ガラスコーティングの種類と持続期間

ガラスコーティングの歴史

カーコーティングの歴史は1970年代頃に開発されました。車の塗装を保護する目的で開発された製品です。当初はカーワックスが主流でした。その後、ポリマーコーティングが開発され、ワックスよりも耐久性が高い商品として位置づけられています。

コーティングを施工する理由は様々ですが、基本的には塗装面の光沢維持と汚れづらくさせる効果を得るために施すのです。しかし、ワックスのデメリットは紫外線による劣化が激しいという点と、熱による劣化が激しいという点です。

次に、1990年代にガラス系コーティングが製品化されます。ガラス系コーティングとはポリマーコーティングやカーワックスに比べても耐久性が高いという点です。多くのカーディーラーや量販店でもポリマーコーティングを取り扱っております。

次世代製品のガラスコーティング

ガラスコーティング剤が開発されたのが、2000年代となります。ポリマーコーティングやカーワックスと比べ、耐久性や持続期間が圧倒的に長くなりました。耐久性が3年~5年と言われるものが多く、ポリマーやワックスに比べ、圧倒的な耐久性を誇ります。ポリマーコーティングやワックスは有機系溶剤となるため、紫外線による劣化が激しい点と熱による劣化が激しいという点です。硬化型ガラスコーティングは紫外線による劣化がしづらい点と熱に強いため、おすすめのカーコーティングです。
コーティング被膜が塗装面に付着する油汚れの浸透を防ぎます。

カーワックス

ワックスの主成分はカルナバ蝋(ろう)です。カルナバ蝋は、ヤシ科の植物から開発された天然素材です。特徴としては自動車に塗布することが出来ない程硬いということです。しかし、自動車の塗装用に開発されたワックスは、石油系溶剤で柔らかくして塗装に塗り込めるようにしております。石油系溶剤は有機系となりますので耐熱温度や紫外線による劣化が乏しいのです。もちろん、何もしないよりはワックスは効果的ですが、紫外線による劣化を進行させてしまうため、ポリマーコーティングはガラス系コーティングに比べると効果は低いと言えます。また、デメリットは人口的に作られたワックスは油汚れが付着しやすく、雨染み「イオンデポジットやウォータースポット」の付着原因ともなります。カーワックスには固形タイプと半練りタイプ、液体タイプとありますが、どれも良いものとは決して言えません。
どうしてもワックスを使用したい方は液体ワックスがおすすめです。固形や半練りタイプは塗装のパネル溝にワックスが入り込み固形化して取り除くのが厄介になります。

ポリマーコーティング

ポリマーは重合体のことを指します。複数の単量体が結合された化合物のことを言います。買い物袋などのポリエチレン素材もポリマーです。自動車用のポリマーはシリコンやフッ素を含んでいるため、塗装面に塗布することで高分子体の被膜が塗装内部に浸透しコーティング被膜を形成します。カーワックスに比べ、遥かに耐久性が体格持続期間が長い商品です。しかし、ポリマ―コーティングは洗車機を使用すると剥がれてしまうため注意が必要です。量販店や板金屋さんでポリマーコーティングを扱っているお店もありますが、価格が1万~3万円程するため、自分でやれば液剤代で2千円~3千円あれば購入できるのです。コストが10分の1となりますので自分でやるのも一つの選択肢です。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングとはガラスコーティングとは違い硬化型のガラスコーティングではない点です。しかし、ポリマーコーティングに比べ耐久性が高くなります。スプレータイプのガラス系コーティングなら施工も楽に出来るため、多くの方にご指示を頂いております。また、ガラスコーティングのメンテナンス剤として使用できるものも多いため、沢山の方に愛用されている製品です。
IICがおすすめするガラス系コーティング剤はシルト撥水リキッドがおすすめです。撥水リキッドの購入はこちらからどうぞ!

シルト撥水リキッドの施工方法は下記の動画をご覧ください。

ガラスコーティング

ガラスコーティングとは硬化型のコーティング被膜を形成する商品を指します。ポリマーやガラス系コーティングと比べると性能は高くなります。一度被膜を形成すると約3年~5年前後はコーティング被膜が形成されています。ガラスコーティングは親水、撥水に区分されるため、どちらが良いかも理解する必要があります。

 

ガラスコーティングの種類

ガラスコーティングには大きく分けると、撥水性と親水性に区分されます。どちらが良いかですが、一番は好みと言えます。

撥水タイプのガラスコーティングは水玉がコロコロ弾くコーティングとなりますので、雨の日や洗車が楽しくなります。パフォーマンス性能に優れた製品です。デメリットとしては雨が降った後に塗装面に水滴が残り、レンズ効果の役割を果たし、塗装面にイオンデポジットやウォータースポットなどのシミを付着させてしまいます。
まめに洗車される方やガレージ駐車の車両にはおすすめのコーティングですが、青空駐車であまり洗車されない方はイオンデポジットやウォータースポットが付着してしまうため、満足できる製品ではありません。
しかし、油汚れの付着はしづらいため、洗車が楽になります。汚れ落ちも抜群な製品が撥水となります。

一方、親水コーティングですが、塗装面に水が馴染むタイプのコーティングとなりますので水滴によるレンズ効果が起こりづらくなります。イオンデポジットやウォータースポットの付着が軽減できる製品です。あまり洗車されない方や青空駐車の方に最適なガラスコーティングとなります。しかし、親水コーティングは好き嫌いがあるもの事実です。水滴がコロコロ弾かないため、コーティングが効いている実感が少なくなります。
駐車環境と洗車の頻度、あとは好みで選ぶとよいでしょう。
IICショップでは親水タイプのガラスコーティングと撥水タイプのガラスコーティングを2種類ご用意しております。
ガラスコーティングの施工なら通販ショップのIIC

親水ガラスコーティングの購入はこちらからどうぞ

撥水ガラスコーティングの購入はこちらからどうぞ

撥水ガラスコーティングの水弾きは動画でご覧ください。

洗車キズやスクラッチ傷の原因と対策

洗車キズとは

普段塗装面を見ると細かいスクラッチ傷が付着している車を見かけます。日常的な洗車や拭き上げ時に付着してしまうスクラッチ傷「洗車キズ」は付着してしまうと研磨作業を行わない限り消えることはありません。出来るだけ普段のお手入れに気を付けて洗車キズを付着させないようにすることが重要となります。
洗車キズの確認は直射日光の下で塗装を見た時に細かい線キズが付着している場合は洗車キズと言えます。スクラッチ傷や洗車キズが多くなると塗装面がくすんでしまい光沢が低下してしまうのです。特に濃色車などの濃い色の車は洗車キズが目立ちやすくなります。

洗車キズがつく原因

洗車キズは普段のお手入れで付着します。ですので、出来るだけ普段の洗車に気を付けることが重要となります。車体に砂利や埃などの異物が付着している状態でタオルで擦ってしまうと当然キズが入ります。埃を取るために毛ばたけを使用する方も少なくありませんが、そんなことをしては砂利で擦っているようなものです。また、フェイスタオルのような綿が荒いタオルで車体を拭いてしまうと洗車キズが入ってしまいます。一番悪い影響を及ぼすのはボディカバーです。ボディカバーは塗装面を紫外線から守ってくれる効果がありますが、風が強い日にボディカバーを使用していると塗装面とカバーの摩擦で無数の洗車キズ「スクラッチ傷」が付着します。

洗車キズの対策

洗車キズをつけないために心掛けることは洗車以外は出来るだけ塗装面を触らないことです。洗車以外に塗装面を触ってしまうと必ず洗車キズが付着してしまいます。普段のお手入れはたっぷりと水で塗装面を洗い流して、出来るだけ砂利などの汚れを落とすように心掛けましょう。可能であれば高圧ガンなどを使用して水流で表面の汚れをしっかりと流していきます。そして、洗車時は極力、力を入れずに(洗う)(拭く)をここ度がけることで塗装面に洗車キズを付着させづらくなります。最後に、洗車時は塗装面が冷えている時に洗うのがポイントです。塗装面が熱くなっている時は塗装面が柔らかくなっており、キズが入りやすくなります。その点を注意した上で洗車をするようにしましょう!

洗車のポイント

出来るだけ柔らかいウレタンスポンジ
ウレタンスポンジで塗装面を洗うことによって摩擦を軽減することが可能となります。出来れば、凹凸のあるスポンジを使用することで更に摩擦を減らすことが出来ます。また、くぼみ部分に砂利が入りこんでくれるため、砂利などの異物で塗装面を傷つけるリスクを軽減します。

泡立ちの良いカーシャンプー
泡立ちの良いカーシャンプーを使用することで、塗装面とスポンジの滑りが良くなるため、摩擦を減らすことが可能となります。また、水洗いで取れないような汚れも科学的に除去してくれる為シャンプー洗車でのお手入れがおすすめです。

マイクロファイバークロス
マイクロファイバークロスも綿が荒いものから細かいものまで様々です。柔らかいマイクロファイバークロスを使用することで極端に塗装面にキズをつけるリスクを軽減します。また、水分の拭き上げ時には塗装面にマイクロファイバークロスを広げて、マイクロファイバークロスの両端を持ち、引っ張るようなイメージで拭き上げることで塗装面に手の力が加わらないためキズが付着にしくくなります。

プロが伝授する正しい洗車方法は動画をご覧ください。

上記の事に注意して普段のお手入れを行うことで、常に綺麗な状態をキープすることが可能となります。
プロショップが開発した洗車おすすめ3点セットは洗車キズが付着しにくくなりますので是非ご利用下さい。

洗車アイテム3点セットの購入はこちら

イオンデポジットが付着する原因|イオンデポジット除去剤

イオンデポジットとは

イオンデポジットは塗装面に付着して洗車では取れなくなってしまいます。イオンデポジットは酸性雨や水道水が原因で付着してしまいます。イオンデポジットが付着したボディは悪化するとウォータースポットになって塗装面を陥没させることにもつながります。イオンデポジットが付着した場合は早めの対処が必要不可欠です。

 

イオンデポジットが付着する原因

イオンデポジットは水道水に含まれるカルキや塩素、カルシウムが原因で塗装面にこびりつきます。水道水に含まれる残留物が原因なのです。イオンデポジットは一度付着してしまうと簡単には取り除くことが難しくなります。IICでおすすめするイオンデポジット除去剤はプロが使用するイオンデポジット除去剤となりますので、誰でも簡単に施工することが可能となります。
イオンデポジットでお困りならIICのイオンデポジット除去剤をお試し下さい。

イオンデポジット除去剤の使用方法

まずは洗車を行い塗装面に付着している汚れを取り除いていきます。塗装面に砂利や埃が残っていると施工時にスクラッチ傷「細かい微細な傷」が付着する可能性があるため、洗車で表面を綺麗にしていきます。

その後、シミが気になる箇所に本液「イオンデポジット除去剤」を塗布してマイクロファイバークロスで本液を塗り込んでいきます
それでも取り切れない場合は数分つけ置きをして濡れ拭きでふき取れば頑固なシミも除去することが可能となります。

それでも除去できないシミはウォータースポットと言って塗装面を陥没させているシミとなりますので研磨作業を行わないと取り除くことは難しくなります。

イオンデポジットを付着させないために

イオンデポジットを付着させないためには、適度な洗車を行い塗装面に残留物が残っていない状態を保つことと、洗車時は直射日光が当たらない「水分が乾かない」ように最善の注意を払うことが重要です。

イオンデポジット除去剤を通販で購入するなら

適度な洗車と正しいお手入れが車を綺麗な状態に保つポイントです。

 

フロントガラスコーティングの施工方法を確かめる

車のコーティングは新車と同じような輝きになるため、フロントガラスを見やすくするなどこだわると良いものです。自分でやるメリットは何と言ってもかかる費用を減らせるためで、DIYと同様に手順を確かめて空いた時間にすると勉強になります。フロントガラスコーティングは車の中でも重要な位置づけで、撥水して水滴が邪魔しないようにすると効果的です。

フロントガラスコーティングは養生をして周囲の汚れが付かないように考え、脱脂をして脂分がそのまま残らないようにすることが大事です。自分でやる時は何かと面倒になることもありますが、手抜きをすると効果が出ないことを認識する必要があります。

自分でやれるようフロントガラスコーティングの施工方法を確かめるポイントは汚れの落とし方やコーティング剤の選び方で、美しくして安心して運転しやすくすることです。車はビジネスやプライベートなど様々な目的で使え、少しでも愛着を持てるように維持すると満足できます。
フロントガラスコーティングや研磨剤

前を見やすくするためのフロントガラスコーティングの施工方法

フロントガラスは頻繁に車を運転すると曇りやすく、コーティングをして見やすくなるようにすることが求められます。施工方法は養生をして脱脂作業を行い、コーティング剤を付着しやすくすることが大事です。コーティングは化粧のような感じですが運転しやすくしないと意味がなく、下地処理をして効果を出せるようにする必要があります。

フロントガラスは長く運転すると排気ガスなどの汚れが付き、的確に落としてから撥水コートをすると効果的です。フロントガラスコーティングは自分自身ですると養生をして液体などがかからないように注意し、油膜の余剰成分が表面に残らないようにしてから塗らないとトラブルが置きます。

前を見やすくするためのフロントガラスコーティングの施工方法は養生と脱脂の下地処理が重要で、ただ単にコーティング剤を付けることだけでなく手間がかかります。フロントガラスは車を運転すると汚れが付きやすく、長く運転する際には定期的にきれいにすることが重要です。
フロントガラスコーティング剤はこちらからどうぞ

カーコーティングをDIYで行う注意点

大切なマイカーを長く乗り続けるためにカーコーティングは欠かせない施工となっています。中でも現在人気を集めているのがガラスコーティングです。名称の通りガラスで車のボディーを覆って汚れや傷、紫外線から守る事が出来ます。ボディーの劣化を防げるとともにいつまで綺麗に輝く車の状態を維持する事が出来ます。そんな、車のボディーを守る事が出来るのがガラスコーティングとなっています。ガラスコーティングは、主に車の専門ショップなど施工をしてもらう事が出来ますが費用がかかってしまいます。ガラスコーティング剤を自分で購入してDIYでボディーに施工する事も可能となっています。自分でガラスコーティングを施工する場合には、必ず下地処理をしておく必要があります。コーティングの仕上がりだけでなく密着力を確保するために洗車で綺麗にしておく事が必要です。また、細かい傷などを平らにするために磨いて更に脱脂をする必要があります。下地処理を省かずにしっかり行なっておく事がDIYでのコーティングの注意点です。

DIYガラスコーティングの施工方法

DIYガラスコーティングを施工する時は、まず洗浄から始めることになります。車のボディに鉄粉などが付いたままですと、見栄えも悪くなってしまうので、汚れを除去する訳です。付いたままの状態ですと、ガラスコーティング剤で鉄粉を閉じこめる事になってしまいます。もちろん鉄粉だけでなく、ピッチや脂分なども確実に除去しておく必要があります。
洗車が完了したら、マスキングを行います。ガラス面やゴム部分などは、ガラスコーティングされると困るので、マスキング用のテープで覆っておきます。
その後で、改めてコーティング剤を使用する訳ですが、塗りムラなどは要注意です。ムラがあると、仕上がりが悪くなってしまう傾向があります。そして乾燥すれば、施工は完了です。
なおガラスコーティングの施工方法は、製品によって異なります。その具体的な手順は、たいていコーティング剤のパッケージ部分に明記されています。ですから施工前に、注意書きなどを読んでおく必要があります。

手軽にDIYでも施工出来るガラスコーティングについて

大事に乗っている大切なマイカーは出来るだけ傷や汚れを付けたくないという方が殆どです。しかし、車は屋外に駐車したり走行する事が多いため外的な環境によって傷や汚れがボディーに付いてしまいます。そこで、車のボディー表面を保護出来るのがガラスコーティングです。ガラスコーティングは、車のメンテナンスショップやディーラー、ガソリンスタンドなどで施工してもらうケースが多いですが、DIYでも手軽に施工する事が可能です。しかし、正しい手順を守って施工しないとガラスコーティングが上手く車のボディーに密着しません。ガラスコーティングを施工する際の簡単な順序ですが、コーティングの前に下地の処理を行います。下地とはボディーの事で最初に洗車をして汚れを綺麗に洗い流します。次に市販で売っている鉄粉を取り除く粘土やカーシャンプーを使って鉄粉を除去します。仕上げに細かい傷によって出来た凹凸を平面にするためにコンパウンドで磨きます。最後に洗車して脱脂処理をした後にコーティングを施工します。順序さえ守ればDIYでも綺麗にコーティングが可能です。

手軽にスプレーコーティングなら撥水リキッドがおすすめ

車を傷めないように丁寧にコーティング剤を塗る施工方法

日常的な車のメンテにかかる手間を大幅に減らすためにもDIYガラスコーティング剤の質にはこだわるべきです。車に優しい施工方法を望むのならば車の樹脂が傷みにくいタイプのDIYガラスコーティング剤を積極的に選ぶことが重要です。例えば、刺激が弱い中性のDIYガラスコーティング剤を使って施工すれば車が傷ついてしまう心配はないです。車の保護を最優先した施工方法を選んだ方が安心です。もしDIYガラスコーティングに不安がある人は、コンパウンドが含まれていないか確認してDIYガラスコーティング剤を買うと無難です。愛車を美しく輝かせるために必要なのは人気のあるDIYガラスコーティング剤です。やはり人気の無いDIYガラスコーティング剤は効果がいまいちの場合が多いです。効果をよく調べてからDIYガラスコーティング剤を買わなかったせいで艶が出なくて後悔してしまわないように気をつけるといいす。また、DIYガラスコーティング剤をマイカーに塗る際には車を傷めないような施工方法で丁寧に作業することが大事です。

艶出し効果の高い施工方法をするために必要なDIYガラスコーティング剤

個人でも車をピカピカの状態にできる施工方法があります。それは艶出し効果が凄いDIYガラスコーティング剤を使ってする施工方法です。市販のDIYガラスコーティング剤はプロが使用する物とは若干違いますが十分な艶を出せるので大丈夫です。DIYガラスコーティング剤を完璧に車に塗ることは素人には難しいですが、なるべく繊細に塗るようにすると問題なく仕上がります。自分の車のタイプに合わないDIYガラスコーティング剤を選んでしまうと艶出し効果が低くなってしまいます。そのため、DIYガラスコーティング剤の選び方を間違わないように性能を確認してから買うことが必要です。手軽に通販で買えるDIYガラスコーティング剤ですが値段の安い物ばかり買わないことが賢明です。やはり性能が優れたDIYガラスコーティング剤は安くはないです。しかし、値段の高いDIYガラスコーティング剤で一度施工すれば、きれいな艶が何日も続くので何度も施工しなくても済みます。