イオンデポジットとウォータースポットの違い|イオンデポジットの知識

Pocket

イオンデポジットとウォータースポットの違い

イオンデポジットとウォータースポットの違いは、自動車の塗装表面に水滴が乾いてシミになっているのが、イオンデポジットと言います。ウォータースポットは塗装内部にシミが侵食しており、塗装が窪んでしまっている状態をウォータースポットと言います。ウォータースポットは研磨剤で塗装面を研磨しないと取れないシミとなります。一方、イオンデポジットは溶剤で落とすことが出来るシミとなります。
イオンデポジットが進行してしまうとウォータースポットになってしまいます。イオンデポジットが塗装面に付着している状態でケミカル剤などを使用して、ウォータースポットに悪化してしまうのを防ぐ必要があります。

イオンデポジットとは

イオンデポジットは自動車の塗装表面に水滴が残り、シミが付着している状態とお伝えしました。イオンデポジットは自動車のボディに付着しやすいため、普段のお手入れが重要となります。また、一度付着してしまうと洗車などでは取ることが出来ません。そのイオンデポジットを放置していると塗装内部に侵食してしまい、ウォータースポットになってしまうのです。車の磨き作業を行わないと取れない程、ウォータースポットは厄介となります。自動車のボディにイオンデポジットが付着すると塗装面の光沢を軽減してしまい、塗装面がくすんでしまうことにも繋がります。ガラスコーティングの密着性も軽減させてしまうので、これからコーティングをしようとしている車両は下地処理でイオンデポジットを取り除く必要があるのです。また、ガラスコーティングを施工してある車両にイオンデポジットが付着すると、防汚性効果が半減し、水弾きも鈍くなってしまうのです。

ウォータースポットとは

ウォータースポットはイオンデポジットが進行することで付着するとお伝え指せて頂きました。ウォータースポットも放置していると、塗装面の陥没が進み、研磨作業でも取り切れない程、深いシミに変わってしまうのです。ウォータースポットは塗装面に水模様に穴が空いている状態を言います。顕微鏡で見ると塗装面に窪みが出来ているのが分かります。簡単に言うとイオンデポジットは塗装面に付着しているため溶剤でとることが出来るのに対して、ウォータースポットは研磨作業で塗装面を磨かないと取れないシミです。
イオンデポジットが付着した段階でウォータースポットにさせないためにも早めの対策が重要となるのです。
ここで注意しなければならないことは、ウォータースポットが悪化すると研磨作業でも取り切れない程、深いシミになってしまうことを理解しておきましょう!

イオンデポジットが付着する原因

イオンデポジットが付着する原因は2つあります。まず一つは、水道水が原因です。水道水にはカルキや塩素、カルシウム、マグネシウムなど様々な物質が含まれております。お風呂場の鏡をイメージして頂くと分かりやすいですが、お風呂の白い水シミは全て、カルキやマグネシウムが原因となります。
自動車でいうと、洗車後の拭き上げが甘いと、塗装面にカルキやカルシウムが残り結晶化してしまいシミを付着させます。炎天下での洗車も禁物です。炎天下で洗車をしてしまうと、洗っている最中に水道水が乾いてしまうためシミが付着しやすくなります。
2つ目の原因は酸性雨による付着です。塗装面には花粉や黄砂など様々な汚れが付着しています。その汚れと酸性雨が混ざることによって塗装面にイオンデポジットが付着してしまいます。出来るだけ早めに洗車をすることと、塗装面を出来るだけ綺麗な状態に保つ必要があります。

イオンデポジットの対策

先ほど述べたようにイオンデポジット対策はマメにボディの洗車をすることです。塗装面が汚れたまま放置していると酸性雨が付着した際に塗装面にシミ上の汚れが付着します。これを放置していると炎天下で放置している車両は熱による焼き付きが起こってしまうため塗装面に頑固に固着してしまいます。濃色車のボディは夏場の炎天下で車を放置していると、塗装面の温度は80℃近くになってしまいます。この焼き付きが一番、塗装面にとって良くないので、塗装面を出来るだけ綺麗に保っておく必要があります。青空駐車の最適な洗車回数は月2回~3回が理想です。
毎週洗車をされている方はほとんどシミが付着していないという検証データーもあります。
洗車を頻繁に出来ない方は雨が降った後には出来るだけ早い段階で洗車をして頂くとよいでしょう。また、洗車の際には日陰で行うことと、洗車の作業時間を早めることです。どうしても念入りに洗ってしまいがちですが、時間をかけて洗う=水が乾く

リスクが高くなります。水道水が乾かないように気をつけながら洗車をするとよいでしょう。重要なポイントは塗装面の温度を冷やしてから洗車をするとよいでしょう。間違っても夏場のカンカンに晴れている時間帯の洗車はNGです。

ウォッシャー液に注意する

ウォッシャー液にも注意することが必要です。ウォッシャー液には様々な成分が含まれております。ワイパーを使用する際にウォッシャー液を使用してしまうとガラス面やウォッシャーノズル周りにウォッシャー液の成分が付着してしまいシミとなってしまいます。

井戸水での洗車は絶対に避ける

井戸水の成分は塗装面にとってよいものとは言えません。水道水よりもカルシウムやカリウムなどが豊富なため、洗車後の水分を丁寧に拭き上げてもシミが付着します。カルシウムが結晶化されたものが塗装面に多く付着するため、イオンデポジット除去剤を使用しても簡単には取り切れないほど深いシミに侵食してしまう可能性があります。井戸水洗車を行わないよう注意が必要です。地方のガソリンスタンドでも井戸水を使用しているケースがあります。また、コイン洗車場でも井戸水を使用している可能性があるため、井戸水洗車に注意しましょう。

凍結防止剤

凍結防止剤はアルカリ成分となります。アルカリ性は浸透する力が非常に強いため、塗装面の内部に入り込む力が強くなります。塗装面に残留したまま放置してしまうとガラスコーティングの被膜を劣化させる原因にもなります。もちろんシミの付着原因井もなりますので雪道を走った後には出来るだけ早めに洗車をしておく必要があるのです。

イオンデポジット以外のシミ

鳥の糞や虫の死骸にも注意しなければなりません。また、木の実なども塗装面のクリア塗装を犯してしまう可能性が非常に高くなります。鳥の糞は酸性濃度が非常に高いため、塗装面に付着させたまま放置しているとクリア塗装を変色させたり、時によっては剥離させてしまうこともあります。鳥の糞が付着した場合は出来るだけ早めに取り除いて下さい。2日以内が理想です。

イオンデポジットが付着した場合は、早期に対応することでほとんどのシミが取り除くことが出来ます。ガラスコーティングを施工してある車両にはイオンデポジット除去剤を使用してしまうとガラス被膜が剥がれてしまうため、IICでは、メンテナンスクリーナーと雨染み除去シャンプーをおススメします。

メンテナンスクリーナーの使用方法

まずは洗車をします。洗車後の塗装面「水が残った状態」でメンテナンスクリーナーを塗装面に塗り込むことによってコーティング被膜に付着したシミ汚れを落とすことが可能となります。コーティング専用メンテナンスクリーナーとなりますのでコーティング被膜を傷めることもありません。また、メンテナンスクリーナーにはコーティング被膜の保護成分も含まれているため、コーティング被膜の寿命を延ばすこともできる優れた商品です。

コーティングメンテナンス剤

メンテナンスクリーナーの購入はこちらからどうぞ

雨染み除去シャンプー使用方法

雨染み除去シャンプーは洗車時に使用するカーシャンプーです。塗装面に付着した軽度なイオンデポジットであれば雨染み除去シャンプーで簡単に取り除くことが可能となります。使用方法も通常の洗車を雨染み除去シャンプーを使用して頂くだけで十分です。頑固なシミは雨染み除去シャンプーをつけ置き「3分程」して頂くことでとりやすくなります。


雨染み除去シャンプーの購入はこちらからどうぞ

頑固なイオンデポジットには

頑固に付着しているイオンデポジットはイオンデポジット除去剤を使用して頂くと簡単に取り除くことが可能となります。
イオンデポジット除去剤は塗装面が乾いた状態で塗装面に付着して頂き、マイクロファイバークロスで拭き上げていただくだけで簡単に取り除くことが可能となります。
ガラスコーティングを施工してある車両に使用するとコーティング被膜が剥がれてしまうため、ガラスコーティングを剥がしてでもシミが取りたい場合に使用して下さい。これからガラスコーティングを施工される方にはイオンデポジット除去剤がおすすめです。
イオンデポジット除去剤

イオンデポジット除去剤の購入はこちらからどうぞ

イオンデポジット除去剤の使用方法を動画でご覧ください。

まとめ

イオンデポジットは洗車の仕方一つで付着します。洗車後の水分は必ず拭き上げるようにすることと、洗車時に水道水が乾かないように注意することが重要です。また、雨天走行した際や雨に濡れてしまった時も残留物を塗装に残さないためにもマメに洗車をすることが重要と言えます。普段のお手入れを注意して快適なカーライフを!!