コーティングを上塗りしていく

新車時にいい状態で施工しても短期の間に何度も施工しなくてはならなくて状態によりガラスコーティング効果ない状況が生まれてくることもあります。せっかく新車ですから、輝き維持のためにプロショップで施工長期的に持続するガラスコーティングがいいでしょう。そして新車時にガラスコーティング施行したら年数経過しても劣化度合い低く、再施工の時もいい状況で施工しやすいのも新車時の特権です。そして、ガラスコーティングしてもメンテナンス怠れば知らないうち劣化してきて、塗装面まで影響が出てくることがあります。シャンプーは中世や弱酸性などがあって溶剤により得意とする汚れがあります。弱酸性シャンプーは酸性雨であるデポジットが取れやすくなり、弱アルカリシャンプーは泥汚れ、排気ガスなど油分分解しやすいもので中世シャンプーは弱酸性、弱アルカリ性の間です。また新いはじめの前にバケツにシャンプー剤を作ってみてください。柔らかなウレタンスポンジなら負担かけないです。

コーティング剤を選ぶ基準と洗車時の水分の除去

洗車の作業は、できるだけ丁寧に行っておくのが望ましいです。洗車が雑ですと、仕上がりが悪くなってしまいかねません。特にコーティング剤を使用する前の洗車は、やはり丁寧な作業が求められます。
もちろん洗車する時には、水などは使用する事になります。しかし水を使って洗浄するにしても、水分などは残らず除去しておくべきなのです。車の表面に水分が残っている状態で、コーティングを行ってしまいますと、悪い仕上がりになってしまう傾向があります。ただ水分を確実に除去するのは、なかなか面倒です。
しかしコーティング剤を慎重に選んでおけば、労力が軽減される事も多いです。そもそもコーティング剤には、様々な種類があります。中には、たとえ車体表面に水分が残っていても、特に問題なく使用できる製品もあるのです。そのような製品ならば、コーティングの労力も抑えられる傾向はあります。
洗車時の手間が小さいかどうかは、コーティング剤選びの基準の1つになるでしょう。

コーティング前の汚れ除去

DIYでカーコーティング剤を使用する時は、やはり洗車する必要があります。仕上がりにも大きく関わってきますから、できるだけ丁寧に洗車するのが望ましいです。
車の表面部分に対しては、もちろん汚れが残っている事はあります。時には、目立つ汚れが残っている事もあるのです。
その汚れは、確実に落としておく必要があります。少なくとも汚れが残っている状態で、コーティングするべきではありません。
汚れが残っている箇所に対してコーティングしてしまいますと、見た目が悪くなってしまうからです。汚れを、コーティング剤でカバーした状態になってしまいます。コーティングを行うことで、かえって汚れが目立ってしまうのです。
それを防ぐ為には、やはり丁寧に汚れを除去するのが望ましいでしょう。入念に汚れを除去しておけば、コーティング剤本来の力も発揮されやすくなります。
できればコンパウンドなども使用して、車体の傷なども丁寧に除去しておく方が望ましいでしょう。傷が残った状態でコーティングすると、見た目が悪くなってしまうからです。

コーティング可能な範囲を基準に製品を選ぶ

DIYでカーコーティング剤を使用するなら、もちろん作業は行う必要があります。基本的には丁寧な洗車を行った後で、カーコーティング剤を使う事になるのです。
ただ、いざ作業を実行しますと、少々手間が大きいと感じられる事もあります。DIYで作業を行いますと、やはり時間はかかります。人によっては半日ほどかけて、コーティングの作業を行っている事もあるのです。その労力は、できるだけ小さくしたい事もあるでしょう。
労力が抑えられるか否かは、コーティング剤次第です。どれぐらいの範囲に施工できるかは、製品選びの基準の1つになるでしょう。
というのもカーコーティング剤は、それぞれ一度に施工できる面積の違いがあるのです。一気に広い範囲に対して施工できる製品もあれば、やや限られた面積の製品もあります。
やはり前者の製品の方が、作業時間も短くなる傾向があります。もちろん時間が短くなれば、作業の労力も抑えられるでしょう。一気にどれぐらいの範囲をコーティングできるかは、製品選びの基準の1つになる事は、間違いありません。

水玉がコロコロ弾く撥水コーティング剤

撥水性は水をはじく性質であり、撥水性のガラスコーティング施されたボディーに水が付けばコロコロ水玉ができてきます。この形状により撥水、親水という分類されて‬います。水玉形状を厳密に区別したい時に用いるのは接触角度という値で、これはボディー、水滴表面が作る角度を言います。一般にこの角度が約90度以上になるのがカーコーティング業界でいう撥水性の定義となります。そしてコーティング剤の中で接触角120度以上になるのがあって、これを強撥水、150度以上になるのは超撥水及んだりします。そしてカーコーティング業界で利用される疎水性は学術的に疎水性の意味と異なっていて、これが撥水や浸水など表現わかりにくくしえるわけです。そして、最近車を気軽にお手入れできるものとしてカーコーティングが人気ですが、新車購入時必ずと言っていいぐらい薦められてるディーラーオプションの一つであるぐらい。それほどのものですが、複数の種類あって、どれ選べばよいのか迷ってしまうはずです。

ガラスコーティングの有効性

一旦車を保有すると、将来的な売却が検討される事もあります。車を買い換える時などは、旧車を売却した上で、新車が購入される事もあるでしょう。

売却時には、できるだけ査定額は高くしたいものです。その方が、お得に車を買い替えられるからです。

その金額が気になる時は、ガラス系のカーコーティング剤あたりがおすすめです。他のコーティング剤と違って、車の表面を保護してくれる力が強いからです。

そもそも車買取のお店は、印象によって価格を決定している事も多いです。丁寧に使用されていた形跡がある車などは、お店に対する印象も良くなるのです。

その一助として、コーティング剤を使用してみる訳です。それを使っておきますと、車体が保護されますから、大切に車が使用されたという印象が感じられる事も多いからです。

また車を使い続けるにしても、表面部分は保護しておくに越した事はありません。ですから車に対しては、ガラス系のコーティング剤は使用しておくと良いでしょう。

撥水性のガラスコーティングについて

ガラスコーティングは水と結合しやすい性能がありますから、親水性といえます。ワックスやポリマーなど水と混ざらないはじく性能があって、疎水性です。そして、親水性は水が汚れとコーティング被膜の間はいりやすくて、汚れを水の力だけで落としやすい効果があります。そして疎水ですが、これは背水力と表現し、排水半水が落ちていく状態で、背水力が高いほど素早く重量によって水が落ちていきます。また、ガラスコーティングみたいに化学的結合した加工膜に対して疎水性能持ってるコーティング層を犠牲膜、メンテナンス材と呼んだりします。疎水性能にも複数の呼称があって、撥水など呼ばれるのは水がたま状となり転がって落ちてく状況をいいます。撥水性能は水、ボディの接触角によって定義っされて120度以上が撥水、150度以上が超撥水といわれています。そして本来親水性のえられず力弱く防汚効果期待できないのが、親水性のガラスコーティングのみ施工です。

窓ガラスに油膜が付きづらいガラス系のコーティング剤

車のガラス部分に対しては、たまに汚れが付着してしまう事があります。その汚れは、案外と厄介です。汚れを落としたくても、なかなか困難な事も多いからです。
その汚れを防ぎたい時は、カーコーティング剤の使用を検討してみると良いでしょう。汚れが生じづらくなる傾向があるからです。少なくともワックスよりはおすすめです。
車の光沢感が気になる方々は、よくワックス剤を使用しています。しかしワックス剤には、様々な悪影響もあるのです。
なぜならワックス剤は、様々な汚れを生み出してしまう傾向があります。車のガラス部分に対して、油膜なども形成してしまう事が多いのです。一旦その膜が付いてしまいますと、なかなか落とすのも難しいですから、とても厄介です。
それに対してカーコーティング剤は、車にワックスを生み出しづらいのです。特にガラス系のカーコーティング剤などは、汚れを作り出しづらいです。ですから窓ガラスに油膜が付いてしまうのを避けたい時は、ガラス系の製品を検討してみると良いでしょう。

ガラスコーティングの被膜

ガラスコーティングはごく薄いガラス塗膜です。ポリマーコーティングは合成樹脂の薄膜であり、ガラスコーティングは言葉通りボディ全体に薄く幕を張るのです。それによって当然ボディの表面はガラスで硬く強くて、ほこり、汚れつきにくくて水をながせばよごれ流れてきます。ポリマーコーティングはボディ全体に樹脂を加工してフッ素含んだ液体を塗っていき、結果樹脂ですからべとついた感覚で汚れつきやすくて水で流しても汚れ流れにくいです。ワックスも不要で洗車は水洗いだけできれいなつや取り戻せたりします当然洗車時間も大幅短縮できて車洗車で1日の大半使うことなく時間の有効利用ができるようになります。そして新車時傷は皆無ですが、洗車などで磨き傷が入ってしまう前新車をガラスコーティングされれば何時までも新車の輝き維持、超時期キープが可能になります。最高のボディコンディションをガラスコーティングで保つときれいな光沢長期キープが可能なのです

ワックスがけで雨なら

私は愛車専門家でぬぐい切れない疑問があります雨降る前ワックスをかけない、ワックスかけても雨で効果半減するなどのようにいわれる方はかなりいたりします。ワックスは愛車のボディー保護してくれるのでは、それなら雨の前に施工するのが普通なのではないでしょうか?実際雨避けて天気続く日にワックス掛けて、みんなきづいてるでしょう。ワックスがすぐ落ちることを。そして、私は車の中古車査定をしていて塗装経験があり、コーティングをお客に提供するからにはお客の愛車状態を的確把握しなくてはなりません。10年以上車のボディーを見続けています。そして2008年に車のみわけ方の本まで出版してしまいました。どれぐらいのレベルかといえば信号待ちで待ってるときに、隣の車再塗装してるか大体わかります。そして新車で購入直後コーティングしてもらいたいと依頼されたら、その車塗装されてることに気づいたのです。お客は販売ディーラーにそれを指摘しました。