おすすめのコーティングと価格相場

ガラスコーティングは正直価格が高いですが、どれぐらい高いのかといえば、最大20万円程度かかると思って下さい。。そして持続期間と耐久性はイコールであり、長いもので10年もつといわれますが放置で傷が防げるというのは誤解しています。確かに10年は塗装の4番目のクリア塗装のところは守られるでしょう。ですが、ガラスコ―ティング自体傷がついて、傷が深く浸透しないだけで表面は傷だらけになることが多いのです。実施ああなた自信イメージできるでしょうが、スマホなど強化ガラス使ってく打ち汚れなどが分かるような状況になります。車は日常的に外気さらされる以外に細かな砂粒などとこすれ当て結果スマホよりわかりやすく傷がつきます。その傷から砂ぼこりなどは言って、汚れになったりします。そのため耐久性高くても傷、汚れ完璧防げるのでhないのです。そしてポリマー系コーティングと比較してガラスコーティングは通夜感出にくいですが、つや出したければワックス化ポリマー系の施工をするほかありません。また高いお金払うならもっと違う方法もあります。私がお勧めするのはポリマー系です。つや出ますが1年に1度は再度かけなおすべきものです。覚えておきましょう。

超撥水コーティング剤

ポリマーコーティングとガラスコーティングの違い

ポリマー系コーティングは樹脂を車表面に着けて膜みたいな形で保護してwくコーティングですが、どちらかといえば柔らかいという感じで磨くことでつやが出やすくなります。よくピカピカになるといわれるコーティングがこれです。ですが、ワックスよりましですが、耐久性して長くなくて、1年に1回程度再度コーティングすべきといえます。そしてガラス系コーティングは文字通り車表面にさらにガラス面を作い感じで、うっすらとガラス塗りつけていくような感じです。そして硬いというイメージで耐久性は抜群であり、結果5~10年の耐久性あります。ですが、ポリマー系のコーティングと比較し谷間塗料面そのままの色が持続すると思っていてください。そして最近スマホへもガラスコーティングを施工する業者はいますが、これは車へのガラスコーティングと一緒で、特別ツヤ感が出ません。そして、自分では絶対にならないほうがよくて、塗装面にむらができて結果的に表面の光方ゆがむということがあります。表面の光方変われば車自体歪んでしまってきれいな車も何か不格好になります。そしてうまくほこりなど取り除けなければコーティング剤がこれから閉じ込めることになって、結果汚れついたままとなります。

ガラス系コーティング剤の購入はこちら

カーコーティングの役割と効果

人により車買うときの決め手になるボディカラーとなる塗料はボディと密着して塗装時発色なるべく長く維持するよう作られています。ですが、性質上各種有機材配合によって成り立ってることがあり、純粋な汚れ以外に紫外線、雨水にふくまれてるミネラル成分と塗料中含まれてる有機成分との化学反応の変色は避けられないです。そして塗装は効果時の過程で目に見えないピンホールを形成して、それに汚れが堆積してそれが劣化原因となります。そして塗料本来の発色、風合いを保って塗料の劣化防ぐ、塗料をカバーするのが本来のコーティングの役目です。ですから車ピカピカになるだけだといいコーティングとハイエナです。輝き長持ち、色劣化しないなど条件がそろいいいコーティングなのです。そして、親水コーティングはコーティング作用で水の表面張力を分散させて大きい水玉作らないようにして、その名通り水と親しいコーティングであり三潴泊まって流れます。ガラスコーティングは第5相的役目で施工され、さらなる保護面で上からガラス面を作り上げてくといったイメージなので鵜s。ワックスは磨けばつやが出ますが、汚れなど付着して、手入れする周期短くて最近マイナーです。

スプレータイプのコーティングのやり方と特徴

ガラスコーティングをスプレータイプを利用して塗布するならメリットは手軽さがあり、自分で作業するならスプレータイプのガラスコーティング剤を買って、あとはスプレー吹きかけ塗布していくといいので、慣れてない人もしっかり作業ができます。特殊な皮膜で汚れに強くなる以外に水はじいてくれて水垢など防止になります。デメリットは完璧なコーティングは自分で難しいことです。スプレータイプが扱いやすいですが、自分でやればムラ出たり被膜形成刑が不十分になることが多いです。業者に施工してもらうときに比べて費用安いのですが、作業の質もひくくなると思ってください。また、ガラスコーティングはdiyですることもできますが、プロに任せるのが理想です。プロの業者依頼するときはそれなり費用がかかりますが、質の高い作業をしてくれて、しっかりコーティング剤塗布してくれ仕上げもばっちりであり車にとってはプロに任せるのがいい方法です。定期的メンテナンス含めプロにお願いすると常に愛車を最適な状況に保てます。また愛車保護するためガラスコーティングは大事ですが、しっかりコーティングしてもらいたいですが、自分でやるかプロに任せるか慎重に検討してください。自分でやるなら費用抑えられますがデメリットが目立ちます。

スプレータイプのカーコーティング剤

ガラスコーティングはカーコーティング専門業者に任せ安心を

ガラスコーティングの施工法としては、カーコーティング専門業者に工賃を支払い全てを任せてしまう方法と、独力で用具やスペースを整え行う方法の2つがあります。
ただガラスコーティングの素材は大変デリケートで取り扱いに注意を要しますし、塗布後コーティング剤をしっかり乾燥・定着させる、温室度管理が行き届いた環境が必要となってきます。
独力でガラスコーティングに適した環境を整えるのは非常に大変な上、ハイレベルな塗布技術も必要となってきます。また用具もコンパウンドやポリッシャーを始め多岐に渡り、揃えるのも大変ですから、余程腕に自信がある人でも無い限り、カーコーティング専門業者に任せた方が安心です。
カーコーティング専門業者は、熟練スタッフと塗布・乾燥に適した環境を万全に揃え、ムラの一切無いハイレベルなガラスコーティングを施工してくれます。
コーティング剤の乾燥も、ガラスコーティングの大敵となる埃が一切立たず、温室度管理万全な室内でじっくり行われますから、最高の仕上がりを約束してくれます。
またガラスコーティング剤に関しても、上質なオリジナルブランドを扱っている業者が多く、魅力は一杯です。
工賃も含め高価なガラスコーティングですが、なるべく信頼の置ける専門業者に任せ、安心を得たいところです。

自分で出来るガラスコーティング剤

車のコーティングの種類を把握しておく。種類で効果が変わる

愛車守るケアで洗車はとても大事であり、人でいうところの入浴です車は知らせれば汚れたまってきて塗装そのもの傷んだり見た目のイメージ悪くなりますから、洗車できれいにしてあげる必要が出てきます。ですがわたしはきれいにキープしたいが洗車面倒といった人もいることでしょう。洗車の時間大幅短縮したければガラスコーティングがよいです。クリア塗装されてない車洗車で綺麗にするとき5時間以上かかりますが、ガラスコーティング施工してると数十分程度の時価で済みます。また洗剤、シャンプーの洗いのこしあればガラスコーティングにダメージが加わり耐久性落ちるケースがありますから、念入りに水ですすぎましょう。そして、ガラスコーティングをdiyするときコーティング剤も自分で買って用意します。この時チェックしてもらいたいのは撥水性、親水性の違いであり、どちらも水はじき水垢など汚れ防止となりますが、水の防ぎ方はそれぞれ違ってきます。揮発性は水かかれば水玉作って、その水玉が流れる形です。一方、親水性は水が車なじむよう広がって、そのままおちる形になります。また、親水性のほうは水がなじむ性質ではじいてるのがあまり感じられないと思います。

ガラスコーティングの種類

ガラスコーティングのコスパは最高

車のガラスコーティングは堅い被膜で表面のツヤ長期にわたり持続させられるのは大きいメリットです。何も施さない状況と比較してガラスコーティングで車ボディ綺麗に維持可能です。どうしてガラスコーティングでツヤ維持できるのかですが、自動車の塗装は3層から4層で構成され、一番外にクリア塗装を施してつやを出します。ガラスコーティングはさらに表面ガラス質の皮膜で覆って、ツヤ出しながら塗装を酸化、キズから守れます。1回の塗布で数年は効果持続して皆さん考える以上ガラスコーティングのコスパは最強です。

また、ガラスコーティングは親水性に優れますが、愛車の表面にガラスコーティング施していき水に強くなります。元から車表面に施されてるクリア塗装にも撥水効果ありますが、年月経過によりだんだん劣化します。雨上がりの車放置すれば水垢、シミができて、その理由は複数あります。乾燥して水分蒸発すればミネラル分など不純物だけ残って白く見えたり、同じ個所に汚れ蓄積して巨大化して簡単に落とせなくなります。もし薄いクリア塗装の上からガラスコーティング施してみれば撥水機能向上して水垢、シミなど頑固な汚れつきにくくなります。ひと口にガラスコーティングといっても色々種類があります。

ガラスコーティング施工のタイミングは愛車購入時がベスト

カーコーティングの中でも最も優れた耐久・耐ストレス性を発揮するガラスコーティング。その寿命も極めて長く、上質なブランドともなると3年をゆうに超えるケースもあります。
その為、施工のタイミングを見誤ると、ガラスコーティングが寿命を迎えるはるか以前に愛車自体の買い替えが必要になってしまう等、大変無駄の多い結果となってしまいかねません。
数万円は当たり前、高級ブランドとなれば10万円以上掛かってしまうガラスコーティングですから、無駄は許されません。施工のタイミングはコーティングの寿命ギリギリまで愛車を乗り続けられる、という条件が大前提でしょう。そうなれば、愛車の購入と同時にガラスコーティングを施工するのがベスト、という事になります。
新車購入と同時にガラスコーティングを施工すれば、最もフレッシュな段階の塗装や外装を護る事が出来ます。また頻繁に愛車を利用している最中に施工業者に預け、数日以上という長い期間愛車無しで過ごすというリスクを避ける為にも、購入後なるべく早目に施工して貰い、手間暇から解放されるのが正解なのです。
もちろん上質なガラスコーティングを施工しても、確実に日々汚れは溜まりますから、定期的な洗車は必要です。ただ水洗いの度に出現する新車同様の輝きは、ガラスコーティングでしか味わえない感動に違いありません。

滑水ガラスコーティング剤の購入はこちら

耐久性や強度、美観に最も優れるガラスコーティング

カーコーティングは、泥汚れや傷、紫外線等のストレスから愛車の外装や塗装を護る為の最もポピュラーな方策です。
カーコーティングとひと口に言っても実際は様々な種類があり、それぞれに長所・短所が存在しています。最も安価で気軽に施せるカーコーティングとして油脂系のカーワックスが挙げられますが、寿命が大変短く、早ければ数週間ごとに塗り直しが必要となる為、コストの割に掛かる手間が大きいのがデメリットです。
その点ガラスコーティングは紫外線に強く、極めて強固な性質を持つガラスが主成分となっており、寿命が極めて長いのが特徴です。上質なガラスコーティングなら数年以上の耐久性を持っており、その間塗り直しが一切必要無いというメリットがあります。
強固なガラス皮膜は、カーワックス以上に様々なショックやストレスから塗装や外装を守ってくれます。またガラス皮膜は単に強固なだけでなく、カーワックスとは比べ物にならない位の光沢を発揮してくれる為、愛車に高級感を醸し出したい際にも最適です。
ガラスコーティングは付着した汚れが簡単に落ちる為、洗車も基本的に水洗いのみで十分な光沢を発揮してくれます。普段から忙しく中々洗車に時間を割けない…というオーナーにも嬉しいカーコーティングと言えるでしょう。

ガラスコーティング剤はシルト硬化型コーティング

ガラコで超極力撥水に感激!

私は、ガラスコーティングと言う言葉自体を知らなくて、どこへ出かけるにしても、ノンコーティングで出掛けておりました。ガラスコーティングの重要性を垣間見た瞬間としましては、たまたまお義父さんの運転する車に乗らせて頂く形で、その日積乱雲が発達しておりまして、大量の大粒の雨が降ってくる形になりました。そこで、初めてワイパーを強にしても、前が全く見えないと言う経験をすることで、初めてガラスコーティングの重要性を痛感することになりました。結局その日のお義父さんの運転のスピードとしましては、いつもの半分の距離で走行することになりまして、非常にゆったりした速度で、物凄く悔しい思いをする形になりました。自宅に帰ってから、大粒の大量の雨に備えまして、私は、「ガラコ」を購入しました。理由としましては、以前にテレビCMで見かけたことがありましたので、「これなら大丈夫!」と言う強い安心感でありました。ガラコの価格的には概ね2000円以下で購入することができました。撥水力としましては感激するレベルでした!たまたま強く打ち付けてきた雨も、視界が遮られることはなく、上へ上へ撥水してくれる状況で視界も最高に冴えました!

窓ガラスのコーティングはプロ仕様がおすすめ