ガラスコーティング業者はどこがおすすめ?

ガラスコーティング業者はどこがおすすめ?

ガラスコーティングの業者はどこがおすすめ?

ガラスコーティングを施工するなら業者はコーティング専門店がおすすめとなります。この章では専門店がおすすめの理由と各業者の特徴をお伝えしていきます。

ガラスコーティング専門店

ガラスコーティング専門店がおすすめの理由は種類豊富なガラスコーティングを取り扱っている点とコーティングを施工する環境が整っているという点です。ガラスコーティングには硬化型ガラスコーティングや塗装に浸透するタイプなど様々な種類があります。また、コーティングの水弾きも好みに合わせて選ぶことができるので愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことが可能となります。また、専門業者ならではの知識でアフターフォローやお手入れの方法など詳しく教えてくれます。コーティングをより綺麗に保ちたい方は専門店がおすすめです。

カーディーラー

カーディーラーのコーティングは新車納車時にその場でコーティングできるのが魅力の一つです。わざわざ専門店に持ち運ぶ手間を省きたいならカーディーラーでのコーティングがおすすめとなります。しかし、カーディーラーは専門店コーティングに比べコーティングの種類が少ない点とコーティング施工後のメンテナンス(アフターフォロー)が弱いのでコーティングの状態を長く持続させることが難しくなります。

板金塗装業者

板金塗装業者でコーティングがおすすめの方は板金塗装(修理)のついでにコーティングしたい方におすすめです。しかし、カーディーラーやコーティング専門店と比較すると使用するコーティング剤が分かりづらく施工手順も不明確な部分がありますので予め施工手順や使用するコーティング剤を確認しておきましょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドのコーティングは気軽に施工したい方向けとなります。燃料の補給ついでにコーティングを依頼することができるため誰でも気軽に施工することが可能となります。取り扱うコーティング剤はポリマーコーティングがメインとなるので持続性は約6カ月~1年となります。定期的にコーティングを依頼できる方はガソリンスタンドでコーティングしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティングの費用相場

ガラスコーティングの費用相場

ガラスコーティング値段・価格・費用相場は施工するショップによっても異なりますので詳しく見ていきましょう

ガラスコーティング専門業者の場合

・軽自動車(ミライースなど):約55,000~245,000円程度
・コンパクトカー(BMWミニ、トヨタ86など):約65,000~250,000円程度
・ミドルクラス(クラウン、レクサスISなど):約80,000~270,000円程度
・大型車、SUV、ミニバン(ハリアー、アルファードなど):約85,000~290,000程度

※上記価格相場は一般的なガラスコーティング(5年耐久)の相場となります。また、あくまで費用相場となるので実際に施工する店舗で予め確認しましょう。
※上記費用相場は重ね塗りの有無やコーティング性能によって価格は異なります。

カーディーラーの場合

・軽自動車(ミライースなど):約60,500~220,000円程度
・コンパクトカー(BMWミニ、トヨタ86など):約77,000~231,000円程度
・ミドルクラス(クラウン、レクサスISなど):約85,800~253,000円程度
・大型車、SUV、ミニバン(ハリアー、アルファードなど):約99,000~275,000円程度

上記価格はあくまで相場となり依頼するコーティングの種類によって異なります。

板金塗装業者の場合

・軽自動車(ミライースなど):約55,000~80,000円程度
・コンパクトカー(BMWミニ、トヨタ86など):約60,000~85,000円程度
・ミドルクラス(クラウン、レクサスISなど):約65,000~90,000円程度
・大型車、SUV、ミニバン(ハリアー、アルファードなど):約750,000~100,000円程度

上記価格はあくまで相場となり依頼するコーティングの種類によって異なります。

ガソリンスタンドの場合

・軽自動車(ミライースなど):約16,000~68,800円程度
・コンパクトカー(BMWミニ、トヨタ86など):約18,600~71,600円程度
・ミドルクラス(クラウン、レクサスISなど):約20,800~83,400円程度
・大型車、SUV、ミニバン(ハリアー、アルファードなど):約27,000~98,000円程度

上記価格はあくまで相場となり依頼するコーティングの種類によって異なります。
上記の価格は1年耐久、3年耐久により価格は異なります。

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティングは自分で施工できる

ガラスコーティングは自分で施工できる

ガラスコーティングは自分でも施工できる

ガラスコーティングは自分でも施工することができます。ネット(通販ショップ)でもガラスコーティングがたくさん販売されているので自分で施工するのに自信がある方は専門店に依頼しなくてもプロのような仕上がりでガラスコーティングを施工することが可能となります。自分でガラスコーティングをする手順や準備する道具、注意点について詳しく見ていきましょう。

ガラスコーティングを自分で施工する際に必要な道具

ガラスコーティングを自分で施工する際には、下記の道具を準備する必要がありますので車の状態に合わせて検討しましょう。

鉄粉除去剤と鉄粉除去粘土

鉄粉除去剤と鉄粉除去粘土は車の塗装面に固着している鉄粉を取り除く際に必要する道具です。鉄粉が塗装面に付着していると塗装面を触った際にざらざらしていたり、細かい黒いぶつぶつが付着している場合はこの道具が必要となります。

油膜除去剤

油膜除去は新車から2カ月以上経過している塗装面には脂分(排気ガスやワックス、花粉、黄砂)などの汚れが固着しています。塗装表面を油膜除去で取り除くことでコーティング剤の密着性が向上します。

コンパウンド

コンパウンドは塗装面に付着している微細な小傷を取り除くために必要となります。下記のポリッシャーを使用しなくても手掛けでも細かい傷を落とすことが可能となります。コンパウンドは粒子が細かいタイプ(超微粒子)を使用することで綺麗に仕上がります。

ポリッシャー

ポリッシャーは研磨・磨き作業を行う際に使用する機械です。手がけのコンパウンドでは研磨作業を行うのに限界がありますが、特に傷んだ塗装面(傷が多い)車の傷を除去するために必要な道具となります。

脱脂クリーナー

脱脂クリーナーは塗装面に付着している油分やコンパウンドなどの余剰成分を取り除くために必要な道具となります。塗装面のシリコンを取り除くことでコーティング被膜の密着性が向上します。

ガラスコーティングの施工手順・施工の流れ

ここではガラスコーティングの全体の作業手順を確認していきましょう。

洗車作業・鉄粉除去・油膜除去

まず、塗装面に付着した汚れを落とすために洗車作業を行います。塗装面をカーシャンプーで綺麗にクリーニングした後に、塗装面がざらざらしている場合は鉄粉除去剤を噴霧していきます。しばらくすると鉄粉除去剤の成分が紫いろに変色するため、鉄粉除去粘土を使用して塗装面に固着した鉄粉を取り除きます。その後、油膜除去にて塗装面に付着している油膜を油膜除去クリーナーで除去していきます。

スケール除去(イオンデポジット除去)

洗車・鉄粉・油膜除去を終えたら水分をふき取っていきます。その後、塗装面に固着したイオンデポジットをイオンデポジット除去剤で取り除いていきます。マイクロファイバークロスにイオンデポジット除去剤を染み込ませ塗装面に塗り込んでいくことで塗装面に固着したイオンデポジットを取り除くことができます。この作業で取り除けないシミがある場合はウォータースポットと言われる塗装面に浸食しているシミとなりますので磨き作業にて取り除いていきます。

研磨・磨き作業

塗装面に付着した微細な小傷やウォータースポットを取り除いていきます。コーティング塗り込みスポンジなどに超微粒子のコンパウンドを付着させ、20㎝四方にて塗装面の磨き作業を行います。ここで注意する点は力を入れすぎると細かい傷が入ってしまいますのでできるだけ力を入れずに磨いていきましょう。

脱脂作業

脱脂クリーナーを使用して塗装面の油分や余剰成分を取り除いていきます。カー用品店やネットショップでも脱脂クリーナーが販売されています。マイクロファイバークロスに脱脂クリーナーを染み込ませて塗装面に塗布していきます。その後、乾いたマイクロファイバークロスで拭き上げて完成です。この作業を行うことでコーティングの密着性が向上し、耐久性や効果効能が向上します。

ガラスコーティング剤の塗布・ふき取り

ガラスコーティングを自分で施工する際には、コーティング剤を塗布する際に40㎝四方で施工していきましょう。広い面積でコーティングをしてしまうとコーティング剤が固まってしまいふき取れなくなったりムラになるリスクがありますので小面積で仕上げていきましょう。ふき取りはマイクロファイバークロスでふき取りを行います。また、施工時は屋根がついている場所で行うのが理想です。屋根付きの作業が難しい場合は曇りの日など、直射日光が当たらない場所で施工するようにしましょう。

ガラスコーティングの乾燥

ガラスコーティングの塗布・ふき取りを終えたら乾燥作業に移ります。ガラスコーティングは空気中の水分と反応し効果していきます。乾燥時間は24時間とるようにしましょう。その間は洗車したり雨に濡れたり水に触れないように注意しましょう。また、施工後1カ月間は汚れたら水洗いでお手入れするようにし、カーシャンプーの使用は避けましょう。

自分に合ったガラスコーティング剤を選ぶポイント

ガラスコーティングには撥水性・親水性・滑水性の3種類あります。自分に合った選び方をご紹介します。

ガラスコーティングの水弾き

撥水性コーティング

撥水性コーティング

撥水性コーティングは塗装面に付着した水滴がコロコロ弾くタイプのコーティングとなります。水滴の接触角度が90度以上が撥水タイプとなります。水滴がコロコロ弾くので気持ちがよく洗車時の汚れ落ちがよくなります。一方、雨などの水滴が塗装面に残りやすくなるためイオンデポジットやウォータースポットが付着しやすくなります。単色車や屋根付き駐車におすすめのコーティングです。

親水性コーティング

赤外線カットフィルムとは

親水性コーティングは塗装面に付着して水滴が馴染む性質があります。その為イオンデポジットやウォータースポットが付着しにくいタイプのコーティングとなります。あまり洗車されない方や濃色車、青空駐車の方におすすめのコーティングです。一方、撥水タイプに比べ洗車時の汚れ落ちが悪いのが特徴です。

滑水性コーティング

滑水性コーティング

滑水性コーティングは水滴の接触角度が40度~90度となり、水滴が弾きますが、水滴の玉が大きいためイオンデポジットやウォータースポットが撥水性に比べ付着しづらくなります。汚れ落ちも抜群で撥水タイプと変わらないのが特徴です。青空駐車でマメに洗車する方におすすめのコーティングとなります。

自分でガラスコーティングする際の注意点

自分でガラスコーティングを施工する際には気温や湿度、施工後のワックスや洗車方法など注意点がありますので確認していきましょう。

施工時に適した気温は15℃~25℃、湿度は20%~40%

ガラスコーティングの施工時に適した気温や15℃~25℃となります。それ以下の気温だとガラスコーティングの乾燥が遅くなるため水気に触れてしまうと硬化不良を起こします。また、25℃以上だとコーティング剤の硬化が早まるため、コーティング剤が固まりムラが発生しやすくなります。また、湿度は20%~40%が理想となります。20%以下だと硬化が遅くなり、40%以上だとコーティングの拭き上げが難しくなるので適正気温と湿度で施工するようにしましょう。

施工後は24時間は水に濡らさない

ガラスコーティング施工後は24時間水には濡らさないようにしましょう。雨や洗車をしてしまうとシミが付着したり、コーティング被膜の硬化不良を起こし、寿命や効果が低下してしまう恐れがあるのでその間は水に濡らさないように管理しましょう。

コーティングは必ず1パネルごとに行う

コーティング施工時は1パネルごとに行うようにしましょう。複数のパネルを同時に施工してしまうとガラスコーティング剤が固まってしまいムラになったり拭き上げが困難になる可能性がありますので施工時は必ず1パネルごとに行うようにしましょう。

重ね塗りは2時間以上経過した後に行う

ガラスコーティングを重ね塗りすることで効果効能や寿命が向上しますがコーティング施工後すぐに2度目の重ね塗りをしてしまうと、1層目に施工したコーティング被膜が乾いていないので多重層の被膜を形成することはできません。1層目の表面被膜が乾くのに2時間要するためしっかりと乾燥させた後に2度目の施工を行いましょう。
参考になる記事:車のコーティングを自分(DIY)でやる方法を徹底解説

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティング施工後のお手入れ方法(洗車・メンテナンス)

ガラスコーティング施工後のお手入れ方法(洗車・メンテナンス)

ガラスコーティング施工後の洗車を間違えてしまうとコーティング膜が劣化したり寿命が短くなってしまいます。洗車方法やメンテナンスなどのお手入れ方法について詳しく見ていきましょう。

ガラスコーティングした車の洗車方法

ガラスコーティングした後の洗車方法は手洗い洗車を行うようにしましょう。洗車は下記の手順で行うことをおすすめします。
1.塗装面に付着した砂利や埃などを水圧で落とす
2.出来るだけ柔らかいスポンジとカーシャンプーを使用して洗う
3.水でカーシャンプーをしっかり落とす
4.マイクロファイバークロスで水を優しく拭き上げる
以上がガラスコーティング後の洗車方法です。ガラスコーティング施工車でも雑に洗車してしまうと細かい傷が入るので使用する道具に気を付け、力を入れず洗車するようにしましょう。
参考になる記事:コーティングした車の正しい洗車方法と手順をプロが徹底解

ガラスコーティングした車の最適な洗車頻度

ガラスコーティングした車の最適な洗車頻度はボディカラーや駐車環境によって異なります。青空駐車や濃色車のボディは雨汚れの影響でシミが付着しやすいため1週間に一度は洗車してあげましょう。ガレージ駐車や単色車の車は車体が汚れたと感じたら洗車するようにしましょう。最適な洗車頻度は2週間に1度行うようにしましょう。

洗車頻度

ガラスコーティングをした車に洗車機で洗ってもいい?

ガラスコーティングをした車は洗車機はNGです。何故ならば洗車機のブラシが高速で塗装面に擦りつけられるためスクラッチ傷と言われる細かい傷が付着してしまいます。細かい傷がついてしまうと研磨作業で磨かないと落とせなくなります。塗装面の艶(光沢)も低下してしまうので洗車機は使用せずに手洗いでお手入れしてあげましょう。しかし、汚れた状態で洗車しないまま放置してしまうとシミの原因となりますので自己判断で洗車機に入れるようにしましょう。

ガラスコーティング車の最適な駐車環境とは

ガラスコーティング車の最適な駐車環境は屋根付き駐車となります。屋根付き駐車で保管することで雨や鳥ふんなどの汚れが付着しなくなるためコーティング被膜が劣化しにくくなります。青空駐車に比べ1.5~2倍程度寿命が向上するデーターもありますので屋根付きで駐車してあげましょう。青空駐車で保管する場合は汚れたらマメに洗車することでコーティング被膜が劣化しにくくなります。

ガラスコーティング後にワックスを塗っても大丈夫?

結論から申し上げますとガラスコーティング後にワックスはNGです。何故かというとガラスコーティングの被膜に油の膜(ワックス)を塗布することで油汚れが付着しやすくなります。ワックスは紫外線や熱による劣化を促進させますのでガラスコーティング施工後はワックスは使用しないようにしましょう。

ガラスコーティングを長持ちさせる方法

ガラスコーティングを長持ちさせる方法は適度な洗車が最も有効的です。コーティングした車が汚れたまま長期間放置してしまうとコーティング被膜が酸化してしまい劣化します。適度に洗車することでコーティング被膜に加わるダメージを減らしてあげることができるためガラスコーティングが長持ちします。

ガラスコーティング後のコーティングメンテナンス

ガラスコーティング後のコーティングメンテナンスとは、コーティング被膜に固着した汚れやシミを取り除く作業です。この作業を定期的(年1回)に行うことでコーティング被膜の劣化を軽減させることが可能となります。コーティングメンテナンスには主に2種類あります。
①表面の汚れ落とし&シミ取り
②コーティング被膜の補充
上記、メンテナンスを行うことでコーティングが長持ちしますので定期的に行いましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

プロがおすすめするガラスコーティング

プロがおすすめするガラスコーティング

プロがおすすめするガラスコーティング

プロが実際に使用してよかったおすすめのガラスコーティングをご紹介していきます。

プロショップでおすすめのガラスコーティング

1.ファインラボヒールプラス(疎水タイプ)

ファインラボヒールプラスのガラスコーティングはコーティング施工後に付着する微細な小傷が熱で自己修復するコーティングとなります。現在販売されているコーティング剤の中で自己修復機能が謡われているコーティングはファインラボヒールプラスのみとなりプロが自信をもっておすすめできます。
ファインラボヒールプラスの自己修復動画

ファインラボヒールプラスの商品ページはこちら

2.SCHILD®グラッテ(撥水タイプ)

SCHILD®グラッテはコーティングプロショップが開発した超撥水コーティング剤となります。グラッテコーティングの最大の特徴は最大被膜硬度9Hのコーティング被膜を形成するため傷がつきづらく、耐薬品性能による塗装面の劣化を極限まで抑えたプロショップ専用のガラスコーティングとなります。
SCHILD®グラッテコーティングの商品ページはこちら

自分で施工するおすすめのガラスコーティング

自分で施工する際におすすめのガラスコーティングをご紹介します。

1.ピカピカレインコーティング

ピカピカレインコーティングはDIYガラスコーティング剤の中でも老舗ブランドとなります。実際に施工しているオーナーも多く信頼あるショップとなります。初めてガラスコーティングを施工するならピカピカレインコーティングがおすすめです。

2.SCHILD®ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD®ガラスコーティング剤はプロショップが開発したガラスコーティング剤のためコーティング剤の濃度が濃く艶や持続性が非常に高いコーティング剤となります。玄人向けのガラスコーティング剤です。
SCHILD®ガラスコーティング剤を通販で買うならこちら

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティングの寿命や耐久性をコーティングのプロが解説

ガラスコーティングの寿命や耐久性が知りたいと思いこの記事を読んでいらっしゃるのではないでしょうか?ガラスコーティングを施工したら何年持つの?と疑問を持っていたり、実際にコーティングしたけどそこまで持たなかった!など沢山の悩みがあるかと思います。

実は、ガラスコーティングの持続性や耐久性は施工後のお手入れで全く異なってしまうのが事実です。今回の記事では、寿命や耐久性を向上させる2つの方法と最も長持ちする製品をご紹介して参りますので参考にして頂ければ幸いです。

運営元:ガラスコーティング専門店のIIC

1章 ガラスコーティングの耐久性,寿命ってどれくらい?

ガラスコーティングの寿命は約3年

ガラスコーティングの寿命,耐久性は約3~5年となります。ガラスコーティングはガラス質の被膜を塗装面に張り付けるため、自然に剥がれることはありません。この間は汚れても洗車で簡単に汚れが落ちてくれるので長期間綺麗な状態を保つことが可能となります。しかし、2つのことで寿命が変わってしまうのも事実です。次の章で詳しく解説していきます。

2章 ガラスコーティングの寿命が異なる2つの理由

ガラスコーティングの寿命が異なる2つの理由

ガラスコーティングをしても長持ちしなかった。という方と長持ちしたという方がいます。その理由は何故でしょうか?2つの原因を確認していきましょう。

①駐車環境の違い

駐車環境の違い

1つ目の原因は駐車環境の違いで寿命が異なります。青空駐車のボディはコーティング被膜が紫外線や酸性雨で傷みやすいため劣化しやすくなります。その為、2年ほどでコーティングが剥がれてしまったという方もいます。一方、ガレージ駐車では、それらの劣化が受けづらいため5~10年ほど持続したという方もいます。

②洗車をマメにするかしないか

マメに洗車する

ガラスコーティングの寿命を短くする原因は車が汚れたまま長期間放置することです。車の塗装面に花粉や排気ガス、黄砂、酸性雨などの汚れが付着した状態で放置しているとコーティング被膜が劣化してしまいます。本来3年持つコーティングが2年しか持たなかった!ということもあるためマメに洗車することがコーティングの寿命を延ばす秘訣となります。

参考になる記事: ガラスコーティングした車の正しい洗車方法・手順をプロが徹底解説

3章 ガラスコーティングメンテナンスで寿命が延びる

ガラスコーティングメンテナンス

ガラスコーティングメンテナンスを行うことでコーティングの寿命や耐久性を向上させることが可能となります。詳しく見ていきましょう。

ガラスコーティング後にメンテナンス行うこと

ガラスコーティングのメンテナンスとは、コーティング被膜に付着している花粉や黄砂などの汚れや酸性雨によるイオンデポジットを取り除いてあげることでコーティング被膜が常に綺麗な状態にキープされるため寿命や耐久性が向上します。1.2倍~1.5倍ほど寿命が延びるケースもあるのでメンテナンスは必ず行いましょう。
関連記事:ガラスコーティングメンテナンスの必要性とやり方をプロが解説

ガラスコーティング後の自分で出来るメンテナンスは下記の動画をご覧ください。

以上、ガラスコーティングの寿命,耐久性を延ばすためのメンテナンスについてお伝えしてきました。是非、メンテナンスを行って長持ちさせていただければと思います。

コーティングメンテナンス剤

ガラスコーティング専用メンテナンスクリーナーの購入はこちら

4章 ファイランボコーティングは寿命や耐久性が長い

ファインラボコーティング

ここまで、ガラスコーティングの寿命と耐久性についてお伝えしてきました。より高い耐久性をお求めの方にお勧めの商品はファインラボシリーズのコーティングです。ファインラボコーティングは従来のコーティングに比べ10~20倍ほどコーティング被膜が厚いため塗装面の劣化を防ぎ、コーティング被膜が傷みづらい商品となります。耐薬品性にも優れるファインラボコーティングは最大7年間の寿命となります。詳しくは下記の動画をご覧いただければと思います。

ファインラボコーティングの驚きの効果は下記のページをご覧ください。

まとめ

ガラスコーティングの寿命と耐久性

如何でしたでしょうか?ガラスコーティングの寿命,耐久性について確認してきました。ガラスコーティングの寿命は約3年となります。しかし、駐車環境や洗車の頻度によって寿命,耐久性が大きく左右されてしますので汚れたら定期的に洗車してあげましょう。汚れたらマメに洗車することでコーティングの寿命が1.2倍~1.5倍ほど向上するのでめんどくさがらずに洗車をすることをおすすめします。

また、ガラスコーティングの寿命を延ばしたいと考えている方は定期的(年1回)はコーティングメンテナンスを行うようにしましょう。メンテナンスを行うことで表面に固着した汚れを取り除くことが出来るため常にコーティング膜を最良の状態に保つことが可能となります。

今回の記事をお読みいただき皆様の豊かなカーライフが実現できる事を願っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティングの基本性能やメリット、デメリットについて

ガラスコーティングの基本

ガラスコーティングの基本

 ガラスコーティングの効果とメリット、デメリット、持続性や施工するタイミング、ガラスコーティングの寿命について詳しく見ていきましょう。

ガラスコーティングって必要?

ガラスコーティングが必要か否かは愛車を新車のように綺麗に保ちたいと考えている方は必要と言えます。ガラスコーティングを施工することで艶が向上したり、汚れが水洗いで簡単に落とせるようになります。しかし、全く汚れない訳ではありません。ガラスコーティング施工後に洗車などのお手入れをしなければすぐに効果がなくなってしまうこともあります。しっかりお手入れできる人はガラスコーティングを施工する価値は十分にあると言えるでしょう。

参考になる記事:ガラスコーティングの効果、寿命、費用相場を徹底解説

ガラスコーティングの効果・メリット

ガラスコーティングの効果・メリットは他のコーティングと比べ光沢に優れ汚れても洗車で簡単に汚れが落とせるようになる点です。他のコーティングよりも硬度が高いため塗装面に細かい傷が入りづらくなります。また、有機物がほとんど含まれないため紫外線による劣化や熱による劣化を抑えることができるため、長期間愛車を新車のような状態にキープさせることが可能となります。

ガラスコーティングの欠点・デメリット

ガラスコーティングのデメリットは施工が難しいため専門業者に依頼する必要があります。そして専門業者にコーティングを依頼すると車の大きさやボディの状態(傷やシミの付着)によっても異なりますが、最低でも5万円~15万ほどの施工費用が発生してしまいます。車が傷んでいる場合には下地処理の磨き作業やクリーニング作業が必要となるため費用が追加でかかるケースもあります。

ガラスコーティングは何日かかる?

ガラスコーティングは基本的に1~5日程度の日数を要します。この日数は車の状態や依頼するコースによって日数が異なります。新車の状態であれば1日~2日程度でコーティングが施工できますが、経年車の場合はクレンジング作業や研磨作業などの作業が必要なため3~5日程度かかるでしょう。そのため、毎日車を使用している方は愛車を預けるのが難しいかもしれません。施工店によっては無料で代車を貸出している店舗もありますので予め確認しておきましょう。

ガラスコーティングの耐久性・寿命は何年持つの?

ガラスコーティングの寿命は3~5年となります。しかし、その間にメンテナンスを行う必要があります。何故ならばガラスコーティングを施工してもコーティング被膜の上に汚れが固着したり摩耗や酸性雨の影響でコーティング被膜にダメージが加わるため、それらのダメージをリカバリーするのがコーティングメンテナンスとなります。ガラスコーティング施工後は最低でも1年に1度はメンテナンスを行うようにしましょう。

ガラスコーティングを施工するタイミング

ガラスコーティングを施工する上でベストなタイミングは新車時です。新車時の塗装面は汚れや傷が付着していない状態なので、コーティング作業時の下地処理が不要となります。下地処理を省くことで費用が安くなるためベストなタイミングは新車時と言えるでしょう。しかし、長年使用した愛車の傷んでしまった塗装面もガラスコーティング時に研磨作業を行うことで新車時のような輝きに復元させることが可能となります。ガラスコーティングはご自身が必要だと思ったタイミングで施工するようにしましょう。

ガラスコーティングで傷は消えるのか?

残念ながら既存の傷をガラスコーティングで消すことはできませんが、ガラスコーティングを施工することで艶が向上するため傷が目立たなくすることはできます。傷を完全に消したいと考えている方は、コーティング施工時に研磨作業などを依頼して傷を消してもらうようにしましょう。コーティング施工のオプション作業でポリッシャーと研磨剤を使用して塗装面を磨いてくれるサービスもあります。ガラスコーティングで失敗しないためにも入庫時に気になっている傷が消えるのか予め確認しておきましょう。

ガラスコーティングの選び方について

ガラスコーティングの選び方は水弾きと駐車環境に応じてコーティングを選ぶようにしましょう。何故ならガラスコーティングの水弾きで得られる効果やシミ・汚れのつきやすさが異なります。自分のライフスタイルに合わせてコーティングを選ぶことが愛車を綺麗な状態に持続させる秘訣となります。

ガラスコーティングの保証

ガラスコーティングを施工すると保証書が発行されます。この保証書とは、対象期間内に万が一事故やいたずらの被害にあわれた際に相手方さんにコーティング代金の一部を請求するための施工証明書となります。この保証期間は施工するコーティングや依頼するショップによっても異なりますが、約1年~5年とされています。その間にメンテナンスが必要なコーティングもありますのでガラスコーティングを依頼する際に予めショップに確認しておくようにしましょう。

ガラスコーティングしたら傷は入らないのか?

残念ながらガラスコーティングを施工しても傷は入ってしまいます。被膜硬度9Hの硬いコーティング被膜を謳っている商品がありますが、他のコーティングに比べれば硬い被膜で塗装面を覆うため傷は入りづらくなります。しかし、どんなに硬いコーティングでも全く傷が入らない訳ではありません。ガラスコーティングで飛び石を防げるなどのうたい文句を目にしますが、飛び石を防ぐことはできないと認識しておきましょう。ガラスコーティング施工後は傷が入らないように丁寧にお手入れしてあげましょう。

ガラスコーティングはしない方がいいって聞いたど本当?

ガラスコーティングはしない方がいい人もいるのが事実です。ガラスコーティングの目的は愛車の塗装面を綺麗に保たせることや洗車などのお手入れを楽にさせるために施工します。愛車の美しさを求めない方やガラスコーティング施工後に全く洗車をしない方は、コーティング被膜に汚れが固着してしまい洗車では取れなくなったりイオンデポジットなどのシミが付着してしまいます。洗車をしない方や愛車に美観を求めない方は施工する必要がないケースが多いのが事実です。
参考になる記事:ガラスコーティングはしない方がいいって本当?理由を徹底解説

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

ガラスコーティングとは

ガラスコーティングとは

ガラスコーティングとは

ガラスコーティングとは、塗装の表面をガラス質の被膜で覆うことで自動車の塗装を色褪せやキズから守り光沢を持続させる作業のことです。元々の塗装面はクリア塗装と言われる透明の被膜が形成されていますが、その上にガラス質のコーティング被膜で覆うことでクリア塗装の劣化を守ることができます。

ガラスコーティングの成分とは?

ガラスコーティングの成分は二酸化ケイ素です。二酸化ケイ素とはガラスと同じ成分を使用しているため強度があり、紫外線や熱による劣化が起こりづらくなります。しかし、ガラスコーティングとガラスの主成分は二酸化ケイ素でもガラスが主成分ではありませんのでガラスを形成する訳ではありません。ガラス質の被膜を形成するということを理解しておきましょう。

ガラスコーティングって種類がいくつかあるの?

ガラスコーティングには2つの種類があります。単純に言うと艶が出るタイプと出ないタイプです。この2種類のガラスコーティングはコーティングの成分が異なります。1つ目の艶が出るタイプのコーティングはシロキサン。2つ目の艶が出ないタイプがポリシラザンとなります。では、両者のコーティングを比較してみましたが、大きな違いは艶が出るか出ないかです。

ガラスコーティングの種類における違い 被膜の厚み
シロキサン 厚い(艶がある)
ポリシラザン 薄い(艶がない)

ガラスコーティングと他のコーティングは違う!

ガラスコーティングと他のコーティングの違い

ガラスコーティングと他のコーティングは全く異なります。ガラスコーティングと表記されているコーティング剤の大半は無機質のコーティング被膜を形成しますが、他のコーティングはシリコンやフッ素、石油系溶剤が含まれているため持続性や耐久性に劣ります。一方、無機質のガラスコーティングは被膜が硬いため傷が入りづらく効果が長持ちします。そもそもカーコーティングにはいくつも種類があり効果効能が異なります。詳しく見てみましょう。

ガラスコーティング

ガラスコーティングはポリシラザンやシロキサンなどのガラス成分を主体としたコーティング剤のことです。特徴として一度形成したコーティング膜は硬度が高いため傷が入りづらく、剥がれづらいといった特徴があります。ガラスコーティング施工の費用相場は5~15万程度となり比較的高額な施工費用が掛かりますが持続性は3~5年となり、他のコーティングと比べても長持ちします。

IICショップで取り扱うガラスコーティング剤一覧

その他のコーティング

その他のコーティングはガラス質のコーティング被膜を形成するものではなく、シリコンやフッ素、石油系溶剤がなどの溶剤にガラス成分を混ぜた商品となります。ガラス成分を主体としたコーティングに比べ持続性が劣ります。また、被膜が薄く長持ちしないため全く別物のコーティングとなります。

  油脂系コーティング(ワックス)

油脂系コーティングはワックスと商標されているコーティング剤で原料はカルナバ蝋と言われる植物から採取される油となります。そのため、熱による劣化が激しく1か月程度で剥がれてしまいます。洗車の度にワックス掛けをしなければならない製品です。

  樹脂系コーティング(ポリマー)

フッ素やシリコン、レジンなどの原料を使用しているのが樹脂コーティング(ポリマーコーティング)です。ワックスに比べると持続性は6カ月程度となり長持ちします。また、施工も簡単にできるのが樹脂コーティングの特徴です。デメリットはワックスよりも艶が期待できないことです。

IICで取り扱う簡易的なコーティング剤一覧はこちら

以上がガラスコーティングと他のコーティングの違いでした。
ガラスコーティングを実際に自分で施工してみようかな?と思った方は下記の商品をお勧めします。

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格 8,320円

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考になる記事:自分でガラスコーティングをやる際のポイント

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

コーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのこと

車のコーティングは安いものではありません。
せっかくコーティングをして綺麗な車もお手入れの仕方では輝きが低下してくすんでしまったり、シミ汚れが付着したりします。

お手入れの仕方を正しく理解していないとコーティングの寿命が低下することにもつながります。
この記事ではコーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのことをコーティングプロショップのIICが詳しく解説していきます。

コーティングをした車にやってはいけない5つのこと

まず、この章ではコーティングをした車にやってはいけない5つのことを詳しくご説明していきます。

①コーティングした車を洗車機に入れて洗ってしまう

コーティング後に洗車機はしていけない

車を綺麗にするための洗車機ですが、高速ブラシで塗装面を洗うため、塗装面やコーティング被膜にダメージを与えます。
例えば、高速ブラシの摩擦で塗装面に細かい傷(スクラッチ傷)が付着してしまいます。

このような傷は塗装面の光沢(輝き)を低下させてしまいます。またコーティングの効果である水弾き性能も摩擦で低下してしまうため、汚れ落ちが悪くなったり、コーティングの寿命が低下する原因にもなりますので、コーティング施工した車は洗車機で洗わないようにしましょう。

②コーティングした車にワックスはNG

車のコーティングをした車にワックスはNGとなります。
何故ならば、車のワックスはカルナバ蝋などの植物から採取される油を使用しています。
コーティング被膜の上に油の膜が形成することにより、紫外線による劣化が受けやすくなります。

また、油の膜は油汚れが付着しやすくなるため、汚れやすくなってしまいます。車のコーティングをしたらワックスでのお手入れは避けるようにしましょう。

③洗車時に水道水を乾かしてしまうとシミになる

車のコーティングをしてもコーティング被膜にシミ汚れ(雨染み)が付着してしまいます。
この雨染みは一般的にイオンデポジットと呼ばれており、イオンデポジットが付着すると洗車では簡単に落とせなくなります。
下記の画像はイオンデポジットが塗装面に付着してしまった画像です。

コーティング施工後にしてはいけないこと

このイオンデポジットは水道水に含まれるカルキや塩素が原因で付着してしまいます。
炎天下で車を洗車したり、気温が高い日に洗車をしてしまうと塗装面に付着した水道水が乾きイオンデポジットが付着してしまいます。
このようなことにならないように洗車をする際には水道水を乾かさないように注意しながら洗車をしましょう!

④井戸水洗車は絶対にNG

コーティング施工後は井戸水洗車を避ける

井戸水の水分は水道水よりもカルシウムなどの物質が豊富なため、上記のようなイオンデポジットが付着しやすくなります。
井戸水が乾くと水滴の後が石化してしまい頑固に固着するため磨いても綺麗に復元できないケースもあります。

井戸水での洗車は水分をしっかりと拭き上げても必ずシミが付着するので井戸水は避けるようにしましょう。

⑤コーティング被膜に付着した汚れを放置しない

どんなに高額なコーティングでもお手入れを怠れば必ず汚れが固着したり、コーティング被膜にダメージが加わります。
このようにコーティング被膜に汚れが固着したり、ダメージが加わるとコーティングの寿命が低下するため、マメにお手入れをするようにしましょう。

ここでいうお手入れとは洗車のことです。
マメに洗車をすることでコーティング被膜のダメージを軽減し汚れの固着を未然に防ぎます。
青空駐車なら2週間に一度は洗車をするようにしましょう。
理想では1週間に1度は洗ってあげるのが理想です。

まとめ

この記事ではコーティングをした車に絶対にやってはいけない5つのことをご紹介してきました。

5つの注意点を守り、お手入れをしてあげることでコーティング被膜の寿命も向上しますので参考にしていただければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。
アイアイシーショップでは、ガラスコーティング剤や洗車用品など様々な商品をご用意しておりますので是非この機会にご指名下さい。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:3,020円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

 

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円

車コーティングの価格・費用相場とコーティングで得する3つのポイント

車コーティングの価格について調べているということは、カーコーティングの価格・費用相場を知りたい。もしくは、カーコーティングを安く抑えて得をしたいと考えているのではないでしょうか?

車のコーティングって安いものは数千円で販売されているけど、高いものだと数十万円と幅が非常に広いため、どう選べばよいか迷よってしまう方が多いのが実態です。

今回の記事では、カーコーティングの価格相場を知りたい。もしくはコーティングの費用を安く抑えて得をしたい!という方のためにコーティングショップ勤務歴14年の著者がコーティングの価格について徹底解説させていただきます。
この記事を読んでお得にコーティング施工を依頼できればうれしく思います。

1章 車コーティングの価格ってどれくらいが妥当?

車コーティングの価格(値段)はピンキリで安いものから高いものまで様々ですよね。
安いものでは数千円で施工することが出来るのに対し、高い製品では10万円と高額なものも存在します。

まず、1つ言えることは安いコーティングは持続性や効果が短いため、何度もコーティングを施工する必要があります。一方、価格が高いコーティングは長期間コーティングが持続します。そのため10万~20万ほどのコーティングが妥当を言えるでしょう。

車コーティングの価格(新車の場合の値段)

製品名 持続性 値段(価格)
・ワックス 1週間 1~2千円
・ポリマーコーティング 1~3ヵ月 1~3万
・ガラス系コーティング 6ヵ月~1年 5~7万
・ガラスコーティング 3~5年 7~10万
セラミックコーティング 5~7 10~15万

車コーティングの価格(経年車の場合の値段)

製品名 持続性 値段(価格)
・ワックス 1週間 2~3千円
・ポリマーコーティング 1~3ヵ月 2~4万
・ガラス系コーティング 6ヵ月~1年 6~8万
・ガラスコーティング 3~5年 10~15万
セラミックコーティング 5~7年 15~20万

上記のように新車と経年車では、経年車の方が値段が高額になります。
その理由は経年車は下地処理(汚れ落とし)などの作業が必要となるためです。コーティングをするタイミングは車を購入して綺麗な状態で依頼するようにしましょう。

また、値段だけを意識して安価なコーティングを施工してしまうと、コーティングの持続性が短かったり思ったような効果が得られない場合があるので、コーティングを選ぶ時は値段ではなく製品(持続性や効果)で選ぶようにしましょう!

持続性が高い製品を選ぶのであれば、新車で妥当なコーティング費用は10万~20万くらいでしょう。

参考になる記事:車のコーティングは5種類!コーティング種類による効果をプロが解説

2章 コーティングの価格を左右する2つの要素

コーティングの価格はコーティングを依頼する場所(ディーラー施工、コーティング専門店、ガソリンスタンド)と施工する製品によって価格が左右されます。
まずは、施工する製品によって価格が異なることについて見ていきましょう!

2-1 車コーティングの施工する種類によって価格は異なる

車のコーティングの種類は大きく分けて5種類存在します。この5種類で価格は全く異なります。先ほどの図1、2でもお伝えしました通り、施工する製品によって価格は大きく異なります。その理由は、コーティングの持続性や汚れづらさ、コーティングを施工する所要時間が製品によって異なるため価格が変わってきます。
では、価格が安い、高いではどれくらいの差があるのでしょうか?少し詳しく見てみましょう!

図3 製品別による価格の違いと効果効能

製品名 作業時間 値段(価格) 汚れづらさ 持続性
ワックス 1時間 1~2千円 × 1週間
ポリマーコーティング 3時間 1~3万 × 1~3ヵ月
ガラス系コーティング 5時間 5~7万 6ヵ月
ガラスコーティング 10時間 7~10万 3~5年
セラミックコーティング 15時間 10~15万 5~7年

上記、図のように作業時間はもちろん、汚れづらさや持続性が全く違います。コーティング施工において安ければよいというのは間違いなのです。また、長期的なランニングコストで考えるとワックスやポリマーコーティングよりもガラスコーティングの方が価格が安いケースもあるので注意する必要があるのです。

その理由は下記の図をご覧ください。

図4 5年間にかかる施工費用

5年間にかかるコーティング価格

上記の図の様に、ガラスコーティングやセラミックコーティングは5年間の費用で計算するとかなり安くなります。

ガラス系コーティングとガラスコーティングの価格差 10万円

ポリマーコーティングとガラスコーティングの価格差 5万円

上記の価格差から考えても5年間持続するガラスコーティングを選ぶことが価格を抑えるポイントとなり、長期間きれいな状態を持続させるのです。
続いては価格が異なる2つ目をご紹介していきます。

2-2 車コーティングを施工する場所で価格が変わる

カーコーティングの価格を左右する2つ目は施工する場所で金額が異なるという点です。
車のコーティングは基本的に下記の5つの場所で施工することが出来ます。
まずは図5をご覧下さい。

図5 車のコーティングは施工する場所で価格が異なる

施工する方法 製品名 価格 持続性
コーティング専門店 ・ガラスコーティング

・セラミックコーティング

10~15万 3~7年
カーディーラー ・ガラス系コーティング 8~10万 1~2年
量販店(オートバックスやイエローハットなど) ・ガラス系コーティング

・ポリマーコーティング

4~6万 1年
ガソリンスタンド ・ガラス系コーティング

・ポリマーコーティング

2~3万 半年
自分で施工する ・ガラスコーティング 5千~1万 1~3年

価格が最も高額なのはコーティング専門店ですが、取り扱うコーティングの性能が高いセラミックコーティングやガラスコーティングを取り扱うため、量販店やカーディーラーに比べ持続性や効果効能が高い傾向があります。

車を綺麗に大切に乗りたいと考えているなら高額ですがコーティング専門店でお願いする方が良いでしょう。

参考になる記事:優良カーコーティング専門店9選,口コミ評判の高いショップ【全国版】

とは言え、車のコーティングを専門店にお願いすると高いから迷う!
という方のために車コーティングの価格(費用)を抑えるポイントをお伝えしていきます。

3章 車コーティングの価格についてまとめ

車のコーティングの価格は施工する場所と施工する製品の2つによって価格が異なることをお伝えしました。

車のコーティングで愛車を長く、美しい状態に保つならコーティング専門店でガラスコーティングもしくはセラミックコーティングを依頼するようにしましょう!

ガラスコーティングやセラミックコーティングをコーティング専門店で行うと高額になるケースが多いため、3つの得をするポイントを実行しましょう!

“お得にコーティングをする3つのポイント”

  • 車が新車で納車されたらすぐにコーティング専門店に持っていく。
  • web割引などを利用してコーティングの価格を抑える。
  • 相見積もりを取り、価格の値下げ交渉をする。

上記の3つを行うことで車のコーティングをお得に行うことが可能となります。
今回の記事を読んで少しでもお得にコーティングを施工して、豊かなカーライフが得られれば幸いです。

コーティング施工を専門店にお願いしよう!
と決めて頂いた方は下記の記事もご覧頂ければと思います。

コーティング専門店が選ぶ優良コーティングプロショップ9選
日本全国で有名なコーティングプロショップ9店をコーティングプロショップがまとめました。
コーティング施工店選びの参考にして下さい。