コーティングのプロが教える効果を長持ちさせる方法と5年保証の裏

コーティングの保証ガラスコーティング5年持続します!!
その謳い文句に乗ってコーティングを施工したのに数年で効果が無くなってしまった!!

こんな経験ありませんか?

コーティング5年保証や5年耐久という謳い文句には裏があります。
しっかりと理解せずにコーティングを依頼してしまうと後悔することに繋がりますのでこの記事を読んでからコーティングを依頼するようにしましょう!

また、コーティングはどんな方も満足できる訳ではありません。コーティング施工に向かない方もいるのです!!

今回はコーティングプロショップの当店がコーティング5年保証の裏をご紹介していきますので参考にして下さい。

 

目次
1章 コーティングってそもそも必要?
2章 コーティング5年保証や5年耐久の罠
3章 コーティングの効果を長持ちさせる3つのポイント
4章 コーティング効果の高いコーティング剤
5章 コーティングの効果についてのまとめ

 

1章 コーティングってそもそも必要?

コーティングって必要

 

この答えはお車を所有する方によって変わります。
車のコーティングは塗装を保護するために開発された商品です。
コーティングを施工することで得られる効果は下記の通りとなります。

 

①汚れづらくなる
②輝きが増す
③汚れ落ちが良くなり洗車が楽になる。
④UV(紫外線)による劣化を軽減し塗装の剥離を防止する
⑤細かい傷(洗車キズ)が付着しづらくなる
⑥熱による劣化を防ぎ色あせを防止する

 

上記で見て分かるようにコーティング施工には様々なメリットがあります。

しかし、ここで注意したいことはコーティングを施工したからといって誰もがコーティングをすることで効果が得られる訳ではありません。

こんな方はコーティングをしても効果はありません。

普段洗車しない方
例えば3カ月に1度しか洗わないなど。

コーティングを施工しても汚れが付着するため、3カ月間コーティング被膜の上に汚れが蓄積してコーティング被膜に侵食します。

このような方は高額なコーティングを施工しても6カ月程で汚れが蓄積してしまい洗車では取れなくなるでしょう!

2章 コーティング5年保証や5年耐久の罠

コーティングの罠

 

 

 

 

 

 

よくネットなどで5年耐久のコーティング!!5年保証!!などの表記を目にします。
多くの方がここで勘違いをします。

コーティングを施工したら5年持つんだ!

これは、あくまで目安となり、どんな方でも5年持つ訳ではありません。

では、5年保証。5年耐久の意味とは??

①コーティング被膜が5年間存在する意味合い
②マメに洗車をすると仮定した場合
③屋内駐車や屋根付き駐車などの駐車環境が良い場合

①コーティング被膜が5年間存在するという意味合い

硬化型のガラスコーティング剤

 

 

 

 

 

 

上記の画像はコーティング剤を容器に入れ自然乾燥させたものです。
硬化型のガラスコーティング剤は上記のようにコーティング剤が結晶化します。
塗装面に付着するコーティング剤は上記の画像よりもはるかに薄い被膜を形成します。この被膜は自然に剥がれることはないため5年間持ちます!ということなのです。

しかし、上記のようなコーティング被膜を形成しても、普段のお手入れが悪ければ、コーティング被膜に汚れが付着してやがて取れないほどの汚れが固着します。

汚れが付着すると、水弾きが悪くなったり、光沢が低下します。ここで多くの方がコーティングが剥がれた!持たなかったと勘違いするのです。

②マメに洗車をすると仮定した場合

続いてはマメに洗車をすると仮定した場合の5年保証or耐久について解説していきます。

コーティング被膜は汚れが付着しても洗車で簡単に落とすことが出来ますが、洗車をマメにしないとコーティング被膜の中に汚れが侵食してしまいます。
やがて、劣化が進みコーティング被膜を剥離させてしまうのです。

コーティング被膜が剥離する原因の多くは適度に洗車をしていないからです。

多くの方が誤解してしまうのは、コーティングを施工したから洗車をしなくても良い!何もしなくてもコーティングは5年持つ!と勘違いしているケースも多くあります。

コーティング施工後は必ずマメに洗車をすることが重要です。

最適な洗車頻度

③屋内駐車や屋根付き駐車などの駐車環境が良い場合

屋内駐車や屋根付き駐車はコーティング被膜を劣化させづらくなります。

コーティング被膜の天敵は①酸性雨②花粉③黄砂

 

 

 

 

 

 

コーティング被膜は酸性雨で溶けてしまいますので、屋根付きの駐車環境では持ちが良いのです。その為、5年保証や5年耐久とは屋根付き駐車を仮定している場合が多いのです。

5年保証や5年耐久に過信せず、汚れたらマメに洗車をするようにしましょう!

3章 コーティングの効果を長持ちさせる3つのポイント

コーティングを長持ちさせるには3つのポイントがあります。
ポイント① 汚れたらマメに洗車をする
ポイント② 定期的にコーティングメンテナンスを行う
ポイント③ コーティング被膜に犠牲被膜を形成させる

ポイント① 汚れたらマメに洗車をする

洗車の頻度が早ければ早い程コーティング被膜を傷めないため、効果が長持ちします。週1回の洗車を心掛けていれば3年持つコーティングが5年持ったり、5年持つコーティングが6年持ったり効果が長持ちするデーターが出ています。

先ほども伝えましたが、コーティング被膜は酸性雨により劣化してしまいますので、コーティング被膜に酸性雨や汚れが付着している時間が短ければ短い程効果が高まるのです。

コーティングメンテナンスって?

 

 

 

 

 

 

ポイント② 定期的にコーティングメンテナンスを行う

ポイント①のように出来るだけ洗車をマメにしてもコーティング被膜の上に汚れは付着します。付着した汚れは時間が経過するごとにコーティング被膜に固着してしまうのです。

一度固着した汚れは洗車では落とすことが困難になります。
固着した汚れを放置したままにしているとコーティング被膜が傷んでしまうため、どんなに綺麗な状態でも定期的にコーティングメンテナンスをすることが好ましくなります。

コーティングメンテナンス

コーティングメンテナンスとは、

コーティング被膜の上に固着した洗車では取れない汚れを落としてくれる作業です。

下記の商品はコーティングメンテナンスクリーナーです。
市販品でこういったメンテナンス剤があれば利用してみましょう!
通常の洗車では取れない汚れを落とすことが可能となります。

コーティングメンテナンス剤コーティングメンテナンスクリーナーの購入はこちら

ポイント③ コーティング被膜に犠牲被膜を形成させる

元々、コーティングとは塗装面のクリア塗装を守るための犠牲被膜としてガラスコーティングが開発されました。その、ガラス被膜(ガラスコーティング)を守る犠牲被膜を形成することで、より効果を長持ちさせるのです。

一般的な商品でいうとゼロウォーターやフクピカなどがあげられます。
こういったガラスコーティングの上に塗布することでより効果が持続するのです。
※注意点は簡易的なコーティング剤は塗装を傷めてしまう商品も存在するため、犠牲被膜のコーティング剤を選ぶ時には十分注意しておきましょう!

当店がおすすめする犠牲被膜は下記の商品です。

①親水コーティング剤

親水コーティング剤

 

 

 

 

 

 

 

 

親水コーティング剤の購入はこちら

②撥水コーティング剤

撥水コーティング

 

 

 

 

 

 

 

 

撥水コーティング剤の購入はこちら

この2つの商品はコーティングプロショップが開発した優れた商品となりますのでお勧めです。

4章 コーティング効果の高いコーティング剤

コーティングには沢山の種類が存在します。
①油脂系コーティング剤(ワックス)
②樹脂系コーティング剤(ポリマー)
③ガラス系コーティング剤(ガラス繊維)
④ガラスコーティング剤(硬化型ガラス被膜)

上記の中で最も効果の高いコーティング剤はガラスコーティング剤です。
①~③の商品は熱に弱く、コーティング被膜が硬化しない商品のため、耐擦り性能(傷の付着)や防汚性能(汚れづらさ)や耐久性(熱に弱い)やUV効果(耐紫外線性)が低いため、塗装面の劣化を強固に守ることが難しくなります。

一方、硬化型のガラスコーティング剤は塗装面に薄いコーティング被膜を形成するため、光沢や耐久性に優れるのです。

当店おすすめ商品はこちら

1位 親水ガラスコーティング剤

親水ガラスコーティング剤

 

 

 

 

 

 

 

2位 撥水ガラスコーティング剤

 

 

 

 

 

 

 

上記の商品は業務用(プロ仕様)のガラスコーティングですので、市販の商品に比べ圧倒的な耐久性を誇ります。

是非、お試し下さい。

5章 コーティングの効果についてのまとめ

コーティングの輝き

 

 

 

 

 

 

 

コーティングの耐久性や保証等の表記には裏があることをしっかりと理解することがコーティング施工で後悔しないためのポイントになります。

また、出来るだけ綺麗に維持するためにも定期的に洗車とコーティングメンテナンスを行うこと。

そして、最初のコーティング施工では出来るだけ効果の高いガラスコーティングを施工して、適度に犠牲被膜を載せることがコーティングをより長く、綺麗に持続させるためのポイントです。

是非、参考にして頂ければと思います。

ガラスコーティングのメンテナンス方法とは

ガラスコーティングを行った後にはメンテナンスが非常に重要となります。

何故ならばガラスコーティングを施工してもコーティング表面に汚れが付着するからです。この汚れを放置しているとコーティング被膜に汚れが固着してしまい洗車では取れないようなシミになってしまうのです。

今回はコーティング施工後のメンテナンス方法についてご紹介させていただきます。

 

ガラスコーティング後の最も重要なメンテナンス

それは、マメに洗車をすることです。コーティング被膜の上に汚れが蓄積した状態で雨が降ることで酸性の物質が塗装面に残留してしまい花粉や黄砂などの汚れが塗装面に侵食してしまうのです。

この侵食を防ぐために、定期的に洗車を行うことでコーティング被膜の上に汚れが固着せず、洗車で容易に落とせるようになるのです。

最適な洗車の頻度

屋外駐車の場合
月2回~4回が理想です。
屋外駐車で車を保管していると直射日光に当たることで塗装面の温度が高温になります。この状態で生卵を落とせば目玉焼きが出来る程の温度です。
汚れがこびりついてしまい洗車では取れなくなってしまうので定期的に洗うようにしましょう。

屋内駐車の場合

ガレージ駐車などで雨が当たらない。日が当たらないという場合には洗車は雨に降られない限り洗わなくても大丈夫です。
コーティングがしてあれば汚れ(花粉や黄砂、埃)が乗っていてもコーティング被膜に侵食することはありません。

雨に降れることで花粉や黄砂が反応して塗装面に侵食してしますのです。

メンテナンスクリーナーを使用する

定期的(月1回)でメンテナンスクリーナーを塗布してあげることで、コーティング被膜に固着した汚れを除去することが可能となります。シャンプーで取れないような汚れも除去できるため、コーティング被膜が常に綺麗な状態をキープすることが可能となります。

メンテナンスクリーナーの購入はこちらから

プロが教えるガラスコーティングのメンテナンス方法について

今回はプロが教えるガラスコーティングのメンテナンス方法についてご紹介します。

そもそもガラスコーティングのメンテナンスってご存知の方も、知らない方もいらっしゃると思います。

ガラスコーティングには耐久性があります。5年保障や3年保証などコーティング剤によって様々ですが、その間にコーティングメンテナンスをすることでコーティング被膜を長持ちさせることが可能となります。

よくネットでメンテナンス不要とか、ノーメンテナンスと記載されている商品が多数ありますが、メンテナンスをしてあげることで綺麗な状態を長期間持続させることが出来るのです。

ガラスコーティングのメンテナンスって?

ガラスコーティングは塗装面の輝きを維持するため、または、紫外線による劣化を防止するため、汚れの付着を軽減し洗車時に汚れ落ちを良くするためにコーティングを施します。
ガラスコーティング施工後は塗装面に花粉や黄砂、排気ガス、酸性雨などの汚れが付着します。その汚れを長期間放置した状態で放置してしまうと、コーティング被膜に汚れが固着してしまい、洗車では取れなくなってしまうのです。

ガラスコーティングのメンテナンスは洗車では取れない汚れを除去する作業です。
この作業を行うことで、ガラスコーティングの被膜を常に綺麗な状態に保たせることが可能なのです。

コーティングメンテナンスって?

ガラスコーティングのメンテナンス種類

■専門店でコーティングメンテナンス

ガラスコーティング施工後はコーティングプロショップでメンテナンス作業を行うことも可能です。コーティングプロショップであればメンテナンスの技術に長けており、お車に施工したコーティングの内容も把握しているので安心です。
しかし、専門店に依頼をするとお金がかかってしまいます。
そのため、自分でやるのがコストを抑えるポイントです!!

専門店でのコーティングメンテナンス

■表面の汚れ落としによるメンテナンス

コーティング被膜に固着した汚れをクリーナーを使用して取り除きます。
この作業を行うことで常に綺麗な状態を保つことが出来るのです。ここで注意して頂きたいポイントは研磨剤が含まれたメンテナンス剤を使用するのは危険です。
研磨剤はガラスコーティング被膜を傷つけ、剥離や劣化の原因になります。
再度コーティングを検討されている方でしたら問題ありませんが、現在、形成したコーティング被膜を維持させたいなら研磨剤が含まれていないものが良いでしょう。

■犠牲被膜の補充を行うメンテナンス

コーティング被膜の上に犠牲被膜としてポリマーコーティングやガラス系コーティングを塗布するのも一つのメンテナンスです。
コーティング被膜(ベース被膜)を維持させるために、トップ被膜(犠牲被膜)を塗布することで、効果が長持ちし、ベース被膜の劣化を抑えることが可能となります。

理想は表面の汚れ落としと犠牲被膜の補充を行うメンテナンスを行うのが理想です。

最も重要なコーティングメンテナンスとは?

一番重要なのは適度な洗車を行うことです。コーティング被膜に汚れが固着する前に洗車で落としてあげることで、汚れの固着を防ぎ、コーティングメンテナンスの頻度も減らすことが可能となります。
青空駐車の車両では塗装面に花粉や酸性雨などが付着して、炎天下で塗装面が高温に熱せられることで、洗車ではとり切れない汚れになってしまいます。

理想の洗車頻度とは?

青空駐車の方は月2回は最低でも洗車をしてあげることでコーティング被膜の劣化を防ぎ、常に綺麗な状態を保つことが可能となります。

コーティングプロショップでこだわってコーティングを施しているオーナー様では、月に4回程の洗車の方もいらっしゃいます。
月に4回洗車をしている方のボディを拝見させて頂くと、塗装面にシミや汚れの固着がほとんどない程綺麗な状態を維持しています!

どこまで車にこだわるかで、洗車の頻度も変わるかも知れませんね!

屋内保管の車両では、洗車の頻度は月1回で十分です。もしくは雨に降られたら洗うようにしましょう!屋内保管での駐車は紫外線による劣化や炎天下で高温による汚れの固着が少ないためです。

コーティング後の最適な洗車の頻度

ガラスコーティングのメンテナンス方法

表面の汚れ落としの場合

洗車を行い、濡れた塗装面にメンテナンス剤を塗り込んでいきます。塗り込み時は塗装面が高温になっていないことが重要です。塗装面が高温になっていたり、炎天下の下でメンテナンス剤を塗布すると熱でムラになる可能性があります。
また、メンテナンス剤の種類によっては乾いた塗装面に施工する場合もありますので注意して下さい。

濡れた状態で行う理由は水分が塗装面に加わる摩擦を減らしてくれるのです。摩擦を減らすことによってコーティング被膜を傷めず、塗装面にスクラッチ傷などの微細な傷を付着させるのを軽減するのです。

施工したパネルから水流でメンテナンス剤を流しておくとムラになるリスクを減らすことが可能となります。

流水でメンテナンスクリーナーを流す

トップ被膜(犠牲被膜)の補充メンテナンスの場合

洗車を行い塗装面に付着した汚れを完全に取り除きます。その後、拭き上げを行いまして塗装面が完全に乾いた状態にしていきます。塗装面が濡れたままトップ被膜を塗布してしまうと定着不良を起こす可能性があるので注意して下さい。
この時に、ムラが起きないように色んな角度からムラが無いか注意して確認をして下さい。
以上がコーティングメンテナンスの方法です。
当店のおすすめするメンテナンス剤をご使用頂くと、ガラスコーティングの劣化を抑え、常に綺麗な状態を保つことが可能となります。
また、コーティング被膜を傷める研磨剤は含まれておりません。簡単に出来るメンテナンス剤ですので興味がありましたらメンテナンスクリーナーのページをご覧ください。

ガラスコーティング専用メンテナンスクリーナー

まとめ

コーティングを施工後はマメな洗車とメンテナンスを行うことでコーティングの寿命を延ばすことが可能となります。
また、コーティングの寿命を延ばすだけでなく、塗装面が新車のような状態をキープさせることが出来るのです。

プロが伝授する洗車方法についてのブログ記事はこちらをご覧ください。

 

愛車のデッドニングの効果を高めるコツ

愛車を運転する時は少しでも長く快適に乗りたいものですが、音響機器からノイズが発生するとそれだけで気が滅入るものです。デッドニングはこのような事態を改善する方法として自分自身ですると業者に依頼することがなく、費用を減らせて車体の構造を知るチャンスになります。スピーカーはドアの近くに設置されていますが、長く運転すると隙間などができて振動によってノイズが発生しやすくて困るものです。

デッドニングは雑音を防ぐために施工方法を決め、防音シートや制振シートを準備して工具を使って取り付けると手軽にできます。工具は何度でも使えるように工夫し、防音シートや制震シートを購入して取り付ける場所や方法を決めると効果的です。

愛車のデッドニングは車の構造を知ると雑音を的確に防げ、快適に運転できるようになります。施工方法はコーティングのように下地処理などが不要で、車庫があれば天気を気にせずにできるため時間があればすると便利です。

デッドニングの主たる3つの効果とは

デッドニングには、主に3つの効果があります。1つ目はドアスピーカーです。
ドアスピーカーの音は、あまり良くないケースも多いです。車の扉が振動してしまうので、良い音が出ないからです。
しかしデッドニングには、ドアが振動してしまうのを防いでくれる効果があります。スピーカーからの音も良くなりますし、車内で音楽を楽しみたい時は、施行を行っておく方が良いでしょう。
2つ目の効果はロードノイズです。高速道路などを走っていますと、外からの音が気になって仕方が無い事もあります。人によっては、その音を不快だと感じている事もあります。
ですがデッドニングにはロードノイズを防いでくれる効果があります。高速道路だけでなく、車のきしみや共振なども聞こえなくなるのです。
そして3つ目は、断熱効果です。一部のデッドニングには断熱性能があって、車内温度がむやみに高くなるのを防いでくれる上に、車内から暖気が逃げづらくなるのです。車内温度を快適にしたい時にも、デッドニングはおすすめです。

ボンネットの共振が気にならなくなる効果

車によっては、ボンネット部分からの音が気になってしまう事があります。共振しているからです。
共振とは、外の音と共鳴するような状態です。外で何か大きな音が発せられている時に、ボンネットからも大きな音が聞こえてくるケースがよくあります。
一旦ボンネットからの音に気が付きますと、気になって仕方がありません。車を運転する時のストレスも大きくなってしまうでしょう。
その場合デッドニングの施行を行っておくのがおすすめです。DIYのデッドニングなら、数千円ぐらいで買う事もできます。
デッドニングは、外からの音を妨げてくれる効果があるのです。ボンネットの共振も例外ではありません。その施工を済ませておくと、ボンネットの共振がなくなったという声も多いです。
しかもデッドニングには、ドアスピーカーに対する効果もあるのです。そのスピーカーからの音は、初期状態ではあまり良くないのです。むしろデッドニングを施しておく方が、音は十分楽しめるようになります。車内で音楽などを楽しむ為にも、デッドニングを前向きに検討してみると良いでしょう。

デッドニングを自分でして安全運転をするコツ

車は限られたスペースの中にオーディオやエアコンなど多くの機器が設置され、スピーカーから流れる音に雑音があれば気が散ってしまうものです。デッドニングはこのような状態を防ぐために役に立ち、DIYですると制振シートや防音シートをうまくするコツをつかめます。業者に依頼する方法は楽ですがやり方が分からないまま提示された金額を請求されると不安で、自分自身でしてかかる費用を減らす方法が望ましいです。

 

車内の音響機器は限られたスペースの中にコードが設置され、長く運転するとサービスホールやドア間の隙間などが発生して絡むこともあります。スピーカーのコードは絡むと切れて音自体が聞こえなくなり、使えなくなるため定期的にチェックして直すことが重要です。

 

デッドニングはやり方のコツをつかむと自分自身ででき、気が散る心配がなくて安全運転につながります。車は価格が高いためできるだけ長く運転できるようにしたいものですが、ドア周りの隙間などができるとすぐに埋めるようにしないと劣化しやすくなるため注意が必要です。

ラジオの音が聞き取りやすくなる効果

車を運転する時には、よくラジオが使われています。重要なニュースが入ってくる可能性もありますし、車でラジオに耳を傾けている方も少なくありません。
しかし状況によっては、ラジオの音が少々聞こえづらい事があります。その理由の1つはロードノイズなのです。
車を運転してみると、思った以上に多くのノイズがあります。特に高速道路のノイズは非常に大きく、ラジオの音もかき消されてしまうケースが多々あるのです。ですから肝心なラジオの音量を大きくしないと、ニュースなどが聞こえてきません。ですがラジオの音は余り大きくしたくない事もあるでしょう。
その場合、デッドニングがおすすめです。デッドニングには、ロードノイズをカットしてくれる効果があります。高速道路のような大きな音でも、十分にカットしてくれる性能があるのです。
それだけでなく、ラジオの音も十分聞こえるようになります。わざわざラジオのボリュームを大きくする必要もありませんし、ロードノイズはおすすめです。

ロードノイズが気になる時におすすめのレジェトレックス

ロードノイズが気になる時には、レジェトレックスという製品がおすすめです。レジェトレックスは、Nitto社の製品になります。

レジェトレックスは、重量が特徴的なのです。ロードノイズの製品によっては、やや重たい事がありますから、施工しづらいケースもあります。その点レジェトレックスはあまり重たくありませんし、施工しやすいです。

またレジェトレックスは、テープに関するメリットがあります。そもそも車内にデッドニングの施工を行う場合、両面テープなどで貼り付けなければなりません。慣れていないと、貼り付けるのも大変です。その点レジェトレックスは、わざわざテープを使わなくても取り付ける事ができます。

何と言っても、肝心の防音効果が非常に優れているのです。やはりデッドニングには、ロードノイズを防いでくれる性能が求められます。数ある製品の中でも、レジェトレックスは制震性能が優れているのです。

レジェトレックスは、通販サイトでもよく売れています。口コミでも好評な製品ですし、ロードノイズが気になる時に使用してみると良いでしょう。

ロードノイズをカットする費用対効果が優れている

デッドニングは、価格は比較的リーズナブルです。費用対効果は、十分に期待できるのです。
ロードノイズが気になる時の対応策は、色々あります。タイヤを交換している方も少なくありません。しかしタイヤ交換という手段は、あまり費用対効果は優れていないという声も多いです。新たなタイヤを買う必要がありますし、費用が高くついてしまうケースも多々あります。
しかも、タイヤは慎重に選ぶ必要があります。性能が優れていないタイヤを選んでしまいますと、思ったほどロードノイズが軽減されない事も多いからです。
それよりも、デッドニングの方が費用対効果は優れています。デッドニングは、遮音効果は非常に優れているのです。高速道路の大きな音が気になっていたものの、デッドニングの施工を済ませてみたら、随分音が気にならなくなったという声も多いです。十分な費用対効果は期待できますから、ロードノイズが気になる時は、基本的にはデッドニングの施工を行う方が良いでしょう。DIYのデッドニングは、数千円ぐらいで買える製品も多いですし、おすすめです。