい。

ガラスコーティングラインナップ

SCHILD®(シルト)ガラスコーティング剤は豊富なコーティング剤をご用意しております。
ガラスコーティングは駐車環境やボディカラー、駐車環境によって最適なコーティング剤は異なります。IICショップでは、撥水コーティングを初め親水タイプや滑水タイプの3種類のコーティング剤をご用意しております。お好みや使用環境に応じてお選び下さい。

性能別にコーティング剤を選ぶ

車の色と駐車環境で分かるおすすめラインナップ

車の色と駐車環境で分かるおすすめラインナップ硬化型ガラスコーティング剤一覧はこちら

ガラスコーティング剤の水弾き(タイプ)を選ぶには駐車環境と洗車頻度、ボディカラーで選ぶ必要があります。下記の特徴を参考にコーティング剤選びにお役立て下さい。

撥水コーティングの特徴

水滴がコロコロ弾く撥水コーティングは汚れ落ちが良く、洗車も楽しくなります。コーティングが効いている満足感も得られる商品です。一方、水滴がレンズ効果の役割と果たし、塗装面にイオンデポジットやウォータースポットが付着しやすいというデメリットがあります。

滑水コーティングの特徴

滑水タイプは親水と撥水の中間的な水弾きとなります。塗装面へのイオンデポジットやウォータースポットの付着を軽減すると同時に洗車時の汚れ落ちも抜群の商品です。

親水コーティングの特徴

水滴が塗装面に馴染むため、撥水タイプのコーティング剤に比べて、イオンデポジットやウォータースポットが付着しづらくなります。一方撥水コーティングに比べると水弾きが鈍いため、コーティングが効いている満足感は得られづらくなります。

ガラスコーティング剤の選び方を詳しく見るならこちら

コーティングメンテナンスにも使えるガラス系コーティング剤

※コーティング未施工車にも使えます。

コーティング後のメンテナンスが必要な理由

どんなによいガラスコーティング剤を施工しても、コーティング被膜の上に汚れが蓄積されたり、紫外線や酸性雨によりダメージが加わります。そのダメージを適度にメンテナンス剤でお手入れすることでコーティング表面の汚れを落としコーティング被膜の寿命を延ばすことが可能となります。また、コーティング未施工車においては、ガラスコーティング施工車に比べダメージが多く加わるためガラス系コーティング剤で塗装面を保護することでそれらのダメージを軽減させることが可能となります。

自分で出来るコーティングメンテナンス方法の解説記事はこちら

コーティングメンテナンス商品一覧

用途別硬化型ガラスコーティング剤

SCHILD®商品人気ランキング

人気コラム記事一覧

施工方法を動画にてご紹介


youtubeチャンネル

お得なセット商品

カテゴリー

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

商品を検索する

IICについて

IICについて

お支払い方法

クレジットカード払い

クレジットカード払い

コンビニ決済

コンビニ決済

ネットバンク

ネットバンク

銀行振込

郵便局・銀行のATMでお支払ください。
【振込先】
千葉銀行 本八幡南支店
普通口座 3180196
カ)カービューティーアイアイシー

代金引換

セールスドライバーへ現金もしくは電子マネーにてお支払いください。
代金引換手数料(税込):
1万円未満 324円
1万円以上~3万円未満 432円
3万円以上~10万円未満 648円
10万円以上~30万円未満 1080円